07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-13 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

世界悪女物語 (河出文庫 121B)世界悪女物語 (河出文庫 121B)
(1982/12)
澁澤 龍彦

商品詳細を見る


 本屋に行って即買いしてしまいました。ひさしぶりの澁澤龍彦。タイトルも刺激的~!! 以下BOOKデータベースより内容。

ルクレチア・ボルジア、エリザベト・バートリなど、史上名高い悪女たちの魔性にみいられた悪虐非道の生涯を物語りながら、女の本性、悪の本質を浮き彫りにするベストセラー・エッセイ集。

ルクレチア・ボルジア 十五世紀イタリア
エルゼベエト・バートリ 十七世紀ハンガリア
ブランヴィリエ侯爵夫人 十七世紀フランス
エリザベス女王 十六世紀イングランド
メアリ・スチュアート 十六世紀スコットランド
カトリーヌ・ド・メディチ 十六世紀フランス
マリー・アントワネット 十八世紀フランス
アグリッピナ 一世紀ローマ
クレオパトラ 前一世紀エジプト
フレデゴンドとブリュヌオー 六世紀フランク
則天武后 七世紀中国
マグダ・ゲッペルス 二十世紀ドイツ

 総勢十二人の澁澤龍彦セレクトの世界の悪女たち。自分が知っている人物と知らない人物が半々くらいかな。
 中にはえ?この人物そんなに悪女ではないんじゃないの?と思ったりして。あくまで澁澤龍彦基準の悪女達ということなのでしょうね。

 自分的に一番怖かったのがエルゼベエト・バートリ。漠然とこんな猟奇的な女性がいたんだなーとは知ってはいたけれど、その詳細を知ってうーん、怖すぎる!!
 ただ、このエルゼベエトという女性、なんと十一歳の時に嫁入りして以来、姑さんからかなりシビアな待遇を受けていたらしく、その抑圧された感情が恐ろしい犯行に至った動機なのでは? と自分的に思ってしまったし。
 淡々とエルゼベエトの壮絶な人生を語る著者の語り口はわかりやすく読みやすい。そしてこの恐ろしい殺人鬼であるはずのエルゼベエトの哀れな境遇に、憐憫の情を窺わせる著者の優しい視線を感じ取ることができて、なんだか救われた思い。

 その他、エリザベス女王とメアリー・スチュアートとの確執等女同士の対立の怖さとか、アグリッピナの自己保身の為なら自分の息子をも利用する壮絶な生き方とか。悪女と呼ばれる歴上の人物たちのスケールの大きさにはちょっとビックリ。
 アジアからは中国の則天武后ただ一人がセレクト。日本人は皆無というのにはなぜか納得。
 世界の悪女サンたちに比べたら、日本史の悪女なんてまだまだといったカンジ。実際、そんなに悪女っていたっけ? 歴史上では日野富子とか淀君とか(悪女か?)阿部定とかそこらへんしか思い浮かばない。ここに登場する壮絶な世界の悪女たちの足元にも及ばないよね。

 悪女と定義付けされているけれど、紹介する澁澤龍彦の視線はなぜかとても優しい。彼女達がなぜ悪の道へと逸れてしまったのか。本当に悪女だったのか。著者なりの見解をさらりと述べているのもまた面白い。
 刺激的な内容だったけれど、ある意味黒歴史の中に生きる彼女達に焦点をあてた著者のユニークさを堪能できて満足。なかなか面白かった!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 澁澤龍彦
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。