09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-04-26 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

死の迷宮 (1979年) (サンリオSF文庫)死の迷宮 (1979年) (サンリオSF文庫)
(1979/05)
フィリップ・K.ディック

商品詳細を見る

 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」で有名なフィリップ・K・ディックの作品。自分所有のモノは幻のサンリオSF文庫版。わりとマイナー作が収録されているというある意味貴重な代物。以下BOOKデータベースより内容。

目的も知らされず、未開の惑星デルマク・Oに送り込まれた14人の男女。使命を告げるはずだった通信はメッセージの受信中に途切れ、やがて一人また一人とメンバーが殺されはじめた…。謎めいた建造物が聳え、物質をコピーする生物が俳徊する、この星に閉じ込められたまま、彼らは狂気に蝕まれてゆくのか。ディックがつむぐ、逃げ道なしの悪夢世界。

 予想外の面白さ! 内容にあるとおり、目的も知らされずに謎の惑星デルマクー0に送り込まれた14人の男女が繰り広げる人間模様。外界との通信手段は断絶し孤立無援の状態に陥った彼ら達がとった行動とはなんと殺人!
 まるでバトルロワイヤルの様相を呈していくのだけど、そこに謎の建造物が絡んだり絶対的神の存在としてのスペクトスキーと、その著作「ザ・ブック」が効果的に使われたりしてガジェットの妙が冴える。まるで聖書のようなその書物を心の拠り所として、デルマクー0の謎に挑んでゆく14人──。

 次々に殺されてゆく仲間達。一体誰が誰を殺してしまったのか? 
 疑心暗鬼に怯えながらも少ない手がかりを頼りにデルマクー0の謎とそれに絡む地球の真の目的を解明しようと奔走する。SF+ミステリー+サスペンス的要素が詰まって飽きさせない。展開のスピードとしては少しもたつく感じも否めないのだけど、個性的なキャラクター達(これがまた皆ダメダメ的な……)がまた愉快で思わずページをめくっちゃう!

 終盤、生き残ったメンバーは半分以下となってしまい、いよいよ謎の建造物の秘密が明かされようというその瞬間、なんと驚愕の天変地異が起こって(もちろん事前にプログラミングされていたのだけど)全員がお亡くなりになってしまうとか……!
 で、さらに驚愕のラストにはもうもうこうきたか~と目がウロコ。今で言う、まるでゲーム展開なのでした。詳しくは申しませんが。
 すべてが明らかになる謎。長年抑圧された集団の深層心理の恐ろしさをなんとか食い止めようと編み出された手段。心理学的な要素もちょこっと含んで、鮮やかな、それでいて読後感よろしいオチに驚いてしまったのでした。
 ちょっと珍しいマイナー作? しかし、予想外の面白さに満足な1冊でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : フィリップ・K・ディック
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。