07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-18 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

19―ナインティーン (メディアワークス文庫)19―ナインティーン (メディアワークス文庫)
(2010/12/25)
綾崎 隼、紅玉 いづき 他

商品詳細を見る

 テーマが19歳。5人の若手作家サンたちが描くそれぞれのストーリーに興味津々でした。以下BOOKデータベースより内容。

19歳をテーマに、5人の人気作家が描く、彼女彼らの物語。

 ……短か! でもホントこの通りなんです。共通のテーマをどう料理しているのか。それぞれの作家サンの切り口と個性がまた面白かったです!

19歳だった  入間人間
 彼女との19歳のクリスマスデートを何度も繰り返してしまう無限ループに陥った男子の悲劇? ちょっとSFテイスト入った異色作?
 少しラノベ的でどうなんだろ? 好みが分かれる作品なのかなあ。自分的には少し解りにくかったストーリーだった。イマドキの作家さんの、イマドキの作品だなあといった印象。
×××さんの場合  柴村仁
 一番楽しめた作品! 一人の女子を多人数視点から描いたブラックユーモア的なストーリー。
 美女だけどちょっと頭足りないカンジの×××さんをめぐるサークル内の人間模様。何故か聖書やパンドラの箱エピソードさらに古事記までが登場。ありきたりな素材といえばそうかもしれないけれど、何故かひどく面白く感じてしまった!
向日葵ラプソディ 綾崎隼
 他作品とリンクしているキャラが登場しているとのこと。これは特に19歳というテーマが活かされているとは思わなかったな……。
 ヘタレ男子とツン女子というカップリング。この作者サンの描く女子ってツンで強めキャラが多いのかな。以前読んだ「ノーブルチルドレンの残酷」にもヒロインがそんなカンジだった。どうしても被ってしまったし。自分的にイマイチでした。
2Bの黒髪  紅玉いづき
 久しぶりの紅玉いづきでした。「ガーデンロスト」がとっても良かったので密かに期待!
相変わらず女子の屈折した心理描写が巧いなあと。大学受験に失敗した1浪女子の複雑な心境を、自身のブログのマンガキャラに絡めて描いているトコロがちょっと小技が効いてるなと思った。救いあるラストもなかなか良かった。
十九になるわたしたちへ  橋本紡
 一番正統派?な印象。国語教師・田島、高校3年生のトモヤとユキ。この3人視点で展開するストーリー。
 それぞれ心に抱いている悩みや葛藤を静かに描写。ラストにふさわしい作品。ただ、19歳というテーマからはちょっとズレてる……? 高校3年て18歳だよね?

 大学のサークル内の人間模様や恋人との微妙な距離感。もっと先に進みたいけどなかなかそうはいかないジレンマなんかも巧く描かれていてちょっと微笑ましくなったし。
 それぞれの作者サンたちの創り出した19歳の空間というか、作品世界を充分堪能させていただきました!


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★アンソロジー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

はじめまして * by ゆう
はじめまして。ふらりとやってきました。私も、「№6」、書籍でハマってます!!うれしくなり、コメントさせていただきました。

紹介してくださってる本、読んでみたいなと思う本、いくつかありました。

時折、のぞかせていただきますね。
よろしくお願いします。

Re: ゆう様☆ * by 惺
はじめまして、こんばんは!
「NO.6」良いですよね! こんなにハマッた作品は久しぶりです!!
アニメも良いですが、自分はやはり原作派。あさの先生のセリフが素敵です。
自分も後ほどゆうサンのブログ遊びにいかせていただきます!
こちらこそヨロシクおねがいいたします☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。