07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-11-10 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

     

 面白そうなタイトルに惹かれて購入。シャーロックホームズですね。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

ある日、ベーカー街を訪れた若く美しい婦人。
父がインドの連隊から帰国したまま消息を断って十年になるが、この数年、さまった日に高価な真珠が送られてくるという……。
ホームズ達が真珠の所有者を捜し当てた時、無限の富をもつこの男は殺され、そこには"四つの署名"が──。
インド王族秘蔵の宝石箱をめぐってテムズ河に繰り広げられる追跡劇!


 シャーロック・ホームズシリーズの良いところはムダに長くないところ。でなお且つわかりやすいところだと。
 この話も冒頭からホームズがコカイン注射をしているところから始まって一気に引き込まれてしまった! え?コカイン? てちょっとビックリ。
 仕事の依頼がなくてヒマを持てあますとホームズはコカイン打っちゃうのね! いかんだろ、それは!! って突っ込み入れたくなりました。←どうでもいいんだけど。

 そんなホームズとワトソンの許にとある上品な婦人が訪れたことから事件は始まる。
 失踪した父、毎年送られてくる高価な真珠、そして突然贈られたナゾの人物からの面会を希望する手紙……などなどストーリーは急展開。
 ホームズとワトソンはもちろん事件解決に向けて動きだすのだが、婦人と同行した先で殺人事件に遭遇してしまう! その殺人事件を発端としてホームズの名推理が冴えわたる!
 前半は事件のあらましを。後半になって犯人の独白と共に、ホームズの推理の解説と大変わかりやすい。古典的展開といっちゃあそうなんですが、事件の裏に隠されたインド王室の秘宝とか、インド大反乱という背景を巧く使ったなるほど納得の事件と推理とその解決。

 で、今作の目玉はなんといっても語り手であるワトソン君のラブロマンスでしょう!
 え?え? そうだったの? もしかして一目惚け ボレ? 的なエピソードでちょっと驚いてしまいました。
 わりと薄めでサクッと読める作品。難しいコト考えずにホームズの世界を楽しめるかと思います~。自分的に、ストリートチルドレンで結成された「ベーカー街特務隊」がツボ。ホームズは人を使うのが巧いな~とつくづく思っちゃいますね!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
こんにちはー☆

私が、あさきゆめみしを何度も繰り返し読んではまっているうちに、惺さんはどんどんどんどんどんどん・・・・・!
読んでる~(>∀<)
すごいなー♪

でも、もうしばらく、源氏の君に浸りますぅ~♪

藤木凜氏の「バチカン・・・」シリーズ(>∀<)
右のプラグインに見つけちゃった~♪
藤木氏の本も好き~☆☆

心配してくれてありがとうね。
もう、お気持ちがあったかくて嬉しくて、
それだけで元気チャージ!でっす(^0^)
色々な事に負けていられないね。がんばるー!!!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
バチカンシリーズはジャケ買い!
もうもう藤木氏のイラストにホレました~(>_<)
読むのも楽しみ☆

人生…生きていくうちにはいろいろあるものね…←なんか演歌調ww
溜まったら吐き出して励まし合いながら頑張りましょー!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。