10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-13 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
(2010/04/24)
松岡 圭祐

商品詳細を見る

 またも図書館で無事借りることができた本。 人気作だからめったにお目にかかれないのに! 早く読みたくて一気に読了。以下BOOKデータベースより内容。

『週刊角川』記者・小笠原は途方に暮れていた。わずか2日で、コンビニの弁当は数千円から数万円に、JRのひと区間は九千円以上になり、いくら金があっても足りないのだ。従来のあらゆる鑑定をクリアした偽礼が現れ、ハイパーインフレに陥ってしまった日本。
だが、まだ万能鑑定士・凛田莉子の鑑定がある!パーフェクトな偽礼の謎を暴き、未曾有の危機から国家を救うことができるのか!?

 前作のラストがとんでもなく非現実・スケール大になってしまったので、本作でどうラストのオチがつくのか楽しみにしておりました。
 ハイパーインフレに陥ってしまった日本。精巧な偽札が出回り、経済は破綻して国内はパニック状態に。そんな状況の中で一体莉子はどうやって事件解決&犯人に迫っていくのか。沖縄に犯人が潜伏しているらしいとアタリをつけた莉子は一路故郷へと向かうのだけれど……そこでも立ちはだかるのがハイパーインフレの余波。散財激しく無事故郷にたどり着いても実のところ犯人に結び付く手掛かりは皆無。しかし、意外な事実が判明して再び東京へ。

 ここからが怒涛の展開でした。忘れかけていた力士シールが登場するし、え? あの人が? あの店が? とすっかり自分的に完結していたキャラが関係していたりと、うーん、こう来たのか! と正直驚きました。これはⅠとⅡでセットストーリーなのねとしみじみ。
 あわや国際規模へと発展しかねないところまできてしまった経済破綻終息のオチもそうくるのか~!! と正直あ然茫然。しかしリアリティある(と自分には思えた。経済よくわからんし)設定と構成でもちろん納得。Ⅰからずっと伏線が張られていたのねとラストにきてわかるというオチの巧さ。
 読み始めたら止まりませんでした。前半の沖縄エピソードはちょっと長いかなー? と思いながらも莉子と故郷の人々とのハートフルな関係にほっこり。その部分もこの作品の魅力だよねーと楽しみながら読了しました。はやく次読みたいし!
 ラスト、犯人が莉子に送るはなむけの言葉に思わずジーンとしてしまった。巧すぎだよね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 松岡圭祐
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ
 超美人の万能鑑定士・凜田莉子が、週刊角川の記者・小笠原悠斗と事件の謎に挑む「万能鑑定士Qの事件簿」(松岡圭祐:角川書店)の第2弾。この巻は、事件簿Ⅰの話の続き ... …
2012/10/14 21:38  本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。