08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-05 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼紀子

商品詳細を見る

 最近よく耳にするタイトルなのと、書店での平積みがかなり目立っていたので思わず購入。以下BOOKデータベースより内容。

謎多き笑顔のオーナー・暮林と、口の悪いイケメンパン職人・弘基が働くこの店には、
パンの香りに誘われて、なぜか珍客ばかりが訪れる……。
夜の街を徘徊する小学生、ワケありなオカマ、ひきこもりの脚本家。
夜な夜な都会のはぐれ者たちが集まり、次々と困った事件を巻き起こすのだった。  

家庭の事情により親元を離れ、「ブランジェリークレバヤシ」の2階に居候することになった
女子高生・希実は、“焼きたてパン万引き事件”に端を発した失踪騒動へと巻き込まれていく…。
期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。

 何の予備知識無く読んだのですが、予想以上に面白かった&感動しました! いやあ、ホントにビックリしました。おもわず一気読み。
 タイトル通り真夜中に営業しているパン屋が舞台。オーナーの暮林は30代後半の穏やかで優しげな人物。イケメンパン職人の弘基は元ヤン。そんな2人が立ちあげたパン屋に、ある日突然女子高生・希実が居候として転がり込んでくる──。

 という導入部に掴みはOK。希実もまたこの作品のメインキャラの一人となるわけだけど、その彼女の家庭環境もかなり複雑。
 幼いころから生活能力のない母親によって親戚中を、はたまた友人中をたらいまわしにされて育ったきた希実。学校ではイジメに遭い自然と心を鉄壁の如く閉ざして、少し歪んで成長してしまったと自認している強気な少女という設定。
 この作品、何と言っても登場キャラクターがとてもユニークで超・個性的。そして皆それぞれ何かしらの秘密持ち心に傷を持っている。
 父親溺愛の母親に育てられたこだま少年はネグレクト、部屋に夥しい数の望遠鏡を備え、覗き&ストーカー趣味のあるシナリオライター・斑目は繊細で空気の読める変態、オカマのソフィアに、最愛の妻・美和子を亡くして心にとてつもない喪失感を抱いたままの暮林に、その美和子に密かに心寄せていた弘基。

 そんな愛すべきキャラたちが、パン屋・ブーランジェリークレバヤシに何故か集まり心を癒してゆく。人と人との繋がりと触れ合いを求めて訪れる孤独な人々。そんな彼等を美味しいパンが空腹と共に心まで満たしてくれる描写がとても優しくて温かい。
 ポプラ文庫だから児童書かYAなのかと思っていたけれど、そうではないような気がする。充分大人が読んでも面白い。
何故なら、安易なハッピーエンドにしていないからだと。

 希実を置き去りにしたまま失踪した母親はそのまま行方知れずだし、こだま少年の母親も、まだ頼りなくて完全に母親業を復活できるのかどうかも判然としない。変態斑目は変態のままだし、オカマのソフィアも相変わらず。美和子を巡って恋敵どうしの暮林と弘基の関係も今後どうなってゆくのか。
 迷いながらも、それでも生きてゆくキャラ達。そんな人間臭さにちょっと共感。

 シリーズ化決定のようで。次の話もとっても期待! 読了後思ったのが、これは実写化してもイケるんじゃないかと。パンなんか番組とタイアップすればものすごく売れそうな気がするし。希実はなぜか北乃きいサンを連想しちゃったしね。こだま少年は今人気の鈴木福クンなんかいかがでしょう? オカマのソフィアははるな愛サンで。←この方しか思い浮かばなかった! イケメンの2人は誰でもいいかー的な(笑)

 久しぶりに読みながら涙腺が崩壊してしまいました。突っ込みドコロもあるけれど、素直に良い作品だと思いましたね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 大沼紀子
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

* by 潤
惺さん、こんばんわ!
祝!まよパン読了!!
たくさんの人間ドラマが散りばめられた1作ですよね。
生きてるって感じ。
健気なこだまがめちゃ可愛い~。
あとこれ読むとパン食べたくなります。焼きたての!

TBさせていただきました☆

Re: 潤様 ☆ * by 惺
潤サン、こんばんは☆

確かに皆一生懸命生きてるってカンジがしてものすごく共感。
安易にハッピーエンドじゃないところも良いなあって。

こだまクンはもう…ネーミングも良いし、文句なくお気に入りキャラだ!
パンね、食べたくなるなる!
美味しそうでホント困った。イケメンが作るパン…じゅるッ←コラコラ!
自分もTBさせていただきますね!

* by ひいち
こんにちは☆

惺さん絶賛!
と、いう事で、読みたい本リストにメモメモ・・・!!!
ポプラ文庫ということは若者向け?
読みやすそうですね^^

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんにちはー!
もうかなりおススメかも~!
自分も最初は児童向けかYA(ヤングアダルト)かと思ったら、
充分大人が読んでも面白いよ~。
個性豊かなキャラたちの人間ドラマが面白くて泣ける…!
ぜひぜひどうぞ~♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「真夜中のパン屋さん」 大沼紀子
真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫) 大沼紀子発売元: ポプラ社価格: ¥ 651発売日: 2011/06/03 おすすめ:★★★☆☆ だって悲しいは、いっぱいあるし。 だから楽しいを、たくさん拾って集めなきゃ。 都会の片... …
2012/03/05 18:42  感ジル想イ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。