07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-12-31 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

 ついに大みそかですね……。明日はもう2012年。新しい1年の始まりということで。
 自分的に今年1年の総決算2011年読了本総合ランキング! ではちゃっちゃと行きまーす。
 その前にくどいようですが……(>_<)↓
 (※注) このランキングは御承知の通り、管理人の独断と完全シュミなので、ご訪問者様のなんら読書の参考にはなりません!
 あ、興味なーい、つまんねー! と思われる方!! 恐ろしく長いので(自分でもうんざり~)もう今すぐにでも絶賛スルー推奨です。

国内文学
第1位  NO.6  あさのあつこ
 文句なく第1位です! いーんですよ、完全シュミのランキングなので。今年はこの作品に始まり、どっぷりハマって、さらにハマりながら今年が終わる…といったカンジでしょうか。アニメにも手を出し、心鷲掴みにされた(ブ!)思い出深い作品となりました。
第2位  開かせていただき光栄です  皆川博子
 一番のお気に入り作家サンとなりました。もう何も言いますまい。自分の趣味好みが完全合致した作品です。
第3位  西の魔女が死んだ  梨木香歩
 児童文学なのに……おばあちゃんの去りゆく最期の一文で根こそぎ魂持っていかれました。ブワッと涙腺崩壊。
第4位  超訳百人一首 うた恋い。  杉田圭
 最初タカくくって読み始めたら……なんなのコレ!! 名作じゃん(自分的に)! 百人一首の成り立ちと選ばれた歌の深い意味を知れた作品でした。
第5位  女子校育ち  辛酸なめ子
 抱腹絶倒の1冊でした。自分も女子校育ちなので余計楽しめた!! 多少のディフォルメは大目に見てもかなり詳細レポが素晴らしい~。
第6位  猫舌男爵  皆川博子
 初・皆川作品はコレでした!SFテイストあり、コメディあり、ダークなヨーロッパあり、愛憎劇あり、戦争あり…とお腹いっぱいの今作で度肝抜かれました!
第7位  永遠の0  百田尚樹
 誰もが認める名作の所以が分かりましたねー。インタビュー形式でひとりの人物をあぶりだしてゆく手法に目がクギ付け&涙腺崩壊。
第8位  エグゼクティブ・プロテクション  渡辺容子
 女子ボディガードを扱った異色の作品。ひたすらカッコ良い! 爽やかなラストもまた良し!!と。
第9位  虐殺器官  伊藤計劃
 すべてにおいて斬新だった作家サン&作品。ハーモニーよりか読み易い。日本人離れしたSFセンス(自分が勝手に思っているだけ)とサスペンス&ミステリーちっくなストーリーの融合が面白かった!
第10位  下妻物語─ヤンキーちゃんとロリータちゃん  嶽本野ばら
 これも自分的に泣いて笑った印象深い作品。嶽本野ばらのコメディ真骨頂を堪能しました。
次点  少女地獄  夢野久作 想像していた話とはまた違った意味でとてもインパクトのあった作品でしたー!

海外作品
第1位  吸血鬼ドラキュラ  ブラム・ストーカー
 あまりにも有名な吸血鬼ストーリーのオリジナル。非常に面白くて目からウロコ!ホラーというより、人間賛歌的な内容なのよー!
第2位  解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯  ウェンディ ムーア
 後半イチの海外作品の名作だと!! 外科医療の歴史をひもとく書としても参考になる。
第3位  メトロポリス  テア・フォン・ハルボウ 
 管理社会下クーデターの話。超面白かった!! なにげ黙示録をベースにしているところがユニーク!
第4位  ジェニィ  ポール・ギャリコ
 猫好きサンにはたまらない作品かなあと。でもそうじゃなくても上質のファンタジーで泣けてほっこり。少年の成長譚。
第5位  フランケンシュタイン  メアリー・シェリー
 いやあ…コレもあまりにも有名だけどちゃんと読んで無かった作品。キワモノではなく、真面目な感動作でした。
第6位  ニューロマンサー  ウィリアム・ギブソン
 サイバー・パンクとは何ぞや? と思って読んだ作品。超難解だった!! しかし、面白い~。マトリックスの元ネタ的作品。
第7位  ある小さなスズメの記録  クレア・キップス
 実話だと知って驚いた作品。人間とスズメの固い絆に涙涙。
第8位  ファウスト  ゲーテ
 ファウストと誘惑者メフィストフェレスの物語。まるでミュージカルを見ているような錯覚に。
第9位  ジーキル博士とハイド氏  スティーブンソン
 こちらも有名な古典作。古典作好きなのよね、実は。人間の表裏を体現したかのようなジーキルとハイド。ジーキルの苦悩と葛藤に感情移入…。
第10位  一九八四年  ジョージ・オーウェル
 今まで読んだ作品中でこれ以上に怖い作品ないです……ホラーじゃないんだよ、SFなんだよ…。あまりにも怖すぎてこの順位。管理社会の徹底的な恐怖を描いた作品。

 とまあ、こんなカンジでしょうか。何度も言いますが、完全シュミなのであしからず。
 どんな本か興味湧いた方がもしいらっしゃったら、クリックするとアマゾンリンクが出てきますので、そちらから詳細ご覧ください!
 ホントこうやって見ても雑多でまとまりないなーって思います。年間何冊読んだのか、今まで数えたことなかったのですが、今ざっと計算してみたら雑誌・マンガ除いてで286冊でした。来年は仕事が忙しくなりそうなので今より読めなくなるかな? でも読んだ数じゃないんです。どれだけ 自分の琴線に触れる本に出会えたか が重要だと思って自分は読書しています。要はボロクソ感動する本が読みたいんです~(>_<)
 
 今年もあと3時間切りました。来年もおヒマなおりにはぜひこのブログ覗いてやってくださいませ。
 それでは来年もどうぞよろしくお願いいたします! 良いお年をお迎えください!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
 
関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★年間ベスト本
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

あけましておめでとうございます * by semicolon?
ランキング楽しみにしてました!
相変わらず広範囲に渡っての読書すごいです。
皆川博子作品は両方面白そうですね。
この人のはけっこう好きなので読みたくなりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
あけましておめでとうございます!

> ランキング楽しみにしてました!
ありがとうございます!
めんどくさい~!! と思いながらも
1年間の読書のまとめになるな~と思うと
結構楽しいですね~。

> 皆川博子作品は両方面白そうですね。
> この人のはけっこう好きなので読みたくなりました。
あまり一般受けしない作家サンという印象強いのですが、
「開かせていただき光栄です」で
俄然ファンになりました!
まだそんなに読んでいないのですが、
できれば読破してみたいです~。

> 今年もどうぞよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

* by ラブラブラッキー
こちらではあらためまして・・・
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
それにしてもいろんな本を読まれててすごい!
私も結構雑食読みする方だと思ってましたが
知らない作家さんばっかりで・・・汗
今年はいろんな作家さんに挑戦してみたいと思います。
そしてseiさんのように早く読めるようにしたい。
速読習いたい~笑

Re: ラブラブラッキー様 ☆ * by 惺
あけましておめでとうございます!
きゃあー! ラブさん、ようこそお越し下さいました!
自分はもう乱読雑食なので褒められたもんじゃないです(>_<)
逆にもっと有名作を読まないといけないなっていつも思ってて……。
ラブさんの読書、ぜひ参考にさせていただきます!
こちらこそヨロシクお願いします。
ツイッターにブログにたくさん楽しみましょー!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。