03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-08 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
(2012/02/02)
ジャレド・ダイアモンド

商品詳細を見る


 ようやく下巻に突入。ふー、なかなか専門的で難解な部分もありました。以下BOOKデータベースより内容。

なぜ人類は五つの大陸で異なる発展をとげたのか。分子生物学から言語学に至るまでの最新の知見を編み上げて人類史の壮大な謎に挑む。ピュリッツァー賞受賞作。朝日新聞ゼロ年代の50冊2000年~2009年に刊行された全ての本の第1位のに選定された名著。

 あれ、上の内容、たいしたものではなかった…。
 なぜユーラシア大陸が世界で先進的な進化を遂げたのか。この命題に対する答えはほぼ上巻で出てしまったような気がするので、下巻はいわゆる「まとめ」的な内容だったような。
 自分的に面白く読めたのが以下の章。

第12章 文字をつくった人と借りた人
 人類最古の文字・楔型文字の詳細からどのようにして文字が世界に伝播していったのか。
 我々日本人を見れば一目了然。要は文字を「借りた人」という概念がなかなかユニークで目からウロコ。自分達が使っている漢字も中国からの借り物だもんね。そこから派生してひらがな・かたかなという独自の文字を開発してるし。これはお隣の韓国も同様で、やはり漢字を借りてきてやはりハングル文字を発明しているものね。これが 世界的規模で行われたと考えれば文字の伝播・発達のしくみがわかるというもの。
第13章 発明は必要の母である
 このタイトル、普通は逆だよね。「必要は発明の母」が慣用句となっていると思うのだけど。
 この章の内容もかなり刺激的で、本書によると

実際の発明の多くは、人間の好奇心の産物であって、何か特定のものを作りだそうとして生みだされたわけではない。発明をどのように応用するかは、発明がなされたあとに考えだされている。

 という件がかなり興味深かった。
 あの発明王・エジソンが発明した蓄音器は、本来の用途として盲人用の本の朗読の録音用であり、音楽の録音再生として使用することに最初は不本意だったという。発明本来の目的とは違う、応用された使用法が広く伝播してしまった良い例として挙げられていたことにやはり目からウロコ。
第16章 中国はいかにして中国になったのか
 ユーラシア大陸とほぼ同等の面積と文明をもっていた中国。その中国が世界の覇権を握っていたとしても何の不思議もなかったのに、そうならなかったのはなぜか? 
 その疑問を明快に提示している作者の見解に納得。端的に言うと唯一絶対の君主が治めている国は、なかなか発展しづらいとのことらしい。

 などなど、自分の知らなかった事実とかエピソード満載の1冊でした。
 上巻の冒頭での、著者がニューギニア滞在時に知り合ったひとりの政治家に問われた疑問もラストにきちんとその回答を出してます。
 もうもうなるほど、そうなのか。と納得するしかないね、これは。
 かなり読み進めるのに苦労したけれど、読了してしまった今はなんだか旅をしてきた気分。
 本格・充実の教養書でしたね。たまにはこのような本を読むのも自分の肥やしになるのかなあと。いや、なってほしいゾと。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 歴史全般 * Genre : 本・雑誌 * Category : ジャレド・ダイアモンド
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。