05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-05-23 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

マクベス (新潮文庫)マクベス (新潮文庫)
(1969/08)
シェイクスピア

商品詳細を見る

 カバーイラストがねー、好みです。 ゴシックムード漂っていて良い雰囲気。
 知っているようで知らなかったハナシ。有名すぎて知っているつもりだったのね……初めてまともに読んだ。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

かねてから、心の底では王位を望んでいたスコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の奇怪な預言と激しく意志的な夫人の教唆により野心を実行に移していく。
王ダンカンを自分の城で暗殺し王位を奪ったマクベスは、その王位を失うことへの不安から次々と血に染まった手で罪を重ねていく……。
シェークスピア四大悲劇中でも最も密度の濃い凝集力をもつ作品である。


 うわ~。戯曲って読みづらい~!ロミジュリの時もそうだったけれど、かなり四苦八苦。薄くてなによりでした。
 率直な感想が、ダーク&病んでます、マクベス。このひと言に尽きますね~。
 勇敢な武将だったばすなのに、狂言回し的な魔女3人の「近い将来、王になれる」という戯言予言に誘惑され、踊らされ、ついに王ダンカンをその手で殺めてしまうという。
 その後はもう転落の一途。王になったとはいえ、人間不信に陥り、自己保身のために殺人の連鎖でその手を血で汚してゆく。
 一時もココロ安まる時はなく常に疑心暗鬼。最強の協力者である、ある意味悪女・マクベス夫人も終いにはダンカン王殺しに加担した罪悪感で精神を病んで命を落してしまう。そしていよいよマクベスも一貴族・マクダフの刃にかかって絶命するという……。

 すべては3人の魔女の悪戯だったわけで……その魔女達の誘惑に負け、翻弄されたマクベスの悲劇の物語というわけですね。
 王に忠実で勇猛果敢な武将であったはずの彼が何故こんな破滅的で悲劇的な末路を辿らなければならなかったのか?
 すべては魔女の誘惑に負けてしまったマクベスの病んだココロのせいなのか? 果ては悪女・マクベス夫人の甘言によるものなのか?

 魔女達に騙されているとは知らず、最期まであくまで強気でいるマクベスの姿がなんとも哀れ。破滅型ヒーローの典型的な姿とでもいいましょうか。
 四大悲劇と謳われるにふさわしいダークな孤高のヒーロー・マクベス。作中に散らばるシェイクスピアの印象的な言葉の数々が胸に迫りましたが、やはり、活字よりも舞台や映像で観たほうがより一層感動的なんだろうな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 海外小説・翻訳本 * Genre : 小説・文学 * Category : シェイクスピア
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

「歯車は、ぜんぶ正確にまわっている・・」 『煉獄』安部公房 * by nao
四大悲劇の中ではこれと「オセロー」が好きでありますよ。
基本自分は悲劇好き・・ひねくれモノなのだろうか。

魔女たちの預言するとおりの、為す術もない操られた人生、
運命の歯車は残酷に噛み合い・・血みどろでありましたなぁ。
なんかコレ(運命の糸にからめとられて、身動きのとれなくなる様)
近松ものなども連想させます(?)。
映画化作品では、濃密な雰囲気(ケレン味もたっぷり)の黒澤マクベス・・
「蜘蛛巣城」が良かったですわぁ(少し辛気臭い・・かナ?)。

シェイクスピアも読んでおいたほうが… * by 読書系女子
いいんじゃないだろうか症候群になりそう。。。

戯曲って入り込みにくいですよね(;_;
大地にも泡があるってマクベスだったかな~サガンが引用していたような気がする(違う作家だったかもウロオボエ)

いい加減なコメントですみませんm(_ _;)m

* by まいまい
シェークスピアの喜劇はいくつか読んだのですが、悲劇は一つも読んでいません。
(たぶんロミ・ジュリも映画で見ただけ~)

う~ん、「ダーク&病んでます」なんですね。
でもちゃんと読んでないと他の作品で引用された時、ニュアンスがわからないんですよね。
う~ん、悩みます。

Re: nao 様☆ * by 惺
こんばんは!
> 四大悲劇の中ではこれと「オセロー」が好きでありますよ。
> 基本自分は悲劇好き・・ひねくれモノなのだろうか。
「オセロー」も面白そう!
何を隠そう、自分も悲劇&悲恋好き…ひねくれモノなのでしょうか?

> 映画化作品では、濃密な雰囲気(ケレン味もたっぷり)の黒澤マクベス・・
> 「蜘蛛巣城」が良かったですわぁ(少し辛気臭い・・かナ?)。
黒澤マクベス!!
いいですねえ。そそりますね!
「蜘蛛巣城」チェックします!

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
> いいんじゃないだろうか症候群になりそう。。。
わはは!確かに!!

> 戯曲って入り込みにくいですよね(;_;
慣れないせいかものすごく読みづらい(>_<)
名セリフは満載なんですけどね。

> いい加減なコメントですみませんm(_ _;)m
いえいえ、とんでもない!!
コメントいただけてとっても嬉しいですi-178

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
> シェークスピアの喜劇はいくつか読んだのですが、悲劇は一つも読んでいません。
> (たぶんロミ・ジュリも映画で見ただけ~)
自分は逆に喜劇読んだことない…。
とっても面白そうですよね!作者の引き出しの多さ感じますね。

> でもちゃんと読んでないと他の作品で引用された時、ニュアンスがわからないんですよね。
名セリフ&感動セリフ満載です。
さすがだな~と。
一人の苦悩する人物の暗部が鋭く描かれていて、
面白かったですよ~。
これで喜劇と比べながら読むのもオツなのかなあ?

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。