05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-21 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る

 今さら自分が読もうが書こうがどうってコトないんですが、有川浩・陸海空3部作で一番?高評価との呼び声高いこの作品。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛官パイロットは調査のために高空へ飛んだ。
高度2万、事故に共通するその空域で彼等が見つけた秘密とは?
一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは──。


 面白さとともに、つくづく有川浩の巧さを痛感させられた作品でした。ムチャな設定をよりリアリティ感じさせるテク、そしてホロッとさせ、お約束のラブコメ(ロマンス)も忘れない。この3点セットの見事さ!3題噺のお題で言うならば、パイロット・謎の生物・子供の苦悩……って、こんなカンジ?
 それらを巧くシンクロさせて極上のエンタメ作品とした手腕にただただ脱帽&一気読み。

 なんといっても登場キャラが全て神的に魅力全開! 武田三尉がオンナなんて、もう美味しすぎる設定でしょ! そのツンデレ気味のヒロインにはどんな相手をあてがうのかと思っていたら、春名という、ヒロインとは対極のおっとり楽観系。ちょっとね、CP(カップリング)が類型化している感はなきにしもあらずなんだけど、面白いから許す! この2人牽引役となってグイグイとハナシを引っ張っていってくれるから、飽きない。

 で、オトナCPと並行して、子供CPも登場。この瞬と佳江という高校生ともう一人、一番心に傷を負っている真帆という3人の子供達が超絶良い。親を航空機事故で亡くしたトラウマが悲惨な結果へと突き進んでゆく過程と葛藤がものすごく説得力がある。特に真帆というキャラクターがいわゆる悪役になっているのだけれど、その苦しみ・悲しみがリアルだなと。ただ、真帆VSその他という図式は、少し可哀そうだったかなと。愚かなオトナ達が真帆をあそこまで追いつめてしまったのにね。

 で、この作品中、秀逸のキャラといったら宮じいでしょう! この人物がいなかったらなんと薄っぺらな作品世界になっていたことか。彼の語るひと言ひと言がズバリ真実であり、頑なだった子供たち……特に瞬と真帆の心をほぐしてゆく効果抜群だったことは否めませんね。このような神キャラを配置してしまう作者のセンスが素晴らしいなと。

 航空機のシーンはあくまでシャープにクールに描写。そしてまるで正反対の子供たちのシーンではしんみりと情緒溢れる描写を。この硬軟の書き分けが素晴らしく冴えた作品であったなあと。約半分を占める土佐弁?がものすごく良い。まったく違和感無し! こういうテクニックの巧さは比類ないね。
 さらに今作では「種の起源と進化」的なエピソードも交えていて、それが巧く融合している(させている?)のも抜群の巧さだと唸った。

 で、個人的にこの作者サンが好きな理由が、文体も硬質でモロ好みなんだけど、漢字多用しているトコロですね。だからといってコ難しいわけでなく、非常に読みやすい。
 惜しいのがメインCPのうちのひとりである武田三尉が、どうも女・堂上といったカンジがしてね……ま、どうでもいいんですけど。
 いつもながらムチャぶりが素晴らしい有川ワールドを今回も充分堪能させていただきました。ごちそうさまでした。←?
 あ、同時収録の「仁淀の神様」も極上作品です。贅沢だわ!!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 売れてる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 有川浩
* Comment : (6) * Trackback : (1) |

* by まいまい
どうも自分の記憶力が・・。とってもおもしろかった覚えはあるのですが,あいまいになってしまいました~。もう一回読もうかな。とっても多作な有川さんですが,やっぱり最初の頃の作品の方がおもしろかったような気がします。

ところで「仁淀の神様」は読んでません。文庫だけについてきたんですね。「図書館戦争」の文庫もおまけつきなんですよね~。立ち読みかなあ(笑)

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
> どうも自分の記憶力が・・。とってもおもしろかった覚えはあるのですが,あいまいになってしまいました~。
似たような設定、似たようなCPが多いからですかね?

> とっても多作な有川さんですが,やっぱり最初の頃の作品の方がおもしろかったような気がします。
設定が凝ってますよね。なんて、植物図鑑どまりで最近作は読んでないんですけど。
若さゆえの勢い? わ~、何気失礼発言ですよね……スミマセン。

> ところで「仁淀の神様」は読んでません。文庫だけについてきたんですね。「図書館戦争」の文庫もおまけつきなんですよね~。立ち読みかなあ(笑)
文庫はやっぱ廉価な上におトク!
「仁淀の神様」短篇だけど名作でしたよ☆

* by igaiga
あたし全く気にしてなかったのですが、先日の文庫で児玉さんとの対談でありましたね~。
漢字多かったんだと。
あたし光稀さん大好きなのです。
可愛いじゃないですか(//∀//)
ちなみに高巳さんでしたっけ?漢字間違ってます?
彼の懐の深さがさらに好きで、自衛隊三部作のなかではこちらが一番好きです。

* by ひいち
こんにちはー♪

こちらは「ディック」が可愛かったなぁ。
これにでてくるおじぃちゃんのセリフがすっごくよくって、
何箇所も書き出したなぁ。
そうそう。宮じぃね(^∀^)

仁淀の神様って文庫についているのねー。
気になる~。

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんばんは!
> 漢字多かったんだと。
ぱっとページ開いて見て思ったのが、
めっちゃ漢字多いじゃん!! でした。
若手作家サン?にしては珍しいな~というのが印象に残ってます。
でもぜ~んぜん読みずらくない。むしろ読みやすいのは何故だ?

> あたし光稀さん大好きなのです。
あ、自分も好きです、もちろん!!
男装系?のキャラに実は弱い。

> 可愛いじゃないですか(//∀//)
そうそう☆ ツンで素直じゃないトコロもまたよろし。

> ちなみに高巳さんでしたっけ?漢字間違ってます?
> 彼の懐の深さがさらに好きで、自衛隊三部作のなかではこちらが一番好きです。
いいキャラでしたよね!
三尉とくっつくのは彼しかいないじゃん?的な。
特にラストのあの告るシーンに萌えました(>_<)
三尉は高巳の掌の上で転がされてるな~と思うのは自分だけかなあ。

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
> こちらは「ディック」が可愛かったなぁ。
うんうん、「ディック」いいヤツだった!
子供の成長を見ているようだったし。

> これにでてくるおじぃちゃんのセリフがすっごくよくって、
> 何箇所も書き出したなぁ。
> そうそう。宮じぃね(^∀^)
このハナシの中で一番のキャラだったかと。
いいよね~。またこういうおじいちゃんを登場させる作者サンが巧すぎ。

> 仁淀の神様って文庫についているのねー。
> 気になる~。
名作!!
宮じいのハナシです。ちょっぴり悲しいけど。
後日譚といったカンジかな。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
空の中
 これも、うちの子から渡された作品。先般の「海の底」と同じ有川浩による、自衛隊3部作のうちの「空の中」(角川書店)である。 空の中 (角川文庫)有川浩角川グループパブリッ ... …
2011/07/02 16:14  本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。