05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-24 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編
(2012/02/21)
萩尾 望都

商品詳細を見る

 2月21日発売。
 ツイッターを始めてから知ったこと。それは萩尾望都ファンはかなりいる! それも男女・年齢問わず。特に若い方達に非情な人気があるという……あらためてその偉大さを実感しました! 以下BOOKデータベースより内容。

萩尾望都、初の対談集。70年代の貴重な対話が一冊に。
手塚治虫、小松左京、寺山修司、石ノ森章太郎、松本零士、美内すずえ、水野英子の豪華7名に加え、羽海野チカとの新規対談も掲載!

第1章 手塚治虫  「SFマンガについて語ろう」
 巨匠同士の夢の対談です。
 お二方ともSF作品に造詣が深すぎです。自分がまったく知らない作家の名前がバシバシ登場するする!←あたりまえ(>_<)
 萩尾先生がSFを手掛けることについてかなり賛同されていて、ほぼベタ褒め。女性作家(マンガ家も含めて)がSFを書く(描く)となるとかなり個性的で面白い作品ができるのではないか、という展望と期待を熱く語っていらっしゃいます。
 萩尾先生がなぜ男性を描くのか? という疑問からライトなジェンダー論にまで話が展開してかなり興味深い対談内容。
第2章 水野英子  「私たちって変わり者かしら」
 対談相手が女性とあってかなりリラックスムード。萩尾先生がマンガ家になったきっかけ・影響を受けたマンガ家など、知られざるエピソード?が次々爆露。初期代表作「ポーの一族」誕生秘話もあるゾ!
第3章 石森章太郎  「SFの話は延々尽きない」
 こちらも巨匠。故・石森章太郎氏との対談。やはりSFがメインテーマに。それともうひとつ。萩尾先生が大好きだったという「サイボーグ009」の話に花が咲きまくり!
第4章 美内すずえ  「親愛なるモー様へ」
 プライベートでもかなり仲が良いとのこと。そんな2人の出逢いから、マンガ家をずっと続けていきたいか? などご自身の生き方についてざっくばらんなお話が満載。
第5章 寺山修司  「月で修学旅行の案内係」
 意外なカップリングだなと。一時期お仕事を一緒にされた縁なのだそうで。キリストとユダの妖しい関係? とか吸血鬼論?とか。ちょっと変わった話題が楽しい。
第6章 小松左京  「絵の理想型とは?」
 SF界の重鎮である、故・小松左京との対談とあれば、やはりテーマはSF……と思いきや、意外や意外。女性マンガ家は婚期が遅れる・主人公の服装とその時代──などなど意外な話題が飛び出す飛び出す。あの中原淳一や日本沈没などの話題もあって、なかなか充実の対談。
第7章 手塚治虫 松本零士  「マンガ、SF、アニメーション」
 当時の巨匠お2人を前にして、さすがの萩尾先生もちょっと遠慮気味?
 「新人について感じること」や「アシスタントとメシスタント」などなど、ちょっと脱線気味の話題もまた楽しい。またこの頃はアニメーション全盛期であったらしく、それらしいテーマ「SFとアニメーション」の語りがアツい。
第8章 羽海野チカ  「全部、萩尾作品から学びました」
 今までは70年代の対談だったのですが、こちらの対談はホントつい最近のようで。
 で、ハチクロで有名な羽海野チカ先生。たとえ後輩相手といえども、ものすごい謙虚な姿勢に驚き。良いですよねェ~!
 羽海野先生はかなり萩尾作品に影響を受けているらしく、ちょっとしたシーンも過去の萩尾作品と類似しているモノがあったりして。難しい背景を描くことについてなど、技術的な話もバシバシ出てくる! まさに「萩尾チルドレン」といった感じですね。

 かなり内容濃くて面白い。ご本人はかなりサバサバした方なのですね。ちょっと意外でした。
 対談した70年代というのは、女性マンガ家がSFを描くことがかなり画期的だったようで、必ずその話題があがりました。そのパイオニアとして活躍された萩尾先生(アレ?いつの間にか先生呼ばわりだし…)。各界の巨匠も一目置いていたという、素晴らしい才能なのですね。納得です。
 ファン必携の1冊? 読んで損は無いと思うな~。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 萩尾望都
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

おじゃまします。 * by まいまい
この本!
本屋に行ったら売ってたので、
本当に久しぶりに衝動買いしました。
ツイッターでつぶやいてらっしゃいましたよね。
私の脳は相当うらやましかったらしい(笑)

もうもう!堪能しました。
どの対談もすごいんですが、
私は寺山修司さんとの一風変わった対談が
とても面白かったです。
寺山さん、萩尾さんに興味津々という感じで、
かなり、ちょっかいだしてる(笑)
月で修学旅行とか、
キリストとユダの話とか
なかなかこういう話は聞けませんよね。

しかし萩尾先生(!)ってすごい。
この帯のイラスト一枚の破壊力にまいった!

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
本屋サンにかなり目立つ位置にありますよね!
ちょっと嬉しくなったりして。

> もうもう!堪能しました。
> どの対談もすごいんですが、
> 私は寺山修司さんとの一風変わった対談が
> とても面白かったです。
> 寺山さん、萩尾さんに興味津々という感じで、
> かなり、ちょっかいだしてる(笑)
> 月で修学旅行とか、
> キリストとユダの話とか
> なかなかこういう話は聞けませんよね。

確かに!
寺山さんと萩尾さんっていうのはものすごく
珍しい組み合わせですよね。
対談相手の方々もものすごく豪華で
贅沢な1冊だなあと。

> しかし萩尾先生(!)ってすごい。
> この帯のイラスト一枚の破壊力にまいった!

わはは! ホントにそう!
絵があまり変わらないのも魅力のひとつかなって思いました。
昔の作品も載っていたけど、
やっぱり巧いですよね。改めて尊敬しました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。