06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-13 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

ダブル・ダブル (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-5)ダブル・ダブル (ハヤカワ・ミステリ文庫 2-5)
(1976/06)
エラリイ・クイーン

商品詳細を見る

 ひさしぶりのクイーン。XYZシリーズ以来。結局4部作完結の「ドルリーレーン最後の事件」は未読。中途半端だな~と思いながら、タイトルに惹かれてこっちを読了。以下文庫裏表紙より内容。

クイーンのもとへ匿名の手紙が届いた。なかにはライツヴィルのゴシップを知らせる新聞の切り抜き記事が数枚入っていた。"町の隠者"の病死、"大富豪"の自殺、"町の呑んだくれ"の失踪。この三つの事件の共通点は?
手紙の主は不敵にもクイーンに挑戦状を叩きつけてきたかのようだった。だが、懐かしの土地へ赴いた彼を待ち受けていたかのように古い童謡に憑かれて犯行を重ねる殺人鬼にクイーンもなす術がなかった!


 内容読むとかなり面白く感じるのだけど……実際はあんまり……って書いちゃうとダメなのかな?
 「童謡殺人」ってわかるまでになんと半分以上読み進めないといけないという……。かなり冗長でそこまでたどり着くのに辛かったー。
 あ、でもまるっきり退屈というわけではなくて、探偵役・エラリイ・クイーンの許に突如として現れる素朴な田舎娘・リーマの登場がちょっとスパイス。身なりはみすぼらしく、父親と共に社会と隔絶して森の奥深くに生活していたので社会性は皆無。しかし、たぐいまれなる美貌と天使のような聡明さを持ち合わせた魅力的な女性……が、失踪した父親の遺言でエラリイに救いを求めてくる。彼女の父親はなんと事件に絡んでいるようで、天涯孤独となった彼女を護るとともに、事件解決へと捜査に乗り出すエラリイ。

 と、いったカンジなのだけど、ここまでくるのに約半分。200ページくらい。事件もこう、なんだろ、スリリングに展開するわけではなく、事故死・自殺のようにも思えるなんだか曖昧なもの。エラリイが犯人じゃないかと目星をつけた人物の許にリーマを助手役として送り込むというエピソードで、おお、やっと盛り上がるか? と思いきや、実はそうでもなく……。
 と、やや消化不良気味の展開。中盤からようやく、ライツヴェルの地に伝わる童謡にまつわる殺人事件と判明するのだけれど、それも何だかこじつけっぽくて謎解きのワクワク感がないしなあ……。

 探偵役のエラリイが、事件に振り回されすぎて&リーマの世話焼き過ぎて推理していないんだよね。そこのところも物足りなかったなあ。
 「金持ち、貧乏人、乞食に泥棒。お医者に弁護士。商人、かしら」
 の順番通りに行われる殺人。ラストの「かしら」に到達してやっと犯人にたどり着くエラリイ。ううむ、ちと遅すぎやしませんか? 7人も殺されてるんですよ~。
 などなど、最近珍しいほどツッコミどころの多いミステリーでありました。
 ハッピーエンドでとても読後感は良かったのだけどね。野生の少女?リーマが素敵な一女性として独立してゆく成長物語でもあるのかなと。
 これを読んで、やはり人気作・名作と言われるモノってスピード感が大切なのね、としみじみ思いました。うっわ偉そうでスミマセン。ちなみにタイトルの「ダブル・ダブル」とは物事や人間の二面性を意味しているらしい。ふむ。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : エラリー・クイーン
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。