07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-12-21 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

 以前からジャケットが気になっていたのと(ものすごく素敵だよね!)、やはり「本」にまつわるストーリーらしいという理由で読んでみました! 以下BOOKデータベースより内容。

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。


第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)
第二話 小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)
第三話 ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』(青木文庫)
第四話 太宰治『晩年』(砂子屋書房)


 うん、なかなか面白かったです。ひと言でいうと、ハートフルなストーリーといったカンジ。一応ミステリーにジャンル分けされると思うのだけど、肝心のミステリー色はかなり薄め。奇抜な謎解きなどは一切なく日常ミステリーに終始していて、どちらかというと登場人物たちの人間ドラマ的な要素が強いな、と思った。
 初っ端の第一話『漱石全集・新書版』から主人公・大輔の出生にまつわる重要なストーリー展開。ふとしたきっかけで知り合ったビブリア古書堂の若き店主・栞子の冴えた推理で大輔の祖母の秘密を解き明かしてゆく……というちょっと込み入ったエピソードに否が応でもグイグイと惹きこまれる~!

 1冊の古書から名推理を展開する栞子はケガをして入院中のいわゆる安楽椅子探偵。その手となり足となるのが就職浪人の大輔。
 普段は内向的な栞子が本に関する事となると人格が豹変して俄然饒舌となり頼もしくなる。変身スイッチ押されちゃった? 的な変貌ぶりもまた面白いんですけどね。
 プータローで一見頼りなげな大輔はいざとなると特異の柔道技を駆使し、車やスクーター使用でなにかと栞子の足となって活躍する。静の栞子に動の大輔という設定も良いバランスかなと。

 それぞれの話がタイトルの本ときちんとリンクしあっていて面白い。こういう書店絡み・本絡みの話には大抵登場する太宰治を最終話にもってくるあたりも、思わずニヤリ。さらに第一話が何気に伏線となって、人間関係にも繋がりをもたせているところがね、なるほどな~と。
 古書店業界と切っても切り離せない、せどり屋の志田や栞子の妹・文香などなど魅力的なキャラも今後続々と登場しそうな予感。独特のほんわかした雰囲気の中に、時折垣間見ることのできるちょっとした怖さが程良いスパイスとなって飽きさせない。次シリーズもあるということなので、近いうちに挑戦してみたいゾ! 


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 三上延
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。