FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-03-24 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

「イン・ザ・プール」を読んで以来、伊良部センセイの毒気に当てられてしまいました。実は自分の周りにもこの作品のコアでディープなファンがいたことが判明。恐るべし伊良部一郎! というわけで、禁断症状を改善すべく一気に続巻を読了。期待を裏切らない内容でした。

空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る
町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
(2009/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


「イン・ザ・プール」での主役はあくまで伊良部センセイでしたが、以下続巻になるにつれて個性豊かな患者達に取って代わられた感が。「町長選挙」においては完全にワキに回っている感強し!
 もうね~タイトル見るだけでも笑いがこみ上げてくる。「義父のヅラ」とか「アンポンマン」とかタイトル見ただけじゃ、一体どんなハナシなのか皆目見当がつかないし、もう、ギャグ線高すぎ!

 それに「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」などは、あからさまに誰がモデルなのかわかっちゃう。暗にそれらの方々を揶揄しているようで、いいのかなァここまで書いちゃって、と内心ヒヤヒヤ。 ← 何も自分がヒヤヒヤする必要は微塵も無いが。 ただ、たとえモデルがいたとしてもその方からここまでのハナシを創造してしまう作者サマは流石職人!

 全編を通してもっとも好きなタイトルは「女流作家」。これはあくまで自分の見解ですが、作者ご自身を揶揄しているような気がしてならない。実際にこのような病状を体験して、この作品が生み出されたのでは? とふつふつと思ってしまいました。
 終盤の、マユミが照れながらも愛子に作品の感想を述べる件がまた感動。(マユミちゃん、個人的に好きだ~。バンギャ設定が最高)

 人間の宝物は言葉だ。一瞬にして人を立ち直らせてくれるのが、言葉だ。その言葉を扱う仕事に就いたことを、自分は誇りに思おう。神様に感謝しよう。

 作中では愛子に語らせていますが、少なからず作者の本心が吐露されているような気がしました。個人的に素晴らしい文言だと思う。

 この作品、映像化して欲しいな~。伊良部センセーはカンニング竹山かドランクドラゴンの塚地武雅。マユミちゃんは黒木メイサ(胸の谷間はあんま無さそうだけど)を是非。脚本は三谷幸喜。「女流作家」の愛子は戸田恵子などはいかがでしょう? 「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」はそれぞれのモデルの方たちで。う~ん限りなく広がる妄想に歯止めがきかない。面白いと思うんだけどな。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 伊織
こんにちは^^
ついに2作品とも読まれたんですね~

ちょっとうる覚えにはなってしまうんですが、確かイン・ザ・プールに関しては映像化されてましたヨ。どの患者役かはわかりませんが、なんでもオダジョーが出演してたとか^^

私はまだ読むのがもったいなくて積読中です(苦笑)

Re: ホントですか? * by 惺
> 残念……観てみたかったです。伊良部役は一体誰だったんだろう? オダギリジョーはどの患者役だったのかなァ……等々もっと早く読んでいればと悔やむことしきり。

 でもこの作品、ホントにファンがたくさんいてびっくり、というか、自分が知らなかっただけなんだよね。いろいろと楽しい本に出逢わせてくれて伊織様にはとっても感謝です!

コメント







管理者にだけ表示を許可する