10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-12 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2011/07/15)
皆川 博子

商品詳細を見る

 ツイ友サンからのご紹介本。自分的に今一番興味ある作家・皆川博子サンの最新作。文句なく面白かったです。以下BOOKデータベースより内容。

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。
増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が…。
解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む。


 タイトルからして人を食ってます。
 最初一体どんなハナシなのか想像もつかず。が、冒頭からいきなりの解剖室での妊婦の死骸描写にあ然・呆然。ここでもう作者の術中にハマってしまいました。かなりグロテスクなはずなのに、ちっとも陰惨ではない。むしろカラッとしてユーモラス。なにより登場人物たちが個性的で魅力的だから。
 重要なキーパーソンである解剖専門の外科医・ダニエル。そして5人の才能ある助手たち。そのやりとりが面白い。師弟の絆は強く結束していて読んでいて羨ましいくらい。
 舞台設定が18世紀ロンドンなので解剖学がまだまだ認知されていない時代。そのため、技術向上のための死骸調達もままならず、危ない橋を渡ってようやく手に入れた死骸はなんと準男爵令嬢。しかも未婚でありながら妊婦だったという、いわくつきのもの。
 紆余曲折あって、なんと男爵令嬢の他に2体もあるはずのない死骸が発見されてしまう……。

 もうここから本格ミステリーの始まりです。探偵役は清廉潔白な法の番人、サー・ジョン治安判事。彼は盲目であるけれど、その分雑多な周囲に惑わされることなく、しっかりと真実を見極めることができる。
 インパクトありすぎる脇キャラ・少年ネイサンの所有する稀覯本をめぐる陰謀にまきこまれるダニエルとその助手達。彼等は解剖技術を武器にして共にサー・ジョン治安判事とタッグを組んで数奇な殺人事件を解明してゆく。
 二転三転する事態。一体真犯人は誰なのか? ネイサンを主軸に置いた視点とサー・ジョン判事主軸の現在進行形視点。時系列が異なりながら進行し、ラストには見事に融合するという構成の巧みさ。裏に裏をかくトリックの鮮やかさ。そして毒々しいまでのユーモア。そしてほのかに漂う背徳と耽美。

 作者サンはとてもご高齢とのこと。ですが、その熟練の職人技に酔わされました。特に事件が解決したあとのあの寂寥感がたまらない。そして全編通してどこか突き放して達観しているような洒脱さ。助手たちが死者を送るために歌う「解剖ソング」をラストにもってきているところがなんともブラックユーモア溢れてます!
 それに対する、特に作中最も魅力的なキャラ、エドとナイジェルの末路がこれまた切なく哀しい。
 この作品、隠れた名作ですよ!! なんでもっと話題にならないのかしらー? 新聞の書評にも取りあげられていたのに~(>_<)
 自分的に今年のベスト本に挙げたいくらいです。この作者サンの著作全制覇するッと決意! ←いつになるかわからんが。
 解剖学とミステリーのコラボが白眉! ラストの解剖ソングにもある、「愛」と「道化」が本作のテーマなのではないかなと、個人的に思うのでした。
 とにかく、こんな自分の駄文では今作の素晴らしさ分かりません! ぜひとも一読おススメします。何度も言いますが、名作。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 皆川博子
* Comment : (6) * Trackback : (2) |

* by ひいち
惺さんに勧められたら見ないとね~♪

この方の本はなんだか、独特の世界だよね。
結構好き☆

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
独特な雰囲気の作品書く作家サンだよね!
かなりブ厚いけれど、面白くて一気に読んじゃいました~☆
お耽美入ってます\(^o^)/

* by 潤
すっごいおもしろかったです!!
エドやナイジェルの魅力はもちろんながらミステリーとして最後の最後まで目が離せない名作でした!
熱烈プッシュ大感謝です!

ここだけの話、ネイサンは持ち上げられてるだけで天才というほどの才能はないんじゃないかなー?とか疑ってました。(笑)
ごめんね、ネイサン!!

トラックバックさせて頂きました。
次は「猫舌男爵」読んでみようかな。惺さん大絶賛…気になります。

Re: 潤様 ☆ * by 惺
こんばんは!
わーい!
気に入っていただけて嬉しいです~。
と言っても自分も伊織サンからのご紹介だったので…。
こんな素晴らしい作家サンがいること知らなくて今まで損してたー!
自分はエド&ナイジェルが気になって気になって!
そこはかとないBLの香りが…←コラコラ!
ネイサン…ううむ、その才能を堪能するまえにいろいろ災難に遭ってしまったからね(>_<)
自分的にはダニエルがめっちゃ好きですおぢさんいいよー!

猫舌男爵もバラエティ豊かな短篇集で面白いですよ!
コメント&TBありがとうございました☆

* by igaiga
かなり前に読まれていたんですね~。
「本格ミステリ大賞」を受賞したとき
「やっぱりな」と思われたでしょう?(笑)

途中でネイサン登場しないな~とは思っていたのですが、まさかの展開でしたね。
こういうラストって好きなんですよ。

そして開かせて~のタイトル・・・そういうことかと(笑)

Re: igaiga 様☆ * by 惺
自分的に昨年のベスト本でした!

>「本格ミステリ大賞」を受賞したとき
>「やっぱりな」と思われたでしょう?(笑)

ううう…嬉しかったです~。
その前に受賞されていた賞がことごとく3位だったので、
やっと!! っていうカンジでした。自分の脳内ではすべての賞で1位☆だったので(笑)

グロくてユーモアあって適度にお耽美。
実に好みです。解剖ソングなんてもうもうしゃれっ気たっぷりですよね!
あー、興奮しすぎました。大変失礼いたしました。
TBありがとうございます。自分もさせていただきます!

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「開かせていただき光栄です」 皆川博子
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― 皆川博子発売元: 早川書房価格: ¥ 1,890発売日: 2011/07/15 おすすめ:★★★★☆ 「子供だって、もっと模範的な回答をしますよ」 エドは大人びた笑顔を見せた... …
2011/11/19 15:12  感ジル想イ。
「開かせていただき光栄です」 皆川博子
開かせていただき光栄です 皆川博子 18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子... …
2012/05/30 11:14  igaigaの徒然読書ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。