05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-12-24 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信

商品詳細を見る

 数々の賞を受賞したという謳い文句に誘われて読んでみました。以下BOOKデータベースより内容。

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。
その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、“走狗”候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年―そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?
魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、魔術と剣と謎解きの巨編登場。


 面白かったです! ミステリーで賞を受賞しているとのことなので、てっきり今作も現代モノの正統派ミステリーなのかと思っていたら、ナント! ファンタジーと見紛うまでの中世イギリスの小国を舞台とした、剣と魔術が通用する世界のストーリーでした。
 なので最初は思いっきり違和感。しかしそれも読み進めていくうちに、やはり本格ミステリーなのだなと痛感。
 探偵は呪われた暗殺騎士を追ってソロン諸島に訪れたファルク。助手役は彼の従士の少年ニコラ。そしてもう一人の助手役ともいうべき、ソロン領主の娘・アミーナ。その彼女の一人称によってストーリーは展開。

 その一人称語りがとても淡々としていて読みやすかった。ちょっと16歳の少女の語りとは思えないほど落ち付いていたのは御愛嬌。その彼女の父親が突然殺されてしまったことから事件は始まる──。
 犯人が魔術使いであるということがファルクによって早々に明らかになるのだけれど、一体どこに潜んでいるのか? ファルク達がソロン島に到着したと同時に雇われた傭兵たち。その個性的な面々も否応なく容疑者の一人として加えられてしまう……。

 と、構成はまんま正統派ミステリーを踏襲しているなと。ただ、味付けというかテイストが剣と魔術という修飾がなされてはいるけれど。
 聡明な領主の娘アミーナを通して事件を描写する展開も面白い。そして冒頭から実は張り巡らされていた数々の伏線もラストになってなるほどなと思わせる。そして容疑者一同を呼び集め一人一人の容疑を晴らしてゆくという展開もかなり古典的な手法とも言えるなと。
 で驚愕(!)のラストも納得の巧さ。意外な真犯人に虚を衝く救世主。そしてアミーナとニコラの微笑ましくもかけがえの無い絆。

 謎解きはもちろん、傭兵達の個性的なキャラクターも相当に楽しめるし、お嬢様だったアミーナの精神的成長も清々しい。自分的に一番ツボだったのが、アミーナの兄であり次期領主であるアダムの腰抜け(!)具合。こういう息抜き的なキャラクター配置も楽しめた!
 なんとなーくシリーズ化しそうな雰囲気。タイトルの「折れた竜骨」の意味もとても良いなと。ニコラがこれからどうやって成長していくのかも楽しみかな。
 ファンタジーと見せかけた本格ミステリー。数々の受賞も納得の面白さでした。 


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 米澤穂信
* Comment : (6) * Trackback : (1) |

* by 塩枝
それ読みたいんですよ><
でも文章が1ページに2段あるというつらっ!w

米澤さんの淡々とした語り大好きですw

Re: 塩枝 様☆ * by 惺
こんばんは!
2段組みがなんともね…(泣)
自分もあちゃーって思ったけど、
いざ読み始めると面白くて一気読みでした!
ファンタジーとみせかけての本格ミステリー。
巧く騙されました~(>_<)

こんにちは * by 道楽猫
未読の作者さんですが、面白そうだなぁ。
2段組ですか。今読んでる京極夏彦もそうなのですが、私としてはそれぐらい分厚いほうが好きなので、これは是非読みたい本リストに追加させていただきます。

おお、タイムリー! * by えみ〜ご
こんばんはー。度々お邪魔します(^^)

って、この作品、とても気になってたんです!
ダ・ヴィンチでも評価高かったし。
惺さんの感想もかなり良いので、これは読まねば!
正月休み中に読めたらいいなぁー。
米澤穂信さんは、「さよなら妖精」が一番印象に残ってます。
(3冊くらいしか読んだ事ないのですが・・・)

あ、そうそう!
惺さんが激愛しているという「NO.6」を人様から借りてみました♪
文庫のほうは、まだ最終巻まで出てないようですが、
とりあえず借りた分は読みたいと思います。
アニメもやってましたよね。でも一回も見なかったんですよね~。
こちらも休み中に読んでいきたいと思います(^^)

それでは!長々と失礼しました。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは!
京極夏彦氏を読まれてるのなら、この本はきっと楽勝~♪
面白かったですよ!
ファンタジーと思いきや、うまくミステリーとコラボしてて、
こんなのもアリなのかー!と思ってしまいました。
話のタネにもよろしいかと。

Re: えみ~ご 様☆ * by 惺
こんばんは☆
やはり話題作だけに人気なんですね。
正直、読みやすくて面白かったです。
自分もあまりこの作家サンの作品読んでないのですが、
その中でも一番楽しく読めたかな?

NO.6!!
是非読んでください!
お好みはあるかと思いますが、
かなり楽しめるかと…!
1冊が薄いのでサクッと読めますよん☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「折れた竜骨」米澤穂信 (ミステリ・フロンティア)
ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。 自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ... …
2013/11/08 16:02  粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。