09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-07-02 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

 ひさしぶりの紅玉いづき。前作の「ガーデン・ロスト」がものすごくよかったので、評価の高いこの作品に挑戦。以下BOOKデータベースより内容。

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。

 面白かった! 想像以上にファンタジーで感動的。後半になるにつれ涙腺崩壊でたっぶりと泣かせていただきました。
 魔物とか魔法とか聖騎士とか、ファンタジーの雰囲気がプンプンと! で、 冒頭の、自らミミズクと名乗る少女の壊れっぷりか゜かなりインパクトあって一気に惹き込まれた。
 森の奥深く。かつて人間の裏切りによって人間嫌いに陥った美しい夜の王と、額に焼印を押され手足を鎖で繋がれた奴隷の少女ミミズクとの最初の出逢いのシーンがとても幻想的で美しい。
 その少女ミミズクと王の使者の如き魔物のクロ、そして森を支配する夜の王フクロウの3人が織りなす前半のストーリーがまさにファンタジック。上質なおとぎ話といった雰囲気。時代も国もはっきりわからない。人間世界から完全に隔離された森の中でミミズクとフクロウが少しずつ少しずつ不器用ながらも心を通わせてゆく過程が丁寧に幻想的に描かれていて巧いなあと。

 知恵が足りないミミズクがたどってきた悲惨な奴隷生活。その生い立ちを何気ない風で聞いていながらも、実は心を痛めていたフクロウの優しさ。崩壊寸前まで追い詰められていたミミズクの心をゆっくりと癒してくれる森の生活が、おどろおどろしい雰囲気を湛えながらも、なぜか温かく感じられる。

 そんなほのぼのとした前半とはうって変わって後半は怒涛の展開に。
 フクロウとミミズクの住む森はとある王国の一部であり、統治する国王がフクロウの持つ偉大な魔力を欲したために捕えられてしまう二人。
 王国に保護され初めて人間らしい生活を与えられたミミズク。そこで精神的に成長した彼女はようやく気付く。自分はフクロウを愛していたのだと。
 城の奥深くに捕えられたフクロウを救出に向かうミミズクの活躍が強くて勇ましくて鮮やか! 愛を知ったミミズクに怖いモノなし! そんな彼女に手を貸すサブキャラクター達も個性豊かで優しい人物たちばかり。
 自分的には四肢が不自由な王子・クローディアスがお気に入り。初めて得た友、ミミズクのために一肌脱いじゃうところがね男らしいぞ! 不自由な身体でありながらも王子としてのプライドを持ち、ありのままの自分を受け入れて欲しいと願う彼とミミズクが心通わすシーンも泣かせます。

 自我と愛に目覚め、勇ましく自分だけの王子様を救出しに行くヒロイン・ミミズク。ちょっとだけグロさもあるけれど、充分に泣けて感動する正統派ラブファンタジーだなと。女性作者らしい&デビュー作らしい瑞々しさが新鮮。純真で一途で健気で可愛らしいミミズクのキャラ立ちがハンパなかった! ボロ泣きする作品が大好物の自分にとって、かなり好みな1作となりました。面白かったです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : ライトノベル * Genre : 本・雑誌 * Category : 紅玉いづき
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 潤
惺さん、こんにちは!
祝ミミズク読了!!
ブログ拝見しつつ良いでしょ良いでしょふふふ!
って感じでにやけてしまいました。(笑)
気に入って頂けて大変嬉しいです。
何も知らないミミズクはとても痛々しくて、
知ったミミズクは切なく哀しくて…涙が溢れます。
でも知ったからこそ本当の幸福も得られるんだと思いました。

お!ディア好きですか!
それなら続編「毒吐姫と星の石」も是非!
たくましいディアがいっぱい見れますよ!

キタコレ * by Medeski
白痴を上手く描けていましたね。私も驚いた記憶があります。この作者、寡作なのですが、それぞれの作品の質は高いみたいで好感持ってます。っていっても、読んではいないのですが、評判の悪い話は耳にしないので拘って書いているんだろうな、と。

Re: 潤様☆ * by 惺
もうもう面白かったです!
高評価だったのでとても期待してたのですが、
期待以上でした。
ミミズクという少女の成長物語として読んだのですが、
フクロウのさりげない優しさとかね…。
それを知ったミミズクのラストの行動が圧巻でした。
「毒吐姫と星の石」は続編になるのですか?
ミミズクとフクロウは登場しないのかな?
などなど、ものすごくハマり気味。
全作制覇したい…!

Re: Medeski 様☆ * by 惺
こんばんは!
しょっぱなのミミズクはインパクトありすぎ!
でも良いですよ、好きだなー。
この作者サンは2作目ですが、今のところハズレなしです。
…って、メデスキさん、読んでないのですか?
ぜひぜひ読んでみてくださいよー!


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。