08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-07-23 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

恋文の技術恋文の技術
(2009/03/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る

 ひさしぶりの森見作品。なんとも古風なタイトルに惹かれました。以下BOOKデータベースより内容。

一筆啓上。文通万歳!
――人生の荒海に漕ぎ出す勇気をもてず、波打ち際で右往左往する大学院生・守田一郎。教授の差し金で、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされた守田は、「文通武者修行」と称して、京都にいる仲間や先輩、妹たちに次から次へと手紙を書きまくる。
手紙のなかで、恋の相談に乗り、喧嘩をし、説教を垂れる日々。しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けずにいるのだった。
青春の可笑しくてほろ苦い屈託満載の、新・書簡体小説。


 書簡体っていうのが新鮮でしたね。でもまさか全文それで通すとは思わず。飽きさせずに一気に読ませてしまうのが作者サンの手腕だとつくづく思った。
 もうね、彼、守田クンのなんともシャイなトコロが最高! ある意味いじられキャラかな? とも。特に大塚サンとの壮絶で熾烈に交わされる激しい書簡攻撃の件にはもう爆笑!! ドS系の大塚サンには敵うべくもなくあえなく玉砕してしまうところがね、かわゆす。

 森見サン、どうしてこう「情けなくてシャイで桃色煩悩?に思い悩みなぜか強めの女子に弱い」男子を描くのが巧いんだろう? 
 思わずしっかりしろよ~・ガツンと行けー! と喝を入れてしまいたくなってしまって……俗に言う、感情移入。そうそう、完璧に感情移入してしまっていて……憎めなくて愛すべきキャラだよね。妹にもちょっとナメられちゃっているところもね……でも、優しい兄なんだよね。ソコもポイント高し!!

 守田クン、せっせと友人・知人と文通していきますが、最初慣れなくてんん? イマイチわけがわからんゾ! と思っていたけど、次第にそれぞれの手紙の内容とキャラ達ががリンクしていくという展開が見事! その登場するキャラ達も超・個性的な面々ばかり。
 一番強烈だったのが、守田クンと一番仲のよろしい小松崎クン。何故か自分の勝手な想像では彼はキモカワ系かなって。マシマロマシマロって連発しているから自然と脳内でそう変換されてて……。

 で、一番バカバカしくて爆笑したのが第九話。意中の彼女、伊吹さんへの恋文の失敗書簡集!!!
 もう、作者サンのお遊びというか、サービスというか、そのバラエティに富んだ書簡の数々に呆れるか笑うしかなかった!!
特にあの有名な「詩」!! もうダメでしょ、アレ。作者サン、錯乱状態に陥ったのかと思ってしまったし。
 あんな詩送られたら即ゴミ箱行き確定だと思う(失礼!)……♪ラブリーラブリーこりゃラブリーとか♪……末期でしょ。笑えるけど。

 迷える青年・守田クンがさまざまな人物との文通を通して思い悩み悟りをひらいて、やっとこさ想いを寄せる伊吹サンへとしたためた恋文が超・感動モノです。
 結局は自分の想いを伝える恋文にこざかしい技術はいらない、ということなんでしょうかね。
 できれば伊吹サンの返信も読んでみたかったけど……。なんとも清々しい青春ストーリーでした。
 自分的にいちばん楽しめたのは各書簡末尾の宛て名と署名。ここにも作者サンのユーモアとサービス精神を感じました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 森見登美彦
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

登美彦氏さいこ~ * by チルネコ
これもまた今までにない登美彦氏の小説の形でしたね^^よもや書簡体で全編うめちゃうだけでなく、一方的からの手紙なのにここまで状況を伝えるのも凄いですし、時間軸を細工したりするところも素晴らしい!僕も同じく失敗書簡の箇所が抱腹絶倒でした^^恋文の技術はどうあれ、小説の技術は絶品ですね(笑)

森見だ~!! * by 読書系女子
マシマロくんがキモカワ系!!www
きっとそうだ!ぜっったいそうだっっ!!って思っちゃいました。そのマシマロくんの恋が先に成就しちゃうんでしたよね~
森見作品読むとなんか幸せになれます。不思議。

* by まいまい
何ともかわいらしいお話ですよね。
一気にもりみーの魅力につかまってしまいました。
ホント、伊吹さんへの恋文では爆笑でした。
サービス精神を感じますよね~。

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは!
> よもや書簡体で全編うめちゃうだけでなく、一方的からの手紙なのにここまで状況を伝えるのも凄いですし、時間軸を細工したりするところも素晴らしい!
やっぱり森見氏はSF脳というか、緻密な構成力が素晴らしいなと。
それぞれバラバラにみえたエピソードを
最終的に1つに収斂させてゆく手腕はスゴイですよ!!

> 恋文の技術はどうあれ、小説の技術は絶品ですね(笑)
ホントにその通りですね。
チルネコさん、上手い!!
さっそくのコメントありがとうございました☆

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは☆
> マシマロくんがキモカワ系!!www
> きっとそうだ!ぜっったいそうだっっ!!って思っちゃいました。そのマシマロくんの恋が先に成就しちゃうんでしたよね~
侮れないぞ、マシマロくん。
意外とモテてしまうのもキモカワである証拠?

> 森見作品読むとなんか幸せになれます。不思議。
やっぱ作者サンの読者に対する「愛とサービス」を感じます。
疲れたココロに森見作品☆ 癒されるー!

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは♪
> 何ともかわいらしいお話ですよね。
> 一気にもりみーの魅力につかまってしまいました。
上手いですよね! 
はぁと鷲掴みされてしまいました。
これこそ作者サンの読者に対する恋文なのでは?
技術的に相当なハイレベル!! 

> ホント、伊吹さんへの恋文では爆笑でした。
> サービス精神を感じますよね~。
失敗作が~www
面白すぎました。

私はやっぱり * by 道楽猫
「一級ナメクジ退治士」が好きです(笑)。
で、マシュマロじゃなくてマシマロってとこが良いんですよね。
もう、守田くん頑張れってついついコブシに力入りますね。
モリミー最高!

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは☆
わはは!
こんなに作中キャラで盛り上がれる作品も珍しいんじゃないか?
しかも自分まで作品に登場させちゃうって……www
久々に森見作品読んだけど、面白さ・バカバカしさ・ほっこり感はそのままだった。
同じくモリミー最高!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。