08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-01-07 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 直木賞作家の道尾氏←思いっきり今さらですが。 久しぶりに読みました。以下BOOKデータベースより内容。

明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。
「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。
―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。


 解説に「好き嫌いが分かれる作品ではあるだろう」とありますが、まさにその通りかと。
 自分的には申し訳ない×でした。流石に文章は巧みで素晴らしいと(自分がこう言うのもものすごくおこがましいのは承知です、スミマセン)思うのですが、如何せんストーリーが……これはミステリーになるのですよね……一応……(>_<)

 読了後どうしてだかカフカの「変身」を連想してしまって。幻想性(?)と現実性が巧くミックスされていると言っていいのかどうか……あ、そもそもそういう観点で読んでいいのか自分的に自信がないのですが。
 ミステリーとしてもうーん、どうも自分的にはこじつけ感が否めなくて。主人公は9歳設定なんだよね? こんなしっかりした9歳児まずいないよな……ってそこから感情移入ができなかった、ハイ。

 二転三転する容疑者もなんだか堂々巡りのような気がしたし、犯人の動機もイマイチ訳がわからなかった。
 主人公の母親もやはり少し薄っぺらいカンジがして……。
 なので自分的には合わなかった作品だったのでしょう。でもなんだかんだ言って、惹きこまれて一気に読了しちゃったんですけどね。
 これ以上書くと収拾つかなくなるのでここらへんで失礼いたします。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 道尾秀介
* Comment : (12) * Trackback : (4) |

* by HappyFlowerPop
今年もどうぞよろしくお願いします。

これは私の初道尾作品でした。
正直期待したほどじゃないって思ったんですけど
そのあと何冊が読んでいくうちに
いつの間にか大の道尾秀介ファンになっていました(笑)




Re: happyflowerpop 様☆ * by 惺
こちらこそヨロシクお願いいたします。

> これは私の初道尾作品でした。
> 正直期待したほどじゃないって思ったんですけど
> そのあと何冊が読んでいくうちに
> いつの間にか大の道尾秀介ファンになっていました(笑)
意外なストーリーにビックリでした。
ミステリーかと思っていたら違う方向に……(汗)
自分も早く道尾作品の魅力を感じたいです~!!

ご挨拶が遅れまして * by 道楽猫
昨年は色々と楽しかったです♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私は道尾作品はこれしか読んでないんですが、とても面白く読みました。
怖かったのでもう一度読もうとまでは思いませんが^^;
妹の正体とか、スミダさんも実は…とか
色々衝撃的でした。

* by ひいち
あれ?
この本読んだ事あるけれど、
こんな内容だった?全然覚えてない!
こんなに思いっきり内容すっぽり抜けているのって
珍しいな・・・うーん。なんでだろ。
もう一度読んでみよう。

道尾さんは、作者さんご本人のお姿も素敵ですよね(^∀^)

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは!
> 昨年は色々と楽しかったです♪
自分もです~!
bk1書評の鉄人♪とかね!

> 私は道尾作品はこれしか読んでないんですが、とても面白く読みました。
> 怖かったのでもう一度読もうとまでは思いませんが^^;
> 妹の正体とか、スミダさんも実は…とか
> 色々衝撃的でした。
なるほどなるほど!
やはり合う合わないが分かれる作品なのね!
ミステリーではなくホラーとして読むのだと
やっと知りました。乙一氏を真似て
黒道尾もしくはブラック道尾として読めばいいのかしらー?
確かに衝撃的でした!
道楽猫サン、こちらこそ本年もヨロシクお願いいたします。

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
そうそう!道尾氏はイケメン作家サンですよね。
作風にギャップを感じてしまいましたが、
やはりそこも魅力なのかも!

思っていたストーリーと全然違ったので
ホント衝撃的だったなあ。
でも惹きこまれて一気に読んじゃいました!

* by ゆう
これ、読んでみたいと思っていたんです。
あらすじを読んでミステリーと思ってたんだけど、ホラーに近い感じなのかしら。だったら苦手な部類かなぁと思いつつも、「好き嫌いの分かれる作品」なんて言われると、また気になっちゃったりして。

こんばんは * by 読書系女子
向日葵読んじゃったのですね。
コワイですよね~これv-12
道尾秀介さんはホラー作家だったのか!と衝撃でした。
見た目とのギャップが・・
ツイッターでもたまにホラーっぽいつぶやきをしておられますw

Re: ゆう様☆ * by 惺
こんばんは!
自分は最初てっきりミステリーかと思っていたのですが、
実はホラーっぽいです。
すごく面白いって方とうーん、イマイチという方がいて、
ホント好みがわかれる作品なんだなって思いましたね~。
でも読みだすと惹きこまれて一気に読んでしまう
という不思議な作品でもありました!


Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんはー!
> 向日葵読んじゃったのですね。
読んじゃいましたよう~!

> コワイですよね~これv-12
> 道尾秀介さんはホラー作家だったのか!と衝撃でした。
てっきりミステリーかと思っていたから衝撃だった(汗)
怖いというよりも、キモチワルイという印象が強かった…!

> 見た目とのギャップが・・
> ツイッターでもたまにホラーっぽいつぶやきをしておられますw
ホントにビックリですよー、イケメン作家サンが!!
ま、でもそこもきっと魅力なのね。
ホラーっぽいつぶやき…!! 
一体どんなつぶやきなんだろう?

* by igaiga
はろ~ヽ(´∀`*)ノ
igaさんだよ~。
でもでも惺さんと全く同じ感想で笑ってしまいましたよ(会社なのに)
でも、そうなのだ。あたしはこの作品を一番最初に読んで「こういう作品がこの先出てくるのか」と思い
「この作者さんは二度と読まん!」
と思っていたのですが、世の流れに逆らえず、その後も読んでます(爆)

Re: igaiga 様☆ * by 惺
これはこれはigaさーん! こんばんはー(´∀`*)ノシ

> でもでも惺さんと全く同じ感想で笑ってしまいましたよ(会社なのに)
いいなあ~くつろいでるな~会社ウラヤマシー!!
え?おんなじ感想だったの?
この作品の読後感は○か×にわかれるようだなあ…。
ホラーなのかミステリーなのか
とっても迷った作品なのよね…でもどっちかっていうとホラーだったのね…。

> でも、そうなのだ。あたしはこの作品を一番最初に読んで「こういう作品がこの先出てくるのか」と思い
> 「この作者さんは二度と読まん!」
> と思っていたのですが、世の流れに逆らえず、その後も読んでます(爆)
自分も多分この後も読んじゃうんだろうなーと。
もっと違った作風のが読んでみたいな…と思いつつ
次は何読もう?と考えているのよね。ヘヘヘ…^^;

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)(2008/07/29)道尾 秀介商品詳細を見る あらすじ(amazonより引用) 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。... …
2012/01/07 22:18  HappyFlowerPopの読書日記
『向日葵の咲かない夏』
道尾秀介 『向日葵の咲かない夏』(新潮文庫)、読了。 次の展開が気になって仕方がなく、一晩かけて一気読みしました。 かといって、楽しく読んだかというと、そうではなく、 なんとも「趣味の悪い」... …
2012/01/08 20:54  観・読・聴・験 備忘録
「向日葵の咲かない夏」 by道尾秀介
夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴え... …
2012/01/10 09:11  ◇◆ igaigaのブログ ◆◇
「向日葵の咲かない夏」 道尾 秀介
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)/道尾 秀介 ¥704 きぃ、きぃ―――。 学校を休んだS君に届け物をしに行った僕。 S君の家の軒先には鮮やかな向日葵と向き合うように、首の伸びたS君が吊るされていた。 「僕殺されたんだ」 生まれ変わったS君の言葉に、?... …
2012/01/10 17:01  自分を大切に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。