09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-06-26 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

箱庭図書館箱庭図書館
(2011/03/25)
乙一

商品詳細を見る

 なにげに好きな乙一氏の作品。新作なのでソッコー図書館に予約入れてやっと読めました。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

少年が小説家になった理由。コンビニ強盗との奇妙な共同作業。ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。
集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。


小説家のつくり方
コンビニ日和!
青春絶縁体
ワンダーランド
王国の旗
ホワイトステップ の感動の6篇収録。

 それぞれの作品はすべて別の方が書いた元ネタがあります。読者のボツ作品を乙一氏がリメイクするという、集英社のWEB文芸「RENZABURO」の企画モノだそうです。
 オリジナルの作品も読んでみましたが、まったくテイストが違います。さすがプロ、見事な作品に生まれ変わっていました。
もう、6篇共すべて良かったんだけど、特に印象に残っているのが、「青春絶縁体」・「王国の旗」・「ホワイトステップ」かな。

青春絶縁体
 高校1年の自意識過剰で人見知りが激しい山里秀太。彼は明るい高校生活を夢見て文芸部に入部するけれど、そこにいるのはたった独りの部員、1年先輩の小山雨季子のみ。毒舌で超個性的な彼女。
 そんな彼女の前でだけは、秀太は素の自分を出すことが出来る。対人恐怖の気があってクラスで孤立しかけている彼にとって文芸部と雨季子だけが唯一の居場所であったはずだけれど、ふとしたきっかけで雨季子と喧嘩をしてしまう。以来、部に来なくなってしまった彼女。失ってみて初めて知る雨季子という存在の大切さ。彼女と仲直りをするために彼は一歩を踏み出す──という、ひとりの少年の精神的成長譚。
 思春期真っ只中の痛い2人の心理状態が見事に描写されていて、思わず共感。こういう時期ってだれでもあるよなあ、とひとり納得。
王国の旗
 まるで「ハーメルンの笛吹き」のよう。一種のファンタジーとして捉えても良いかも。
 好きでもないクラスメイトと自分の心を誤魔化して付き合っている早苗。ある日ミツという不思議な少年と出会って彼が運営しているという「王国」に招待される。
 そこは大人への反発を潜ませた子供だけの王国。夜になると親元を離れて少年少女が集まって来る。
 「王国」とはいわゆる夢の場所=現実逃避。そこにとどまってくれとミツから懇願された早苗だけれど、現実社会と向き合うことの大切さに気付いた彼女はきっぱりと拒否。こちらも少女がオトナへと成長する話を一種のファンタジーテイストで。
ホワイトステップ
 雪面に描かれる死者からのメッセージ。最初はパラレルワールドを扱ったSFテイストなのかな?と思いきや、とってもハートフルなハナシでした。交通事故で亡くした娘と母親の切ない交流を雪という巧い小道具を使っているところが秀逸。ちょっとほろっときてしまいました。

 自分にとって乙一氏はミステリーかホラー作家という印象強いんですが、今回認識改めました。元ネタはあるにしろ、それらバラバラだった6篇をうまくリメイクし、それぞれのハナシ(世界)をリンクさせて1つの小説世界を創りあげているトコロに激しく感動しました。そしてやはりプロの仕事というのに感心させられました!
 乙一氏、コワいだけじゃなくて、ココロに染みいるハナシもお上手なのね、とつくづくつ思い知らせれました。面白かったです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 乙一
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

こんばんわー * by チルネコ
乙一さん、突然なんでこの名義に戻したんでしょうね?ちょっと行動の意図が読めないですね(苦笑)まぁそれは置いておいても、乙一さんはぞくっとするものと、切ないものが特徴的ですから、本書は本領発揮という感じでしょうか。巷では黒乙と白乙って言われてますね^^

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは!
> 乙一さん、突然なんでこの名義に戻したんでしょうね?ちょっと行動の意図が読めないですね(苦笑)
いろいろな筆名使い分けてるというハナシは聞いていましたが…
しばらくこの筆名使ってなかったんですか?
自分、イマイチ疎くて…。

> 巷では黒乙と白乙って言われてますね^^
おおっ! そうなんですね。
どっちも巧いですよね! 今回初めて白乙を読了。
こんなハナシも書くのね!と目からウロコでした☆

こんにちは! * by 本読み人M
>読者のボツ作品を乙一氏がリメイクする
すごい企画ですね!!
思いつきを形にできるか否かが、プロと素人の違いというわけでしょうか。うわー面白そうーv-353

>コワいだけじゃなくて、ココロに染みいるハナシもお上手なのね
そこがまた魅力ですよね。
『さみしさの周波数』とか『失踪HOLIDAY』とか…『ZOO』や『GOTH』を書いた人とは思えないですv-356

Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
こんにちは☆☆
面白かったですよ~、この本!!
やっぱプロは巧いなあ…としみじみしてしまったし!!

> 『さみしさの周波数』とか『失踪HOLIDAY』とか…『ZOO』や『GOTH』を書いた人とは思えないですv-356
黒乙と白乙というのがあるそうで。
これはいわゆる白乙に属するらしいんですが、
自分も黒乙しか読んだことなかったので、目からウロコでした。
こんなハートフルなハナシ書くんだ~!!
とひたすらビックリ(>_<)
Mサンもよろしかったらどぞッ☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。