05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-19 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)
(1997/04)
村上 春樹

商品詳細を見る

 ブロ友サンおススメの作品ということで読了。久々の村上春樹作品でした。以下BOOKデータベースより内容。

青春の追憶と内なる魂の旅を描く表題作ほか6篇。著者初の短篇集。

中国行きのスロウ・ボート
貧乏な叔母さんの話
ニューヨーク炭鉱の悲劇
カンガルー通信
午後の最後の芝生
土の中の彼女の小さな犬
シドニーのグリーン・ストリート

 自分的にはズバリ起承転結単純明快的な話が好みなんですが、村上作品はとっても抽象的で良い意味で曖昧で繊細。
 一回読んでああ、なるほどね。とすんなりと理解できるストーリーではないので(あくまで自分にとって)、とても考えさせられる。ちょっとサリンジャーに似ているな、と思った。特にナインストーリーズ。ちょっと難解だけれど、独特の余韻が残るというか。作風が日本的じゃない。初期の頃から洗練されていたのだなと痛感。
 印象に残った作品をいくつか。

中国行きのスロウ・ボート
 語り手・僕にとって「中国」はなんのメタファーだったのだろう? 自分にとっての理想の居場所なのだろうか?
 中国人少女とのすれ違いのエピソードが、「僕」の若い頃にありがちな切ない青春を描いていてちょっと悲しい。
午後の最後の芝生
 強烈な夏の描写がスゴイ。孤独な青年の一夏の出来事……と言っても劇的な何かが起こるわけではない。
 過ぎ去った青春の一時期をノスタルジックに回想する「僕」の、その淡々とした語り口がより一層寂寥感と余韻を感じさせる。
シドニーのグリーン・ストリート
 出ました、羊男!
 「私立探偵事務所」を舞台に少しファンタジックでコミカルなストーリー。突然の羊男の登場に驚くも、その事件解決譚になぜかほっこり。可愛い「ちゃーりー」が個人的にナイスキャラ。

 それぞれがまったく違うテイストの短篇集。自分はどうしてもファンタジー的な読み方をしてしまうのだけれど、それでいいのだろうか?
 感覚で読む……ということで良いのかな? 村上作品は魅力的であるけれど、一種魔性の魅力があるなあ……と、今作読んでつくづく思ったのでした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 村上春樹
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 瀬川レナ
この雰囲気、すごく独特ですよね。日本っぽくなくて、じめじめした感じが薄くて。
魔性の魅力を感じます~

Re: 瀬川レナ様☆ * by 惺
こんばんは!
> この雰囲気、すごく独特ですよね。日本っぽくなくて、じめじめした感じが薄くて。
> 魔性の魅力を感じます~
ホントに! どの作品もラスト近くまでアメリカが舞台?
って思いこんでました。名前も固有名詞ででてこないし。
洒落てますよね。
ウワサの羊男……(>_<) 
村上春樹…ユーモアありすぎですねー。

ありがと~~ * by 読書系女子
私のわがままに付き合っていただいて・・ありがとうございます。
村上さんは「取り返しのつかない」っていう切なさを描きたいのかなぁ、なんて思っちゃいました。
長く生きてしまったので、取り返しのつかない(つかなかった)ことの積み重ねに唖然とします。

私も惺様と同じく、表題作と芝生とシドニー(羊男!)が印象に残っています。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
> 私のわがままに付き合っていただいて・・ありがとうございます。
そうでしたっけ? スミマセン、記憶が抜け落ちてます(>_<)

> 村上さんは「取り返しのつかない」っていう切なさを描きたいのかなぁ、なんて思っちゃいました。
そっか! なるほど!表題作がまさにそれですね。
さすが読書系女子サン、読みが深いです。

> 長く生きてしまったので、取り返しのつかない(つかなかった)ことの積み重ねに唖然とします。
自分もです。取り返しのつかなかったことは、無かったこととして黙殺してます~。

> 私も惺様と同じく、表題作と芝生とシドニー(羊男!)が印象に残っています。
羊男にビックリΣ(゚Д゚)
何かのメタファーかと思っていたら、なんと! まんまのご登場で!!!
面白い&深い村上作品でした☆
ご紹介ありがとう!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。