09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-28 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

 以前読んだ「ハーモニー」に感動して…というか驚愕して、原点でありデビュー作でもあるこの作品に挑戦。以下BOOKデータベースより内容。

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?


 完璧だな、というのが読了後の感想。SFに造詣の深くない自分はもう何も言うことはありません。
 読むたびごとに思うけれど、この作者サンのSFは本当に日本人離れしているなあとつくづく思う。
 難解そうだと思っていたけれど、読み始めてみると意外とそうではなかった。むしろ前に読んだ「ハーモニー」の方が読みにくかった感が。

 あらすじにもあるとおり、時代設定は9.11以降の近未来。基本的にはSFにカテゴライズされるのでしょう。
 主人公クラヴィスは米軍の特殊工作員。軍の命令で内戦地域や虐殺現場に赴き、狙ったターゲットの命を奪う。その際に痛覚を麻痺させるとか、身体に埋め込んだIDを偽装するとかのSF設定はかなりリアルでさすが。ど素人の自分でもわかるし。こういうディティールがかなりのSF度を高めているかと。
 けれど自分的にはこの作品、ミステリー&サスペンス&心理ドラマとして読みました。

 まず内戦・紛争・虐殺の勃発する国(もしくは地域)に必ず姿を現す謎の人物、ジョン・ポール。
 その彼が紛争の仕掛け人だと狙いを定めたアメリカ軍はクラヴィス達にその彼の暗殺を指示し、神出鬼没の彼の行方を追跡することとなる。
 一体ジョン・ポールとは何者なのか? 捉えどころのない彼を追い続ける展開はまさにミステリー仕立てであり、スリリングなサスペンスとしても読める。そしてジョン・ポールがいかにしてひとつの国を広大な地域を内戦と紛争地域としてしまうのか。その手段は奇抜でありながらもリアリティを感じさせて違和感はない。ミステリーの謎解きのような展開にグイグイと引き込まれた。

 ジョン・ポールの愛人であるルツィアに惹かれてゆくクラヴィス。そして一方ではターゲットであるジョン・ポールにも魂の深奥で共感を覚えずにはいられない。その不可解な二律背反。3人に共通するのは愛する者の死と贖罪の念。そして複雑に葛藤し交錯する3人の想い。
 ラスト、クラヴィスが選択した究極の選択。その意外な行動はジョン・ポールの遺志を受け継いだものなのか?
 深い余韻を残しながら静かな感動を覚えました。自分的にスゴイ作品、このひとことです。

 作品の内容とはまったく関係ないのですが、作者サン、この作品を病魔に侵されながら書きあげたとのこと。
 その壮絶な人生を解説で読み、つくづく自分はぬるい生き方しているな、と思わず自戒したくなりました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : SF * Genre : 小説・文学 * Category : 伊藤計劃
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

* by ひいち
ルツィアと接するうちに、変わってゆく主人公の様子がもう、胸をぎゅっと引き絞られるような感覚になりました。

はじめ、読み進まないようだったので、どうだったかな?って思ったけれど、良かった♪♪

私もやっと時間のかかっていた本を読み終え。
時間はかかったけれどおもしろかった!!!
昨日から「僕僕先生」読んでいます(^∀^)
すごーっく可愛いお話で、いいー(>∀<)

* by 塩枝
SFでサスペンスでミステリーに心理ドラマって…てんこもりですねw
その本、前から読んでみようかな―と思いつつ難しそうで手をだせないでいたんですが…うん、おもしろそう^^;

ぜひ読んでみたいと思います^^


すごい! * by 読書系女子
これはおもしろそう。
傑作のようですね。
読んでみようかな。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by semicolon?
SFやゲームの素養がない私でも取っ付きやすかったのを覚えています。
主人公の人との接し方も独特でしたね。

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
> ルツィアと接するうちに、変わってゆく主人公の様子がもう、胸をぎゅっと引き絞られるような感覚になりました。
人間は愛を知ると変わるのね、とつくづく思ってしまいました。
静かにゆっくりと互いが心を許しあってゆく過程がとても良かった!!

> はじめ、読み進まないようだったので、どうだったかな?って思ったけれど、良かった♪♪
最初100ページまでが辛かったかな~。
ジョン・ポール登場から俄然面白くなってきた!!

> 昨日から「僕僕先生」読んでいます(^∀^)
> すごーっく可愛いお話で、いいー(>∀<)
でしょでしょ? ほっこりしててとても癒されます♪

Re: 塩枝 様☆ * by 惺
こんばんは♪
> SFでサスペンスでミステリーに心理ドラマって…てんこもりですねw
> その本、前から読んでみようかな―と思いつつ難しそうで手をだせないでいたんですが…うん、おもしろそう^^;
あ、あくまで自分的印象なので……。
でもただのSFじゃないことは確か!!
自分も最初難しそうだなー(汗) と思っていたけれど、
読み始めたらサクサクいけました!
一読の価値はあると思います☆

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
> これはおもしろそう。
> 傑作のようですね。
> 読んでみようかな。
面白いし、なんか作風が日本人離れした感じが←あくまで自分的感想。
難しそうだけど、読み始めたらそうでもなかった。
戦闘シーン多々あるので、それが苦手でなければぜひ!!

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
こんばんは☆
> SFやゲームの素養がない私でも取っ付きやすかったのを覚えています。
あ、自分も両方ともまったくド素人なんですが、すんなり読めました!
SFなんだけど、それだけじゃないプラスアルファがありますよね。

> 主人公の人との接し方も独特でしたね。
特にヒロインとの絡みが好感度大でした。

Re: こんばんは! * by 惺
v-83コメ様☆
あまりにも完璧な作品なので(自分にとって)、記事書くのもおこがましいような…。
ストーリー・キャラ・世界観・ディティール、すべてにおいて魅力的。
意外なラストにも驚きました。
ホントに早世が悔やまれます……。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。