08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-24 (Sun)

ご訪問ありがとうこざいます☆

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る

人気作の第3弾。相変わらずジャケ画が美麗です。まあ、ホントに人気なのですね、実感しました。なんせ自分が買ったのは書店で平積みされている最後の1冊……ギリギリセーフ! 以下BOOKデータベースより内容。

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。
すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。
美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。


プロローグ 「王さまのみみはロバのみみ」
第一話 ロバート・F・ヤング 「たんぽぽ娘」
第二話 「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
第三話 宮澤賢治「春と修羅」
エピローグ 「王さまのみみはロバのみみ」

 前二作とテイストはほぼ変わらず。今作も栞子サンの推理はかなり冴えまくってますが……自分的にちょっと飽きがきてしまったのも確か。
 今回は栞子サンと母親との確執&切っても切れない絆(良い意味でも悪い意味でも)がかなり前面に押し出されているなあ……との印象が強かった。謎めいた栞子の母親・智恵子の人物像がだんだんはっきりし始めて、今後栞子や妹・文香との絡みがどうなってゆくのか気になるところ。特に文香が何か鍵を握っていそうな雰囲気がぷんぷんとしてしまったのですが……エピローグ読む限りでは。あまり深く考えなくて良いのかなあ? 栞子と違って文香は母親に対してあまりマイナスイメージ抱いていないようだしね。ううむ、今後の展開が気になるわ。

 ということで、今回もものすごくマニアックな古書に絡む人々との繋がりと、大切な本と人との絆が描かれてました。
 それぞれストーリーが凝っていてなるほど! と思うところも多いのだけれど、自分的にはもう少し起伏に富んだ展開を望みたいなと。
 で、ちょっと違和感あったのが第一話で、母親に良からぬ感情を抱いていたライバル古書店の井上にしても、娘にまで同じように悪感情をぶつけなくてもよいのにと思ってしまったり。本盗人の正体があまりにもええ? っと意外な人物すぎたのでうーむ、これは……ちょっとこじつけ? と思ってしまう部分も。←自分の読みが浅いのかもしれぬ。

 故人の蔵書に絡む遺産相続とか、ちょっと似たテイストの話も多くなってきたような気もしないではないし。
 ただ、やはりすごいのは稀覯本に対する知識の深さとそれを巧くストーリーに仕立ててしまう作者のアイデアにはね、もう脱帽です。
 少しずつ栞子と大輔の仲も進展しつつあるようで。そこもまたもどかしくも微笑ましいところ。4巻ではさらなるドキドキの展開を期待したいゾと。
 自分的にポイント高かったのは、見返しの栞子一家のイラスト。なるほど、こんなカンジなのか! とちょっとニンマリ。
 謎めいた母親・智恵子が今後どうビブリア古書堂に絡んでくるのかも楽しみだなー。 


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 新刊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 三上延
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いつものことながら、過去記事に失礼します。 * by まいまい
読みました~!楽しかった!
いろんな親子がいますね~。
第2章の母親も相当だけど
後味よく終わってよかった。

宮澤賢治の「春と修羅」の本物が見てみたいです。
こんなエピソードがあるとは知らなかった。
そっちの方向で興味を惹かれちゃいますよね。

でもそろそろまとめてほしいような気もします。
自分的に、母子の確執がちょっと重いです。



Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
この作者サンはものすごく古書に詳しいなっていつも感心&驚きです。
その知識を巧くストーリーとしてまとめてしまうのだからさすがだなって思います。
栞子と母親との確執?が今後の展開のポイントとなるのかな?
謎めいた母親に興味津々です。
「春と修羅」ってなかなかお目にかかれないですよね。
この本読んで初めて知りました。気になる~。
次作ではぜひ親子の和解?を期待したいところです!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。