08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-26 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

失はれる物語失はれる物語
(2003/12)
乙一

商品詳細を見る

 なかなか名作との評判を聞き読了。いやいや黒・乙一とはまったく違った魅力の白・乙一作品。以下BOOKデータベースより内容。

目覚めると、私は闇の中にいた。交通事故により全身不随のうえ音も視覚も、五感の全てを奪われていたのだ。残ったのは右腕の皮膚感覚のみ。ピアニストの妻はその腕を鍵盤に見立て、日日の想いを演奏で伝えることを思いつく。それは、永劫の囚人となった私の唯一の救いとなるが…。

Calling You
失はれる物語

手を握る泥棒の物語
しあわせは子猫のかたち
マリアの指
あとがき


 うーん、面白かったし感動したな。
 自分はグロ系の「GOTH」とか「暗黒童話」から入ったのでこんな切ない系のストーリーは初めてかも。
 印象に残った作品をいくつか。

失はれる物語
 これは……初出がラノベという……のわりにはかなり渋い作品だと思った。
 とある一夫婦。その「私」が交通事故に遭って半身不随となってしまう。その彼の一人称で語られる物語。
 唯一感覚が残っている・生きている部位が右腕のみ。指を動かすことでしか意志表示ができない。その彼と妻との切なくも固い絆。
 五感のすべてを失っている主人公が、妻を想い、その妻のために自分が出来る最善の事とは何か。
 人間としての機能・存在を徐々に失ってゆくという、自らのその究極の選択が読んでいて切なく辛かった。

 あとがきによると、作者本人はあまりお好みではないようだけれど、自分的にはわりと好きな作品。
 複雑で不幸な家庭環境の許に育った少年・アサトとオレ。そのうちのアサトは他人の傷を自分に乗り移すことが出来る特殊な能力を持っている。
 孤独な少年2人が親に苛まれ、過酷な状況下に置かれながらも、友情を温めて微かな未来の希望を見出すまで。
しあわせは子猫のかたち
 伯父の所有する家で独り暮らしを始めた「ぼく」。その家には自分以外に「誰か」が住んでいる。その「誰か」とは実はその家で殺された幽霊だった!
 「ぼく」と幽霊と子猫との2人と1匹の奇妙な共同生活。激しい人間不信・人間嫌いに陥っていた「ぼく」がその共同生活を通して得た、他者とのかけがえのない絆。

 どの作品もカテゴリはラノベということですが、とてもそんな印象受けなかった。珠玉の作品集といったカンジで。
 こんな作品も書くんだ! と乙一氏の印象がガラッと変わりました。感動そして面白かった!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 乙一
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

こんにちは! * by 本読み人M
おぉ、「白」乙一作品ですね!(ファンの人はこう呼ぶそうな)
私が読んだのはだいぶ前ですが、「失われる物語」「傷」は、印象に残ってます。
白系では他に、『暗いところで待ち合わせ』も面白かったですよん。
しかし、「GOTH」とか「暗黒童話」とかの「黒」乙一とのギャップがすごいですよね。
作風の幅広さに感心させられます。

Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
こんばんは!
> おぉ、「白」乙一作品ですね!(ファンの人はこう呼ぶそうな)
> 私が読んだのはだいぶ前ですが、「失われる物語」「傷」は、印象に残ってます。
> 白系では他に、『暗いところで待ち合わせ』も面白かったですよん。
「白」乙一、面白いですねー!
初めて白系読んだけれど、巧いなあってビックリした(>_<)
「失はれる~」は文芸作といってもいいんじゃないの?
と思ってしまったくらいで…。

> しかし、「GOTH」とか「暗黒童話」とかの「黒」乙一とのギャップがすごいですよね。
> 作風の幅広さに感心させられます。
確かに~!
自分は「黒」乙一から入ったので、そのギャップに唖然としました、まじで。

* by happyflowerpop
私も黒乙一「GOTH」から入ったのですがこの作品集も大大大好きです。乙一の新作を待ち続けてます。「箱庭図書館」も完全オリジナルじゃないし、気合のはいった作品を首を長くしてまっております。
乙一が別名義書いた恋愛小説もなかな胸キュンなんですよ。

Re: happyflowerpop 様☆ * by 惺
こんにちはー☆
白と黒のギャップにビックリ(>_<)
どっちも良いなあって思う♪
「箱庭~」も面白かったけど、アレはある意味添削的な…。
純粋な新作そろそろ読みたいですよね!
別名義作もあるんだ~知らなかった!
何と言う作品ですか?良かったら教えて~。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
乙一の作品を
小説「失はれる物語」を読みました。 著者は 乙一 ミステリ系 短編6作品 どの作品も哀しさ、優しさが残りますね そこまで ミステリ ミステリしていなくて 嫌いじゃなかったです ちょっと不思議な世界観があって なかなか面白かった 読みやすさもあって 私的には『... …
2011/11/14 23:16  笑う学生の生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。