10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-16 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/06/14)
あさの あつこ、影山 徹 他

商品詳細を見る

 冒頭からお断りしておきます。管理人相当テンション上がってます。ヤバいです。不気味に感じられる方、引いてしまわれる方、ソッコーでスルー完全推奨です。以下BOOKデータベースより内容説明。

圧倒的迫力のシリーズ最終巻!
炎上する矯正施設から間一髪で脱出した紫苑とネズミはそれぞれの思いを胸に、最後の闘いに挑む。崩壊する聖都市NO.6、その先に広がる新たな世界とは…。

 いよいよ完結……だけど興奮しすぎてなにから書いてよいのやら。
 完全ネタバレを避けた方が良いのだろうか? と迷っていますが……前作#8では瀕死のネズミと共に崩壊する矯正施設から間一髪で脱出した紫苑。2人をただひたすら待ち受けるイヌカシと力河。一体ネズミは一命をとりとめるのか!! とものすごく気を持たせる終わり方だったんですが……。
 最終刊はラストまでが怒涛の勢いで読んでしまいました! いかんせん、各巻わりとページ数薄めなのでこの最終巻もさらっと流されてしまうのでは……と危惧していたのですが、なかなかきっちりと破綻なくピリオドを打たれていたな、という印象です。

 それまではネズミの圧倒的なキャラ造形と魅力でグイグイ牽引してきた感アリアリだったのですが、今刊は本来の主人公・紫苑のキャラ立ち・成長ハンパなかったです。それもまったく違和感無く。
 謎の生命体? エリウリアスの正体がいよいよ判明。そのエリウリアスとネズミの密接な関係性。それが瓦解したNO.6の再生の道でもあると知った紫苑は、命からがら矯正施設から脱出できたのにもかかわらず、一命をとりとめたネズミと共に再度NO.6の市庁『月の雫』へと向かう……。

 結局は神にも等しい存在・偉大なる自然の脅威ともいうべきエリウリアスの掌の上で転がされ・試されていた人間達。その試練に打ち勝った紫苑とネズミの2人が未来を切り拓いたといえるのではないかと。
 まるで「メトロポリス」を彷彿とさせる展開。ラスト楊眠の市民扇動シーンなんかは特にそう感じたかな。堕落した都市NO.6に加えて愚かな人間達を滅亡させようとするエリウリアスに、人々の救済を懇願する紫苑はさしずめフレーダーといった役どころかな。とするとネズミはフレーダーの恋人マリアか?
 ま、あくまでもYAなのが惜しいトコロです。設定などが簡素すぎて物足りない感じは否めないんですが、今シリーズはなにより紫苑とネズミという少年2人の魅力と濃密な関係性が何と言っても多大な読みドコロだったかと。

 加えてさまざまなキャラクターが語る名台詞のオンパレード! このシリーズ、シェイクスピアのマクベスからの引用が多用されているんですが、自分的に作者であるあさのあつこ女史こそが、まるで名台詞製造機であるシェイクスピアのように思えてしまいましたね! 紫苑とネズミ=あさのあつこ女史が繰り出す悩殺台詞に悶絶したのは決して自分だけではないはず。

 作品が全体的に駆け足だったように思えて少し残念なんですが、自分的にはあのラストで満足してます。眩い光と希望に満ちた新世界の到来を予感させる結末。青少年向きのラストとしては極上だったかと。エピローグのイヌカシの手紙がとっても可愛くて萌えます!!

NO.6〔ナンバーシックス〕完全ガイド (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕完全ガイド (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/06/14)
あさの あつこ

商品詳細を見る

 こんなモノも購入してしまいました……。
 NO.6世界を網羅した完全ガイド。ネズミと紫苑の愛読書も載ってるゾ!
 
 ちょこっとネタバレ・裏(?)アリ☆ の追記をどぞッ!

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆

 あ~~!! もうもう、あのラストのキスは反則でしょッ!! しかもネズミのあのセリフ! もう、あさのセンセ、巧すぎだ! 2人の別れは予感していたけれど、死ネタじゃなくて良かった~!!
 
 某アニメ誌によると紫苑は完全ネズミにホレていたとのこと。ううむ、そうなのか~。やはりコレは一種のBL? 天然とおっしゃっているけれど、あさのセンセ絶対狙って書いていたに違いないと自分的には思っているけどね。もうこの2人に会えなくなるのは残念だな~。

 

 足かけ何年? ようやく完結。あさのセンセ、お疲れ様でした!!
関連記事
Theme : 新刊・予約 * Genre : 本・雑誌 * Category : あさのあつこ
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by まいまい
お、さっそく一気読みですね。
よかった!悲劇的結末でないのなら安心して読めます。
それに、紫苑の活躍をひそかに待っていたので楽しみ!
しかし、なにやら思わせぶりな・・キスって何だ~?
ますます読みたくなりますね~。
早々のレビュー、ありがとうございます!!

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
> お、さっそく一気読みですね。
そーなんですよッ!
今日仕事から帰ってきたら届いてた☆ しかもやっぱり2冊…(>_<)

> それに、紫苑の活躍をひそかに待っていたので楽しみ!
もう紫苑活躍するする!
ネズミの影が薄い薄い!

> しかし、なにやら思わせぶりな・・キスって何だ~?
あの2人何気に何回もキスしてるんですよね~(確か)。
YAなのにいいのか? ッてあさのセンセに訊きたくなっちゃう!
でもソコが一部の熱狂的ファンの間ではたまらんらしいです(汗)。

> ますます読みたくなりますね~。
> 早々のレビュー、ありがとうございます!!
早く借りれるといいですね☆

* by ひいち
なんかこれで終わりってすっごく寂しいよねー・・・
NO.6とは何年くらいのお付き合いだったかな~。
最近シリーズで楽しんでいたものが続々と「了」となり・・・さみしいよう~(泣)

惺さんのレビューを拝見して、早く読みたくてウズウズしてますです!!あー楽しみっ(>∀<)
キスシーンが・・・特に。(笑)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんにちは~(●^o^●)
> なんかこれで終わりってすっごく寂しいよねー・・・
> NO.6とは何年くらいのお付き合いだったかな~。
> 最近シリーズで楽しんでいたものが続々と「了」となり・・・さみしいよう~(泣)
そっか、自分は最近この作品知ったのだけど、
ひいちサンはもっとずっと前から読んでいたんだものね!
愛着のほどがしのばれます☆
続きを読む時のあの高揚感が味わえないのかとおもうと、やっぱさみしい…(>_<)

> キスシーンが・・・特に。(笑)
気になるでしょ?
あさのあつこセンセからの、まさかまさかの大サービス?
次はアニメに期待! 楽しみだけど、イメージ壊れたらやだな~……。

* by aaa
初投稿です。自分も読みました^^*
紫苑の成長ぶりには、感動しました。

最後のキスシーンわ、めちゃくちゃびっくりしました、
けど、なぜかとても嬉しかったですね~。

あと、あ~ ネズミに会えないのは寂しいですね

Re: aaa様☆ * by 惺
はじめましてー!
> 初投稿です。自分も読みました^^*
> 紫苑の成長ぶりには、感動しました。
NO.6脱出してから急成長ですよね。
あ、違う、ネズミと出逢ってから急成長ですよね!
出逢うべくして出逢った2人。
もはやこれは運命!!!

> 最後のキスシーンわ、めちゃくちゃびっくりしました、
> けど、なぜかとても嬉しかったですね~。
あさのセンセーーー!! ありがとーー的な。
ホント超嬉しかったし!! でも2人の別れはやはり切ない。

> あと、あ~ ネズミに会えないのは寂しいですね
確かに…。
さらに2人があの部屋にもう戻れないというのも哀しくて寂しいです。
NO.6お好きですか?
また語りにいらしてくださいねー!! お待ちしております☆☆
ご訪問とコメントありがとうございましたi-178

* by もりえ
アニメに魅了され原作にのめりこみ最後のページで息がとまるくらい驚きました。これエドガーです。そうだ窓から現れたネズミの瞳に魅せられた紫苑は彼を待ち続けて…あれはバンパイアの手管ではないか今思えばですが。ネズミは4歳で殺されかけ老ハンナに拾われて育てられたエドガーです。銃で撃たれてエディスが部屋にかくまった、3年(4年だけど)姿をかくしてメリーベルだけを見守っていた、メリーベルがアランがすべてを捨ててついていくことを選んだエドガーです。創立祭でアランとダンスをしてシェイクスピア劇で姫を演じてドジっ子のアランをメチャクチャ殴ってぼくのそばからはなれるなと云うエドガーはすごくネズミっぽいしネズミがこのセリフを言っています。でも別れのシーンのネズミはユーリです。これも驚きでした。背中にキズがあって図書室の住人と呼ばれていたユーリ。ああだから…ネズミの痛さはユーリだった。ストンとふにおちました。1話でココアを飲んでいたのはユーリの部屋でチョコレートを飲むエーリクとユーリでした。エーリクの愛が始まるところ。紫苑にナイフを向けるネズミはキレたユーリがエーリクを押さえつける姿がそっくりです。きみがいるからここにいる、ぼくはきみが好きなんだと言ったエーリクは4話の紫苑です。ユーリは何も言ってくれない表情ひとつ変えないそこはネズミは真逆ですよね。かわいい。ユーリのためなら聖なる天使のツバサはいらないと言ったエーリクがためらわずにネズミを助けて聖都市NO.6ですべてを失う紫苑です。だからネズミは紫苑にとらわれて・・・NO.6がここから始まる理由が何だかすごく解ってしまうでしょう。イヌカシが犠牲でなく他者のために生きられると言っていたのもトーマとユーリとエーリクの関係性のことだったのです。あさのあつこさんは児童文学で萩尾望都をやろうとしたの?と思ったら何かズキンときました。確かに少女漫画が世界を変えたのを見てきた人ですから。非常識に長くなってすみません。いささかくっちゃべりたい気分で(とオスカーにかこつけて、この時のユーリはイヌカシです?!!)大変失礼してしまいました。終PS細谷さんのオスカーいいですよね。ぼくはだめかって言ってほしい。 

Re: もりえ様 * by 惺
はじめまして、こんばんは!
大変アツいコメントありがとうございました!
なるほど。NO.6を萩尾望都作品(特にポーの一族とトーマの心臓)として読むとは!
大変深くて鋭い見解に思わず唸ってしまいました。
自分的には吉田秋生のBANANA FISHかな?
とも思ったりしたのですが。
でも、あさのあつこさんはマンガにも造詣が深いとのことなので(あさのあつこのマンガ大好き! より)
24年組やその他のマンガ家・作品に多少の影響受けていたのかもしれないなあと、
もりえ様のコメント読んで思いました。

NO.6はホント好きな作品です。
このようにいろいろな方と語れてホント嬉しいです。
ご訪問とコメントありがとうございました。

* by もりえ
読んでいただいてお返事もいただいてうれしいです。本当にありがとうございます。BANANA FISHは読んでいないのですが1話で花の名前ってヒースみたいと思ったことを思い出しました。カリフォルニア物語のヒースは紫色のお花でイーヴはそのまんまですが。ヒースに出会った時の気持ちを告白するイーヴは7話のネズミなのでは?タバコ1本の話だけど…力河が似たようなことをしてきた…と言っていたのはイーヴのことだった?BANANA FISHぜひ読みます!しかし本文は自分でもひきます。削除して下さってかまわないのですが読んでもらえたことで十分なのです。ありがとうございます。

Re: もりえ様☆ * by 惺
こんばんは!
おお! カリフォルニア物語もお読みになっていらっしゃるのですね!
もりえ様の見解はホント深くて、なるほどそうなのか!って新たな関連性の発見です。
ヒースとイーヴもなんだかネズミと紫苑を彷彿しますよね。天使=イーヴ=紫苑…とか。
BANANA FISHはNO.6抜きに読んでも名作だと思います。
お好みはあるかと思いますが、一読の価値はあるかと。

せっかく頂いた真摯なコメントは削除するのためらわれます。
このまま残させて頂けないでしょうか?
またどうぞお越しください!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。