09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-29 (Wed)

 いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
 ご訪問本当にありがとうございます!

 2月も最終日の今日、自分の地元&職場地域は大雪でした。
 積もる雪っていうのはやっぱ全然違うんですね。細かくて勢いあって、みるみる間に辺り一面雪景色になっちゃう!
 傘をさしていても、その傘にどんどん積もっていって、重いったらありゃしない~(>_<)
 ……と、そんなこんなで明日からはもう3月。早すぎです~(泣)

【仏果を得ず】三浦しをん
 3月の初っ端は三浦しをんサンで。エッセイではなく小説で。
 文楽をテーマにした一人の青年の成長譚でした。分かりやすさと清々しさがマッチした良作でした。
【ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ】金井美恵子
 ついったで話題になっていた作品。タイトルといい、ジャケットといい、とっても素敵だなと思って一目ボレ。
 で、内容はというと…まるでコラージュ! と言った感じ。←わからないよね…。
 独特な文体なので読みにくいかもしれないけれど、一風変わった作品でした。超・個性的!
【昔話の深層─ユング心理学とグリム童話】河合隼雄
 グリム童話を心理学的見地から読み解こう! というコンセプトなのかな?
 グリム童話に隠された裏のテーマなど、かなり読みつくされた感じがするけれど、こちらの作品はその道の専門家が解説しているだけあって、かなり説得力があったように思えた。
【翼をください】原田マハ
 ツイ友サン大絶賛ということで挑戦してみました!
 かなりブ厚かったけれど、読み始めたらなんのその! 面白くて一気読み。航空エンタメなのだけど、わかりやすくて感動するする! 涙腺崩壊しっぱなしでしたー! その昔に女性パイロットがいたという事実に目からウロコでした(>_<)
【マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集1970年代編】萩尾望都
 これは以前からかなーり期待していた作品! 期待通りの面白さ&貴重さで大満足のうちに読了!
 萩尾望都サンをお相手に、各界の巨匠たちとのアツい対談。読み応え有りすぎでしょ!
【ナボコフ全短篇】ウラジーミル・ナボコフ
 図書館に予約入れて約4ヶ月。ようやくお迎えしたのに読了ならず…無念すぎでしょ(泣)
 辞書並みのブ厚さゆえ、気合い入れて読んだけれど時間切れ~。しかし、途中までであっても、各短篇はかなり面白い!
 代表作ともいえる「ロリータ」とは真逆の正統派文芸作品でした。
【ラピスラズリ】山尾悠子
 新聞で知った作者サンとこの作品。もうとっても読みたくなってすぐさま購入!
 幻想文学をお得意とするとのことなので期待値大でしたね。ひとことでいうならば、まさに幻想文学。
 不思議な読後感でした。皆川博子サンの短篇集「少女外道」とちょっと雰囲気が似ているなあ…というのは、あくまでも個人的感想。

 その他小説以外では、
【BRUTUS (ブルータス) 2012年 3/1号】マガジンハウス  【バルバラ異界3】萩尾望都 【NO.6 toi8デザイン&アートワークス】 
 の3誌がかなり面白かった。
 2月の特に後半は私事が忙しく、あまり読めなかったのが残念。手軽に読める雑誌・マンガに走ってしまったしね。
 あと、どうしても自分のシュミの本に偏りがちなので、そこらへんをどうにか…ね。
 今気になっているのが窪美澄サンの新作。タイトル忘れちゃったけど、面白そう!
 3月も仕事が忙しくなりそうなので、更新どうかなあ? できれば今までどおりのペースを維持したいなあ!
 と、またもダラダラと。いかんいかん! どうぞ3月もお暇な折にはこのブログ、覗いてやってくださりませ(*´ω`*)


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 読んだ本。 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。