09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-12-30 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

 今年もあっと言う間に過ぎ去っていこうとしています。ホント、早かった! 今年はツイッターを始めたおかげで、なにげそちらに時間をとられて何故か読書の時間がなくなる!! という緊急事態もあったりして……ツイッター、おそるべし(>_<)
 とは言いつつ、今年もいろいろたくさんのジャンルの本が読めて大変幸せ&楽しかったです。
 で、今年もやってしまいます。ランキング。例によってもうバラバラで雑多すぎるので、今日と明日の2日に分けて晒していきたいと思います。今日は大雑把に分けたジャンルのうちのベスト3まででーす。
 (※注) このランキングは御承知の通り、管理人の独断と完全シュミなので、ご訪問者様のなんら読書の参考にはなりません!
 あ、興味なーい、つまんねー! と思われる方!! 恐ろしく長いので(自分でもうんざり~)もう今すぐにでも絶賛スルー推奨です。

文芸作品
第1位  村田エフェンディ滞土録 梨木香歩
まるで本当のトルコ滞在レポートのような冒頭からラストにかけて怒涛の展開と感動。忘れられません。
第2位  人間失格  太宰治
誰しもが抱く悩みや葛藤に共感。思っていたよりも陰湿でない作風が印象的だった。
第3位  山猫  ランペデューサ
一貴族の没落過程を描いた作品。一種の滅びの美学を感じた。台頭する勢力との対比が見事。
次点  ふがいない僕は空を見た

エッセイ
第1位  あさのあつこのマンガ大好き!  あさのあつこ
これは……ものすごくインパクトありすぎたエッセイだった。よもやのあさのセンセがこんなにマンガ狂だったとは!圧倒されて文句なく1位。
第2位  第2図書係補佐  又吉直樹
ツイッターで高評価だったので読んでみた! 噂どおり超面白かった&読書の参考になりすぎた!
第3位  小説を書く猫  中山可穂
自分的に初めて読む中山可穂サンのエッセイ。謎めいたプロフィールだったけど、コレを読んだら一気に親近感が湧いた!
次点  一瞬と永遠と  萩尾望都

時代モノ
第1位  みをつくしシリーズ  高田郁
今年読んだ時代モノ自体少なかったんだけど、中でもダントツの面白さだった!
第2位  花宵道中  宮木あや子
前評判高かったから期待して読了。評判に違わないストーリーでした。デビュー作とは……巧すぎ!!
第3位  幻燈辻馬車  山田風太郎
忍法帖シリーズ以外、初めて読んだ作品。やっぱ面白いわー!幽霊の父ちゃんを呼ぶ雛が可愛すぎだろ!!
次点  柳生忍法帖  山田風太郎

ファンタジー
第1位  七つの人形の恋物語  ポール・ギャリコ
7体の人形たちと少女ムーシュが繰り広げる恋バナ。ファンタジーに見せかけて実は違うんだけどね。人形たちのキャラがとても素敵だったので。強引にトップだ!!
第2位  僕僕先生シリーズ  仁木英之
もう何と言ってもツンデレ僕僕とヘタレ王弁クンのCPがサイコーでしょ☆ 思わずほっこり。
第3位  かのこちゃんとマドレーヌ夫人  万城目学
これも一種のファンタジーだよね? ふんけーの友とか鼻てふてふだっけ? かのこちゃんの可愛さにもうメロメロ(>_<)

SF
<国内> 
第1位  ハーモニー  伊藤計劃
日本人離れした作風に驚愕~(>_<) タグを効果的に使用した文体にもなるほど!
第2位  続・時をかける少女 復刻版  石山透
あの往年の名作が、まさかまさかの復刻版で登場。嬉しくて第2位。
第3位  デカルコマニア  長野まゆみ
ファンタジーにカテゴるかどうしようか迷ったけど、SFで。完全なる長野ワールドに圧倒された作品でした。
<海外>
第1位  ハイペリオン  ダン・シモンズ
辺境惑星ハイペリオンを舞台に繰り広げられる7人のキャラの過去語り。予想外のストーリーに目がクギ付けだった。
第2位  アンドロイドは電気羊の夢を見るか  フィリップ・K・ディック
こちらも古典作。アンドロイト対人間という単純図式だけでなく、自分とは一体何者なのか?という哲学的テーマも盛り込んでいて面白かった。
第3位  星を継ぐもの  ジェイムズ・P・ホーガン
これはかなりミステリー色強かった。ラストの驚愕の事実が強烈に印象に残った!

ミステリー
<国内>
第1位  折れた竜骨  米澤穂信
これは文句なく決まりかな!ファンタジーとの見事なコラボが素晴らし~☆
第2位  麒麟の翼  東野圭吾
無難にまとまりすぎてたけど、父と息子の絆がね~。涙涙!
第3位  死の泉  皆川博子
迷った~! ラストがちょっとわかりづらいかな? ということで3位……ほとんど2位と同率なのよん!
<海外>
第1位  八点鐘  モーリス・ルブラン
なんたってルパンだし~! タイトルに合わせて8つの短篇ながらそれぞれトリックに趣向を凝らし、ラブロマンスとコラボさせているところが自分的にツボだった!
第2位  ジャンピング・ジェニィ  
ナント!探偵役が証拠隠蔽を図るというとんでもない話! で、ラスト1行で犯人が判明という展開にも度肝抜かれました!あまりにも邪道すぎて、好みなので2位。
第3位  特捜班ヴィクトール  モーリス・ルブラン
わはは!最初から騙されまくったし!勘の鋭い方はすぐにピンとくるのに…と、見事に騙されたので3位。なんたってルパンだし~☆
次点  バスカヴィル家の犬  コナン・ドイル

その他
第1位  日本人なら知っておきたい日本文学  蛇蔵&海野 凪子
文句なく面白かった! 蛇蔵&海野 凪子コンビ最高です~!
第2位  カムイ伝講義  田中優子
こんな講義があったのね。ぜひとも受けて見たかった(>_<) カムイ伝好きと珍しさで2位。
第3位  シャーロック・ホームズの経済学  太田隆
シャーロック・ホームズの時代の経済事情を現代に置き換えてみたら…? という発想がね、面白ーい。

震災関係今年は忘れちゃいけない震災が。その関連本です~。
第1位  太陽熱エネルギー革命  菊池 隆 堀田 善治
計画停電真っ最中の時に読んで大変勉強になった本。太陽熱・太陽光発電の違いってわかる~?
第2位  関東大震災  吉村昭
今から約90年前の震災。人々はどのようにして震災を切り抜け、復興してきたのか。先人達の努力と失敗に感慨深かった。
第3位  検証 東日本大震災の流言・デマ  荻上 チキ
主にネット上、特にツイッターでの流言・デマに関してが自分的に目からウロコだった。

 づがれだ~~(>_<) ウザすぎる長さで申し訳ありません! クリックすると元記事にたどれますので、奇特な方でどんな本か見てみたいわ~という時はアマゾンリンクがありますのでそちらをご覧ください。
 で、明日は総合のランキングです。国内と海外それぞれ10作品ずつ。迷うのよね~、コレがまた。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★年間ベスト本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。