09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-09-19 (Mon)


GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)
(2010/05/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

 久しぶりに読んだシリーズ。確かもう完結編が出たんだよね。いつになったら最終巻読めるのかなあ……。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

季節は初夏。今日も図書館塔最上階、秘密の小部屋で読書にふけるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。
そこには“未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!”とメッセージが。
時を同じくして学園にやってきた謎の人物。そして、時計塔で起きた密室殺人…知恵の泉のもと、すべての謎がひとつになるとき、王国の禁忌が白日のもとに!?
人気ミステリ、急展開の第4巻。


 うーん。なかなか面白かったです。ヴィクトリカの存在意義が徐々に明かされてゆく今作はシリーズのターニングポイントとなるハナシなのかも、というのは個人的感想。
 今回はリヴァイアサンという錬金術師にまつわるミステリー。
 いつもの如く図書館でヒマしているヴィクトリカが見つけた、リヴァイアサンの手によると思われる回顧録。そこには未来にこの回顧録を読むであろう誰かに向けた挑戦的で謎めいた文言が書かれている。その言葉に刺激を受けたヴィクトリカがリヴァイアサンの謎を解こうとするのがこの物語の発端。

 錬金術師・人造人間・賢者の石・奇術師などなど、ミステリアスで魅力的なモチーフがたくさん散りばめられていて、おのずと幻想的な作品世界に引き込まれていきます。
 特に今作のキーパーソンである錬金術師・リヴァイアサンがとってもダークな魅力満載のキャラクター。
 ヴィクトリカの推理は最初から冴えていて、錬金術師そのものを胡散臭い輩であると看破している。このリヴァイアサンもご多分にもれず、その正体はとても悲惨な現実を背負って生きていた、まさに一人の人間だったという……。

 ゴールドラッシュやカソリックVSプロテスタントという、当時の歴史的事実を作品中に巧くコラボさせているところが巧いなあと。そして人種問題などもさらりと含ませているあたりもさすがだな、と感心しきり。それに絡んで復讐の権化と化したリヴァイアサンの悲哀と、ヴィクトリカがようやく彼の仕掛けた謎を解くクライマックスがかなり読み応えがあった。

 桜庭一樹の本来の作風と違って正統派でクセがなくて読みやすい。それはそれでちと物足りない気もするけれど。
 ラスト、異母兄であるブロワ警部と語るヴィクトリカのシーンが余韻に残りますねー。彼女が生まれてきた意味がだんだんわかってきたりして。
 来るべき大戦の予感を残しつつ、壮大な謎と仕掛けを感じさせる今後の展開に期待……かな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : YA(ヤング・アダルト) * Genre : 本・雑誌 * Category : 桜庭一樹
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 塩枝
おひさしぶりです^^
GOSICK4巻 モチーフとか歴史的背景とか魅力的なところ多くて私も好きです

リヴァイアサン、これから結構重要ですよ!!

Re: 塩枝 様☆ * by 惺
こんばんは!
> GOSICK4巻 モチーフとか歴史的背景とか魅力的なところ多くて私も好きです
自分も思いっきり食いついてしまいました!
好きなんですよ~。ホムンクルスとか。
ちゃんと史実に絡めているところも良いですよね。

> リヴァイアサン、これから結構重要ですよ!!
え? 一回きりのゲストキャラではないんですね?
あと、ブライアン・ロスコーもとっても気になるんですが。
彼も意外と重要キャラ?
うーん、気になる&楽しみ!

うわ~ * by igaiga
まだラストまでいってないというのもちょっと羨ましいかも。
でも、ラスト泣けますからね~。
このふざけた(?)雰囲気からガラリと一転しちゃって泣いて泣いて止まりませんでした。
それまでこーーーんなにふざけているのに!!(笑)
そう思いましたね~(´∀`)
是非ラストまで突っ走ってください~。

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんにちはー!
> まだラストまでいってないというのもちょっと羨ましいかも。
> でも、ラスト泣けますからね~。
> このふざけた(?)雰囲気からガラリと一転しちゃって泣いて泣いて止まりませんでした。
わー!ホントに?
ちょっ…ものすごく楽しみなんだけど(>_<)
でもなんとなくそんなカンジはするよね…さらっと前振りしてるカンジが無きにしも非ずで。
読みたい読みたい~!!
桜庭一樹だからね、きっとなんか仕掛けはあるだろうなと踏んでますが…。

> 是非ラストまで突っ走ってください~。
了解!! 突っ走ります~☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。