09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-12 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る

 このシリーズもとうとう最新刊までたどり着きました。貸してくれた友人に感謝!! ということで、さらに面白さに磨きがかかってる~☆ 以下BOOKデータベースより内容。

季節が春から夏へと移ろい始める卯月のある日。
日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣き始めた。美緒の話によると、伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。果たして、美緒の縁談の相手とは!?―(第三話『小夜しぐれ』)。
表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話を収録。
恋の行方も大きな展開を見せる、書き下ろし大好評シリーズ第五弾。

 今回は内容充実、新たな展開・趣向……といった面白さてんこ盛りでした。
 まず、表題作の「小夜しぐれ」が泣かせてくれました。澪と同じ名前のよしみの美緒。伊勢屋という大店のお嬢サンでもある彼女の突然の婚礼話ですね。
 彼女が青年医師・源斉に寄せる想いは所詮淡く幼い恋心。結局は親の決めた相手……自分の店の中番頭・爽助と縁組むことに。
 最初は激しく抵抗と反抗を繰り返していた美緒だったけれど、とあるきっかけで爽助との婚礼を決意する。その婚礼の料理をぜひとも澪にと願う美緒の心情が切なくやるせない。我儘な少女時代を捨て、店のために自分の恋を諦めた美緒の健気さと精神的成長。そして、その友のために心づくしの料理をつくり、悲しく密やかに祝う澪。
 ままならぬ人生の岐路に立った友を想う澪の心情が読んでいて辛かった。

 次に印象的だったのが、「迷い蟹」。
 澪の働くつる家の店主・種市の悲しくも残酷な過去話。いつもは人の良いとぼけた風采の種市だけれど、実は自分がきっかけで娘・おつるを結果的に死に追いやってしまったという苦い過去が。種市の今でも非業の死を遂げた娘を想う、激しくも悲しい自責の念と感情の吐露が痛々しい。

 で、今回シリーズ中で最も異彩を放ったのが、ラストの「嘉祥」。
 ナント、澪はまったく登場しません。何故なら、謎の人物・小松原視点で展開するハナシなので。
 で、ここでとうとう澪の想い人小松原こと、御膳奉行・小野寺数馬の素性がはっきりしちゃうんですね。かなりナゾいクールな人物なのかと思いきや、いやはやとっても親しみ深いキャラクターでありました。
 幕府の威信をかけた「嘉祥」という行事に出す菓子をつくるハメとなった小野寺が、澪の放ったひと言をヒントに無事菓子を作り上げるという洒落た短篇。
 ややもすると、ほっこりラブラブ? 的な感アリ。さらに小野寺の妹・早帆という強烈なキャラも登場して笑わせてくれる!

 美味しそうでひとひねりある料理の数々と、澪を取り巻く個性豊かな登場人物たちが織り成すストーリーの妙。マンネリ化しない・させない作者サンのサービス精神をひしひしと感じた1冊でした! 早く次が読みたいものです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 高田郁
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。