10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-18 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

 

 鮮やかなブルーの表紙に惹かれました。初めての作家さん。以下BOOKデータベースより内容。

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。
恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望―。
静かに胸を打つ物語。


ACT.1 FACE
ACT.2 WISH
ACT.3 FIREFLY
THE FINAL ACT MOMENT


 うーん、どの短篇も面白かった。まったく予想外の設定の話に冒頭から惹き込まれたし。
 主人公は病院で清掃のアルバイトをしている大学生の神田。その彼がふとしたことで耳にしたのは、死を間近にした患者の願いをかなえてくれるという、必殺仕事人の噂。
 そして偶然にもやむにやまれぬ事情で一回限りで入院中の老女の願いをきいてしまったことから、なぜか神田はその噂の必殺仕事人として、死を待つ病人達の願いをかなえてやることになる──。

 というのがおおまかな内容。ま、必殺仕事人とかかなり大げさだけど、神田がかなえてやる患者達の願いは些細な、それでも患者達にとっては大切なこと。その患者の依頼を通して見えてくる人間の悲しさ、虚しさ、喜び等々──次第に浮かび上がってくる様々な人間模様に静かな感動が。

 神田に依頼する患者達も様々。老人あり、少女あり、大人の女性あり。外見からは窺い知れない彼等の淋しさ悲しさがじんわりと胸に迫る。
 特に自分的に好きなのは ACT.2 WISH。 余命いくばくもないと懸念されている美子はそれでも笑顔を忘れない健気な少女。その彼女が手術の前に神田に依頼したのはとある青年との再会。てっきり初恋の相手だと勘違いしていた神田はなんとかその彼を捜索し、連れ出して美子と再会させるけれど──。
 実は夢見る少女ではなかった美子の激しい思いと複雑な心情が、予想外の展開で吐露されてゆくのが面白かったし思わずホロッとさせられた。

 ACT.3 FIREFLY もまた孤独な女性の人生を。うーん、これは本当に読んでて辛いなと。不倫・癌・孤独となかなか壮絶な人生を歩んできたミズキ。末期近くで知り合った神田に依頼した数々の仕事。少しずつ明らかになるミズキの人生・私生活がとても悲しすぎる。
 タイトルのFIREFLYとは蛍のこと。死者の魂を蛍になぞらえている描写がとても美しい。

 などなど、全4作すべて大満足。最後の MOMENT では少しミステリーテイストも絡ませてなかなか読ませてくれます。
 サクッと読めて感動する。文章も硬質だけど読みやすい。続編もあるらしいのでちょっと期待かな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 本多孝好
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by igaiga
私はMOMENTより続編のWILLが好きです。
WILLは神田くんよりも、葬儀屋の彼女メインのお話で挙句に7年もたっているのですが(^^;)
面白いのでオススメしちゃいます♪

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんばんは!
あの葬儀屋の彼女、なかなかカッコ良いですよね。
WILLで再度登場するのかー!
7年後とか…一体どんな展開になっているのやら♫
近いうちに読んでみますねー!
おススメありがとです☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『MOMENT』
本多孝好 『MOMENT』(集英社文庫)、読了。 上手いなぁ・・・と感心しながら読みました。 噂の設定と、その真相の回収の仕方、 一流大学の学生なのに病院の掃除夫として働く主人公のキャラクタ... …
2012/08/19 13:29  観・読・聴・験 備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。