09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-01 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る

 久しぶりの東野圭吾のうえ、こんなメジャー作品読むのも自分には珍しい…職場の先輩がまた貸ししてくれたのさッ! ラッキ! ということでBOOKデータベースよりあらすじ。

寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

 自分、何でも読み始めがタラタラしすぎるんですよ……なかなかストーリーに入っていけないっていうか。この作品もそうだったんだけど、中盤から俄然一気読みしてしまいました!!! 面白い&ハートフル&読みやすい&コ難しくない&泣ける…などなどとっても読後感良い作品でした。

 導入部がとても惹きこまれた。日本橋にそんなシャレて凝った麒麟像なんてあったんですねー。全然知らなかった。タイトルがとっても謎でどういう展開になるのかと思っていたら、なんと素晴らしいオチにたどり着いたことでしょう!! 

 その日本橋の麒麟像の台座にもたれかかるように死んでいた一人の男・青柳。その胸には深々とナイフが刺さっていた……。
 と、遠くから眺める巡査視点で始まる導入部がまるで映像を観ているようで秀逸。
 またたくまに殺人事件へと発展してゆく展開となるんですが、さらに殺人事件の起こったほぼ同時刻に別のもう一人の男が交通事故で意識不明の重体となる。被害者の所持品を持っていたこの男こそが真犯人だと断定されそうになるが……と、傍系の事件もうまく絡ませて読者をより深いミステリーへと誘ってくれるのも巧すぎる~!

 最初は青柳が務める会社の労災隠しにまつわる殺人事件かと思われたが、実はそれはまったくの偶然に因るモノ。
 ここらへんの揺さぶりというか、ダミー事件の展開も面白いと思った。そこからいかにして刑事の加賀と松宮が真相に迫ってゆくのか。そこが今作の読みドコロ。見えない事実に近づいて行く鍵を握るのはもちろん加賀。出会った人との何気ない会話、ちょっとした事象から鋭い洞察力を発揮して、真実へ近づくヒントを見出してゆく。もちろん作者サンによって計算しつくされた小道具なんだろうけど、まったく違和感・こじつけ感がなくて自然と納得してしまう。特に、香織が語る穴のあいた靴下のエピソードから加賀が新たな事実を発見する件なんかは唸ったし。

 特に後半からの意外な展開にはおおっと!これは面白すぎ!! と目がクギづけ。「麒麟の翼」というタイトルの謎解きとその意味が理解できて、もう自分は涙腺崩壊。
 意外な真犯人。とその共犯者たち。その彼等の謝罪と贖罪の決意を誓うラストがまた白眉。
 因みに麒麟とはもちろん伝説上の動物。殺生を嫌い、幼少から秀でた才を示す子どものことの意もあるそうです。ううむ、なるほどな。
 父親から息子への強烈なメッセージ。このことを加賀自身とオーバーラップさせて事件解決の糸口と成しているエピソードに感動。
 …にしても、今まで自分が読了した東野作品の男子たちって、皆女子に頭上がらない設定が多いんだけど…。今作も加賀って登紀子に押されっぱなしだよね。ま、どうでもいいんだけど(>_<)

 来年早々に映画化ということですが……ううむ。キャストを見た限りでは妥当なの? 黒木メイサの役って、あれ? 原作にいたっけ? 最初から映像化を意識した作品なのかな? っていう印象も。ちょっと楽しみかな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 東野圭吾
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

* by 塩枝
加賀恭一郎はドラマで新参者見ただけですね…

加賀役の阿部寛さんが物陰からじっと観察してる絵がいつも変質者っぽいなあ、と思ってみてたのは秘密です←

映画も楽しみです^^


* by ひいち
あ。コレ加賀さんのシリーズなのねっ!
一番初めに読んだのは、大学生の頃の加賀君で・・・
「卒業」だったかな?
このシリーズも全部読んでいるハズ・・・
これも早く読みたいなぁ~。

どうしても、阿部寛さんのイメージと重ならないのですよねー(苦笑)
自分の中ですっかり出来上がっているイメージがあって・・・
そういうのありません?


Re: 塩枝 様☆ * by 惺
こんばんは!
> 加賀恭一郎はドラマで新参者見ただけですね…
自分はドラマも観てなくて加賀サン初体験でした!
小説ではとってもいいカンジの刑事サンって印象だったー!

> 加賀役の阿部寛さんが物陰からじっと観察してる絵がいつも変質者っぽいなあ、と思ってみてたのは秘密です←
> 映画も楽しみです^^
え?そうなの変質者っぽい?
ますますそそられる。さらに映画観て見たくなった☆
悠人役が誰なのか気になる気になる~(>_<)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
> あ。コレ加賀さんのシリーズなのねっ!
> 一番初めに読んだのは、大学生の頃の加賀君で・・・
> 「卒業」だったかな?
> このシリーズも全部読んでいるハズ・・・
> これも早く読みたいなぁ~。
そうなんだ!
自分は加賀さんシリーズ初体験で…。
全部読破しているとは、さすがひいちサン☆

> どうしても、阿部寛さんのイメージと重ならないのですよねー(苦笑)
> 自分の中ですっかり出来上がっているイメージがあって・・・
> そういうのありません?
ありますわ!
自分的にはネ・ズ・ミ!←こればっかりだな(>_<)
でも、小説読んで自分も加賀=阿部寛サンにはちょっと違和感かな…。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
◎読書記録◎ 「麒麟の翼」 東野圭吾
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2011年の出来事{%足跡(テンテンテン)hdeco%} …
2012/02/26 22:48  The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。