09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-09 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

幻影の書 (新潮文庫)幻影の書 (新潮文庫)
(2011/09/28)
ポール オースター

商品詳細を見る


 ジャケ画がかなり好みだし、インパクトあるなあ。
 以前から気になっていたタイトルと作者。偶然図書館にあったので即借りてみました。以下BOOKデータベースより内容。

その男は死んでいたはずだった―。何十年も前、忽然と映画界から姿を消した監督にして俳優のヘクター・マン。その妻からの手紙に「私」はとまどう。自身の妻子を飛行機事故で喪い、絶望の淵にあった「私」を救った無声映画こそが彼の作品だったのだから…。
ヘクターは果たして生きているのか。そして、彼が消し去ろうとしている作品とは。深い感動を呼ぶ、著者の新たなる代表作。

初ポール・オースターでした。タイトル的に幻想的な作品を想像していたのですがまったく違いましたね。一人の大学教授ととある俳優との奇妙で不思議な絆の物語。片や不慮の事故で家族をすべて失い、片や突如として映画界から疾走した俳優兼監督。この二人の濃密な半生が語られていて中盤からは一気に読めた。

 妻と子供を亡くし失意の底にあったジンマーは偶然にもへクター・マンという俳優の映画を観る。それによって「笑い」を取り戻し、悲しみから復活を遂げる。憑かれたようにヘクターの映画に魅せられて彼についての書籍まで書きあげてしまった彼の許に、ヘクターの妻を名乗る女性から招待の手紙を受け取る──。不審がるジンマー。なぜならヘクターは1929年以降50年にも渡って消息不明となっていたからだ。

 ……と、ここからが本書の真骨頂というか醍醐味。
 自身が書きあげたヘクターに関する書籍が元で、知らぬ間に彼の失われた人生へと深く関わっていかざるを得なくなるジンマー。さらに彼を迎えにきた少しミステリアスな女性との恋愛、その彼女から語られる失踪中のヘクターの波乱万丈の人生──等々起伏あるエビソードがてんこ盛りでページをめくる手が止まらず。
 特にサイレント時代の映画界におけるヘクターが手掛けた12作品についてはリアリティがありすぎる。現実にこの作品あるのかな? と思ってしまうほどのディティールのこだわりに瞠目。ただ、あまりにもその記述部分が長すぎて自分的には少し飽きもあったり。もう少し刈り込んでも良かったんじゃ……? と思ったのは個人的感想。

 俳優ヘクター・マンの劇的な人生。彼が犯した罪と贖罪。その逃避行的ストーリーが自分的には一番楽しめた。
 ラスト、彼が制作した「マーティン・フロストの内なる生」という映画の件も自分的には読むのに辛かったかも。でもこの作品が後半重要なガジェットとなっているのでそのリアリティもある意味素晴らしい。
 全体的に静謐で淡々と進むストーリー。俳優と教授の人生がふとしたことで交錯し深く影響を受け合い与えあう。そして彼らに絡む女性の生きざまも哀しくやるせない。
 重厚で静かな、そして作者の強いこだわりを感じさせる作品でしたね。作者サン、他にも気になる作品が目白押しなのでまた挑戦してみたい! 「オラクル・ナイト」とか「ムーン・パレス」とか。タイトルがめっちゃ好みなのだよね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ポール・オースター
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

オースター、キター! * by Medeski
オースター、正直な話、私は苦手でして、特にニューヨーク三部作は「待て、……何が書きたい?」とブッ飛ばされただけなのですが、ムーンパレスは力作でした。レヴューでも書いたのですが、日本人には書けない青春が描かれていました。オススメです。

Re: Medeski 様☆ * by 惺
こんばんは!
苦手な作家…なんだかわかる気がします。
結構こだわり強い作家ですよね。自分も正直流し読みするシーンがいくつか…。
この作品も映画に関する記述はかなり詳しすぎてちょっと辟易気味でした(笑)
「ムーン・パレス」は評判良いのですね。ふむふむ。
次はこの作品に挑戦してみまーす!
おススメありがとうございます。

* by 瀬川レナ
この本、大分前に買ったのですが未読で・・・
惺さんの感想、参考になりました(´▽`)

Re: 瀬川レナ様☆ * by 惺
こんばんは!
思っていたよりも難しい作品でした。
もっとサクサク読めるのかな? とタカくくっていたら
とんでもなかった……(>_<)
ぜひぜひ挑戦してくださーい!

オースター * by サラママ
小島小陸さんでお邪魔したことがあります。
ポールオースター
う~「テインプクトウ」を読んでみてください
ワンコをこよなく愛する人も、そうでない人も、
いい本っです。

Re: サラママ様☆ * by 惺
こんばんは!
コメントいただき嬉しいです♫
「テインプクトウ」今調べたのですが、
なかなか感動作のようですね。
「オースターの最高傑作ラブストーリー」
との惹句が!
犬の視点からの人間模様的な話?
チェックさせていただきます。
おススメ本、とってもありがたいです。
自分の趣味本ばかりだとどうしても飽きがきてしまうので…
感謝!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。