03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-07-04 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
(2012/04/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る

 この作家サンの最新作。友人から借りることができたのでラッキーでした。以下BOOKデータベースより内容。

田舎町で瀟洒なレストランを経営し、町中の男を虜にする絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。
周囲からバケモノ呼ばわりされ友達もできない悲惨な日々。そして思い悩んだ末、ある事件を起こしてしまう。追われるように移り住んだ「美女の街」東京。そこで整形手術に目覚めた未帆は、手術を繰り返して完璧な美人に変身を遂げる。そのとき、甦ってきたのは、かつて自分を虐げた町に住むひとりの男に対する、狂おしいまでの情念だった―。


 変則的に放送されるTV番組で、やはり顔の作りにコンプレックスを持った女子達を美容外科医を始め、最新鋭のありとあらゆる医師やエステティシャンを集めて総掛かりで変身させるというものがあったのですが、この作品読了後その番組を思い出した。
 整形前後でかなり変身されたご本人達。皆一様に性格が明るくなったように感じて、ご本人達にしてみればとってもよいことなのだなあ……と漠然と思っていたものだけれど。でも自分的にはそれでいいの? って思う部分もあったりして。

 本作のヒロイン・和子も執拗な整形美人。畸形的とまで言われた元の顔を厭い、執念のごとく美容整形を重ねてゆく。その理由は簡単。かつて自分を貶めた人物達に復讐するためという、不毛で偏執的な執念にも似た思いを抱いて彼女はひたすら突っ走る。
 もう、読んでてどうしても感情移入できなくて。いかにも男性作家の書く話だな、と思いながら要所要所ツッコミ入れながら読んでいました。

 顔の美醜ってそんなに大切なのかなあと考えさせられる。ものすごくディフォルメされて書かれたテーマだとは思うのだけれど、ここまで極端だと逆に滑稽さを感じてしまう。
 和子も可愛そうな人間だとは思うけれど、それ以上に哀れなのが彼女を取り巻く男子達。人間の価値を外見でしか判断できない彼らを、和子を通して実に痛烈に揶揄しているのが実は爽快だったりして。
 なぜか以前読んだ「ララピポ」と同じような後味の悪さを感じてしまった。作者サン、一体どうしたの? って思ってしまったし。

 しかし、毎回まったく違った作風とテーマで楽しませてくれる作者サンの手腕にはひたすら脱帽。
 ただ今作はあまりにもベタな内容で極端にキャラを創り過ぎていて自分的には合わなかった感じがする。
 話題作なのは確かなのだけれど、心に残るかといわれたら、うーんどうなんだろう……と考えてしまう、とても複雑な1冊でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 百田尚樹
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by ひいち
こんにちはー☆
こちらの本気になっていたのですよねー!
惺さんが、複雑というと、また、その複雑な部分を体感したくて(読感か?)また、ますます読みたくなっちゃいますー(>∀<)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
これは…今までの百田サンとは全く違ってものすごく好き嫌いがあるかなって。
どうしちゃったのー? って思っちゃいました。
でも作者サン、いろいろなジャンルの作品を描かれていて凄いなあって。
ぜひぜひ読んでみてくださーい。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
百田尚樹「モンスター」感想レビュー
こんにちは! 百田尚樹さんの「モンスター」の感想です! モンスター (幻冬舎文庫 …
2013/09/05 23:51  嶋津球太のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。