07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-09 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

地名に隠された「東京津波」 (講談社プラスアルファ新書)地名に隠された「東京津波」 (講談社プラスアルファ新書)
(2012/01/20)
谷川 彰英

商品詳細を見る

 タイトルに惹かれて購入。「東京津波」とは何ぞや? しかもそれが地名に隠されているとは? 興味津々で読了。以下BOOKデータベースより内容。

◇東日本大震災により、東京湾でも船橋に2.4mの津波が襲い、浦安は大規模に液状化した。東京にもっと大規模な地震や津波がおそったらという想定は、ありえないものではない。この機に地名研究家である著者は、東京の高低を記した古地図を入手。そこで改めて、東京が起伏の多い地形であり、いまそれが高層ビルの乱立や地下鉄による移動などで見えづらくなっていること、また、山の手と下町で「山」「丘」「台」、「川」「橋」「江」など地形や水に関する地名が多いことなどを確認した。
◇そこで本書では、東京の古地図をじっくり見て、著者の地名についての蘊蓄も傾け、各地域の高低差や土地利用などから、もし地震や津波がおそったときに危険な場所、安全な場所を指摘しようとする。
◇たとえば「水に関わる地名の場所は、危険度が高い」。渋谷、千駄ケ谷や日比谷は谷、深川も品川も小石川も川。浅草は浅い草が生えた湿地で、早稲田は田んぼ。飯田橋、水道橋みな低地。池袋はいま高地にあるが、もとは低地の地名。代官山や戸山は高地で、より安全。また古地図からみると、もともと海、砂地、河川敷、新田だったところで液状化が起こっている。
◇さらに、本書は、江戸・東京の立地や過去の震災の歴史から、東京が震災に耐えてきたものの、「砂上の楼閣」であることも改めて指摘する。
◇東京の高低図に照らして地名を探りながら、東京の地形と地名の安全度、危険度、震災への心構えを、読者に「立体的に」また「蘊蓄をもとに」気づかせようというのが、本書のねらいである。


第1章 東京湾を巨大津波が襲ったら──
第2章 土地の高低感を忘れた東京人
第3章 東京の低地地名からのメッセージ
第4章 東京都心部の危険地名からのメッセージ
第5章 東京の谷地地名からのメッセージ
第6章 安全な町はどこだ?
第7章 東京は生き残れるか

 な、長い……(>_<)
 が、まさに本書は上記の「内容」のとおり。
 「東京津波」がもし起こったら──という一種のシュミレーションだそうです。将来的にあり得なくはないのかもしれないけれど、イマイチ現実味に欠けるかなあ……と思いながら読んでました。別に「東京津波」云々がなくても、地名の由来を知るという意味では充分楽しめました。端的に言うと「水や海や川を連想するような土地(地名)は限りなく危険」ということです。素人目では見落としがちな昔ながらの地名を深く掘り下げて解明してゆくという、一種の解説本として楽しく読みました。

 自分的にはかなり面白かった。埋立地や低地の地名の詳細な由来とその危険度とか、津波に強い安全な土地はどこか? など目からウロコの解説ばかりでなるほどなと。現在では変わってしまった地名も多々あるので、大正時代の古地図と比較しながら危険な地名を解説してゆく点が面白い。
 読了してつくづく思ったのが、東京は予想外に脆い土地なのだなあということ。むろん東京湾を控えているせいなのだけど、埋立地が意外と多いことにも驚き。そして今も残る地名がほとんどその土地の特性を捉えてつけられたものなのだということにも納得。

 「3.11以降」というタイムリーな時期を逃さないように出版した感がなきにしもあらず。ちょっと狙いすぎてるかな? と思いながら、雑学を仕入れるという軽いスタンスで読みました。しかし、ここで指摘されているいわゆる「危険地帯」に住んでいらっしゃる人々は一体どうすれば……なんて余計なことまで考えてしまったよ(>_<)


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 地名に隠された「東京津波」
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
.@yonda4 4062727455[地名に隠された「東京津波」 (講談社プラスアルファ新書)] 谷川彰英
本題に入る前に、野球関連では月曜日に日ハムの栗山監督がドラフト一巡目で指名した大谷翔平投手(花巻東・岩手)&ご両親と入団交渉。本人の気持ちは入団の方向へ動いたのか、やっ... …
2012/11/28 07:29  ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。