08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-25 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

上海少年 (集英社文庫)上海少年 (集英社文庫)
(1999/03/19)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

 タイトルに惹かれて借りました。以下BOOKデータベースより内容。

今日も波止場に大陸からの引揚船が着く。睦は独りそれを待っていた。あの海の向こうの都市で過ごした、失われた幸福な日々。
生き別れになってしまった兄と阿媽(アマ)のことを想いながら―。そして、港町の一角に出来た華人の市場で、彼は懐かしい上海から来たという、不思議な男に出会う…。過ぎ去った時代に生きる、少年たちの姿を詩情豊かに描く作品集。


雪鹿子
上海少年
満天星
幕間
白昼堂々
 の5篇収録。

 面白かった!! どの作品もまるで違ったシチュエーションの中で息づいている少年達の描写が白眉でした。
 昭和初期から70年代までのさまざまな時代を舞台にして、ちょっと古風な文体で綴られるストーリーにグイグイ引きこまれて、あまりの巧さにビックリでした。
 作者サンは少年を書かせたら天下一品!とのこと。確かに登場する少年たちは皆非常に魅力的。儚げであったり、強かであったり、奔放であったりとさまざまな顔を見せてくれる。けれど、その少年たちと同等、もしくはそれ以上の魅力を放っていたのが、年の離れた女性や少女たち。

 近親者をテーマにした作品が多かったのだけれど、その近親なるがゆえの複雑な愛情と葛藤などが繊細に描写されていてもう惹きこまれる惹きこまれる!
 昭和の時代を色濃く感じさせる手法は見事だし、各話織り交ぜられた耽美と禁断、背徳などなど、もう独特の世界を表現していて楽しめました。
 特に気にいった作品がコチラ。

上海少年
 上海で生き別れた兄。帰国し、亡き父親の知り合いの許に身を寄せる睦。独り淋しく日々を送る彼の思わぬ場所での兄との再会を、中華街(横浜?神戸?)を舞台に少しエキゾチックな雰囲気で描かれる短篇。
幕間
 演劇界を舞台にした、姉と弟の禁断の愛。儚げでありながら強かな弟・暁が魅力的。実の弟であるのかどうなのか迷いながらも暁に惹かれていってしまう橙子の心理描写がスゴイ。思いをひとつにしながら学生運動に身を投じてしまう刹那的なラストに驚き。
白昼堂々
 凛一と省子。面差しの似ている従妹同士がお互いに変装したことから起こるちょっとした騒動。強気の省子がとっても良いキャラクター。

 密度が濃くてそれでいて上品な短篇集といったカンジ。ちょっとしたマイノリティ恋愛と屈折した親子関係を描いてます。自分的にとっても楽しめましたね~。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 長野まゆみ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ひいち
耽美と禁断、背徳・・・好き♪

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
> 耽美と禁断、背徳・・・好き♪
自分も大好物です!
このハナシにはそんなテイストがたーくさん詰まってました。
お腹いっぱい、大満足でした!

* by 潤
惺さん、こんにちは!
おー長野初期作品に挑戦ですね!
漢字を多用する文体と雰囲気が大好きです。
あとやっぱり少年!

ところで、「白昼堂々」ですがこの文庫に収録されていつのは1章のみです。
実はまだ続きがあるんです!しかもシリーズ化してます!
白昼堂々→碧空→彼等→若葉のころ!すべて文庫化していたはず。
凛一シリーズ私は大好きです。
好き嫌いはありそうですが、「月魚」読めた方なら普通に読めるかと。(そういう意味で)
良かったら是非☆

(なんか上海少年へのコメントじゃないですね、、ごめんなさい。つい…)

Re: 潤様 ☆ * by 惺
こんばんは!
この方の少年描写はいいですよね~。
この作品はいろいろな少年が登場してその魅力もまたそれぞれ違って面白かったし。
意外にも、ちょっと意地悪少女?の描写も巧くておおっ!って思っちゃいました。

> ところで、「白昼堂々」ですがこの文庫に収録されていつのは1章のみです。
> 実はまだ続きがあるんです!しかもシリーズ化してます!
> 白昼堂々→碧空→彼等→若葉のころ!すべて文庫化していたはず。
> 凛一シリーズ私は大好きです。
「白昼堂々」シリーズも面白そうです。
なんとか入手していずれ挑戦してみたいな。

> 好き嫌いはありそうですが、「月魚」読めた方なら普通に読めるかと。(そういう意味で)
自分はもうどんなジャンルでもOKなので大丈夫。(そういう意味で→了解♪)

> (なんか上海少年へのコメントじゃないですね、、ごめんなさい。つい…)
いいえ~、なんでも語っていってくださーい!大歓迎☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。