09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-31 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)
(2012/01/25)
津原 泰水

商品詳細を見る

 四谷シモン氏のジャケットといい、内容といい、かなり期待していた作品。以下BOOKデータベースより内容。

造形家である木根原の娘・理沙は、九年前に海辺で溺れてから深昏睡状態にある。
「五番めは?」彼を追いかけてくる幻聴と、モーツァルトの楽曲。
高速道路でありえない津波に遭遇し、各所で七本肢の巨大蜘蛛が目撃されているとも知る。
担当医師の龍神は、理沙の夢想が東京に〈砂嵐〉を巻き起こしていると語るが・・・・・・。
『綺譚集』『11』の稀代の幻視者が、あまりにも精緻に構築した機械仕掛けの幻想、全3章。


第一章 バレエ・メカニック
第二章 貝殻と僧侶
第三章 午前の幽霊


 最初は耽美・幻想小説の類かと思っていた。しかし、帯の惹句や書評によると実はSFにカテゴライズされ、しかもサイバーパンクであるとのこと。さらにかなり難解であるとも。
 なのでとても手こずる作品なのだな、と理解して心して挑みました。
 が、予想に反してとても読みやすかった。解説に冒頭、特に第一章は完全なるシュルレアリスム(超現実・不条理な世界、事物のありえない組み合わせなどを写実的書いたもの)であるとしてるが、まさにその通りだなと。

 第一章のメインキャラは造形家・木根原。娘である理沙は9年前から大脳を損傷して昏睡状態にある。
 その木根原がある日突然あり得ない津波に遭い、さらに東京中が奇怪な物体なよる襲撃に晒される。それらの現象は実は大脳を損傷している理沙の脳内で繰り広げられている「夢」=「理沙パニック」であり、東京自体が彼女の「脳」となる……というまさに「超現実」の世界が展開し、父である木根原はなんとかして娘・理沙に会おうとする。
 その手助けをするのが、もう一人のメインキャラである理沙の主治医・脳外科医である龍神。
 彼も溺愛していた自分の分身ともいえる姉・金糸雀を少年時代に亡くして以来、彼女を追い求め思慕を募らせているという複雑な人物設定。その2人が幻のような存在である理沙を追い求めてゆく──というのがメインストーリー。

 あり得ない現実とリアルな現実が巧妙に入り混じり混沌とし、見事なコラボで読んでいて幻惑させられてしまう。
 第二章は主に龍神の生い立ちが語られるのだけれど、彼と姉・義兄との淡く禁断の関係などは耽美小説を彷彿とさせる。そして一転して行方の知れない理沙の手掛かりを求めて木根原と龍神が奔走する後半ではまるでミステリー&サスペンス的な面白さ。父が最愛の娘の手掛かりを知る第二章ラスト部分では思わず感動で目頭が熱くなる。
 次々と登場するキャラたちはそれぞれ魅力的でありミステリアス。特に魅力的なのが少年たち。木根原と関係する謎多き少年・トキオに少年時代の龍神。憂いていながらも強靭な信念を抱き、けれどそれぞれが母に姉に深い思慕の情を抱いている。そんな複雑な魅力を醸しだしている少年達を男性作家が描いていることに少しばかり驚いた。いや、男性作家だからこそ描けるのか? けれど反対に女性キャラが少しばかり薄い感が否めなかったけれど。

 そして驚愕の第三章。これぞこの小説の真骨頂というべきか。まさにSF、しかもサイバーパンクなのだ。自分的には一番難解だった部分。
 設定としては「理沙パニック」から40年後。理体(軀)とヴィラージュ(意識)を別個に切り離せるエレクトロキャップが使用されている世界。「理沙パニック以後」という言葉が出来るくらいに、理沙の存在は「不死」の象徴としてある意味神聖化されている。そんな世界にヴィラージュ・ドードーとして生きる龍神とヴィラージュ・エディスとして生きるトキオがメインとして活躍し、龍神に雇われたトキオに命じられたのは、なんと理沙の殺害。
 エレクトロキャップというガジェットを効果的に使用して自在にヴィラージュ(意識)を飛ばす2人の描写が圧巻。

 白眉なのが、各章のラスト数行。謎と共に次章への関連を思わせ、そして強烈なノスタルジーを感じさせる。
 耽美・幻想・禁断・不条理そしてSF。全てがぎっしりと詰まっていながらまったく破綻していない。そしてなによりこの作品の根底に流れているのは、物悲しさと愛情なのかなと。
 姉であり母であり娘である、最愛の人を失った哀しさが痛烈に行間から溢れてくるのが、この作品を無機質なSFにとどまらず、哀切に満ちた稀有なものとしているのだと思った。この作者の他の作品も是非読んでみたい。個人的に名作。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 津原泰水
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。