09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-01 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

ハムレット (新潮文庫)ハムレット (新潮文庫)
(1967/09)
ウィリアム シェイクスピア

商品詳細を見る

 ジャケットがまたいい雰囲気です~! 
 感想はというと、文句無く面白かった!! 同じ悲劇でも、以前読んだ「マクベス」よりも劇的で複雑。苦悩するヒーロー・ハムレットの魅力がいかんなく発揮されていたと思う。この作品も知っているようで知らなかったモノ。初めてまともに読みました。以下BOOKデータベースより内容。

城に現われた父王の亡霊から、その死因が叔父の計略によるものであるという事実を告げられたデンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う。
道徳的で内向的な彼は、日夜狂気を装い懐疑の憂悶に悩みつつ、ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる―。
恋人の変貌に狂死する美しいオフィーリアとの悲恋を織りこみ、数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作である。

 冒頭、父王の亡霊登場シーンから一気に惹きこまれました!
 現在の王(ハムレットの叔父)による実父の殺害と、その妻となっている実の母親。叔父に父親を殺された上に、母親はその憎き仇の妻となっているという事実に苦悩し、衝撃を受けるハムレット。その彼が実父の亡霊から衝撃の真実を告げられ、復讐の鬼と化す。そのまま一気に叔父=王殺害となるのかと思いきや、彼はなんと狂人のフリをする。

 それは時間かせぎとも、時機をしたたかに待っているかとも思われるけれど、その狂人を装っているハムレットがまた素晴らしい!!
 「生か、死か、それが疑問だ」というあまりにも有名なセリフも、この時のハムレットが発する言葉。狂気に身をゆだねながらもふと垣間見せる真実の自己の姿。
 愛するオフィーリアにも真実を語ることが出来ず、誤って彼女の父を殺め、それがきっかけとなって彼女も狂人となって命を落としてしまうという悲劇。

 中でも特に印象的だったのが、作中劇で叔父=現王の陰謀を上演するシーン。前王殺害の顛末をそっくりそのまま上演され動揺する王。その様子をじっと見ていたハムレット。叔父の罪を確信した彼が、復讐の意志をさらに強固にしたのもこのシーン。
 さらにラスト、父と妹オフィーリアを亡くしたレイアーティーズとの剣の試合シーンがまさに劇的で感動的。ここでハムレットはようやく復讐を遂げることができるが、自らも毒を塗られた刃にかかって命を落とす。悪事を働いた主要人物は全て亡くなり、ハムレットは親友に真実を語るように願いを託す。
 陰惨な復讐劇のはずが、何故かラストは清々しい。そこがまた人気の秘密なのかも。

 「マクベス」と同じ四大悲劇でありながら、こちらは作風が華麗にして構成が緻密だと思う。←あくまで個人的印象。
 なんといっても復讐に苦悩するハムレットの人物描写が素晴らしいです。とっても人間的で親近感が湧く彼。もう一度じっくりと読み返してみたい作品だなあ、としみじみ思いました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : シェイクスピア
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: こんばんは! * by 惺
v-83コメさま~!
わあ……。自分の読み方が正確かどうかはさておき──。
自分は演劇も映像もみていなくて、余計な知識が無い分
すんなり作品世界に入り込めたのかも。
v-83さまは知識が豊富なんですよ☆
でも、シェイクスピア作品て、やはり本場の演劇を観てなんぼってカンジですよね。
いつか挑戦してみた~い!!

スパイのダチ!
いましたいました!!
彼等ワキキャラも巧く使ってますよね、シェイクスピア!
v-83さまはかなり熟読なさってらっしゃいますよね。
自分は足許にも及ばない……。
いつも素晴らしいコメントと考察、ホントにありがとうございます☆
とっても勉強になります~!!

幅広い! * by こはる
しぇくすぴあですかぁ。
これまた、こっちの文学よわよわです。
この本は読みやすかったですか?

以前知人のお芝居をみに行ったとき、
これはしぇくすぴあの「ハムレット」を現代劇に
パロッたアレンジしたんだよと言われたんですが、
さーーっぱりわかりませんでした。

私にとって難解文学をさらにパロッて
アレンジして現代版にされたら、
「はぁ~深いですねぇ」としか言いようがなかった。(笑)

惺さんは苦手な本とか分野ってあるんですか?

Re: こはる様☆ * by 惺
こんばんは!
> しぇくすぴあですかぁ。
> これまた、こっちの文学よわよわです。
> この本は読みやすかったですか?
薄さで選びましたー!
読みやすいかというと、正直読みにくかったです…(>_<)
戯曲なんで、全部セリフとト書きなんですよ~。

> 惺さんは苦手な本とか分野ってあるんですか?
あります、あります、大アリです~!!
経済とか理数とかビジネス書とかム・リです!
アタマ使うのとか、死んでますね。
なので、こはるサンのレビューはいつもスゴイなあ、と。
こはるサンのプログでお勉強させてもらってます。とってもありがたいです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。