04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-21 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆



 ひさしぶりの梨木香歩。かなり待ってようやく借りることができました。期待値大で読了。以下BOOKデータベースより内容。

珊瑚、21歳。生まれたばかりの子ども。明日生きていくのに必要なお金。追い詰められた状況で、一人の女性と出逢い、滋味ある言葉、温かいスープに、生きる力が息を吹きかえしてゆく―。シングルマザー、背水の陣のビルドゥング・ストーリー。

 面白かった! あの梨木香歩なのでまたも独特の世界観のストーリーなのかと思いきや、今回は一人の若きシングルマザーがヒロイン。
 最初、え? なんだか普通のテーマ?で意外~と思ったのも確か。しかし、中盤になるにつれ、ああやっぱり梨木ワールドだ!と痛感。

 21歳にして雪という子供を持つシングルマザー珊瑚。若気の至りで結婚したもののすぐ離婚してしまい、その生活はなんとも危うい。バイト先は潰れ、それでも子供を抱えて生活をしなければならない珊瑚が選んだ道はなんと自然食カフェの経営・出店。
 開店資金も資格も経験もない珊瑚がどのようにしてさまざまな困難を切り抜けてゆくのか。
 まったくの荒唐無稽な設定に最初は一体どうなることかと思ってハラハラしながら読んだのだけれど、くららという女性との出逢いが珊瑚の運命を大きく変えていくことに。

 くららはかつて修道女だったという、ある意味社会と隔絶した存在。その彼女が出した「赤ちゃん、お預かりします」という貼り紙をきっかけに雪を預かってもらうこととなり、そこから珊瑚の世界は急速に広がってゆく。
 くららが作るシンプルでありながらも温かい食事。それは珊瑚の心をほっこりとさせ勇気づけ、そのことをきっかけとして最終的には「食」を自分の職業にするまでとなる。静かに穏やかに珊瑚に影響力を与えたくららという存在が、この話の中で大切な「核」となっているような気がした。
 人は「食べること」で活きる活力を得ることができる。食事はとても大切で人間の身体と心をつくるもの。これは「西の魔女が死んだ」の、あのおばあちゃんも言っていたし、この作品との共通のテーマであるのではないかなあと個人的に思ったり。

 「食」を通して人と人がつながり、影響を与えあう。それは良い影響かもしれないし、悪いものでもあるかもしれない。けれど、その経験を珊瑚は真摯に受け止め、自分に対し常に疑問を持ち問いかけ納得する。「自分」という存在は一体何であるのか? 全体的に柔らかなムードに包まれた作品でありながらも、根底に流れるテーマはかなり哲学的・宗教的なのだと思った。

 珊瑚自身も実の母親からネグレクト(育児放棄)という虐待を受けた過去を持ち、それを密かに抱えながら生きてきた。ラスト近く母親と対面し、さらに自分を快く思っていないかつての同僚からの痛烈な批判を受けたことで、自分を別の面から見つめることに目覚め、ひとまわり大きく成長を遂げる。
 その珊瑚の精神の成長と幼い雪の肉体的成長を重ね合わせながら、ゆるやかに穏やかにラストに収斂してゆく展開は見事。

 なんてこ難しいコト考えなくても、珊瑚がオープンさせようと奮闘している自然食カフェの件を読むだけでもかなり楽しめます。思わず食べたくなってしまうようなメニューがふんだんに登場して、思わずレシピ本作ってーと思ってしまったほど。「食」って大切なんだなあ…としみじみ。
 自分的に梨木作品はハズレ無しですね。楽しめたし、とても考えさせられた1冊でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 梨木香歩
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by まいまい
この本、気になっていたのですが、
レビュー拝見して、俄然読む気になりました。

実はさわりだけ本屋さんで読んだのです。
どう展開するのか???だったので
保留していました。
自然食レストラン!おもしろそうですね。


Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
そうそう、最初はなんだろ?いつもの梨木香歩と雰囲気違うなーと
思いつつも、中盤を過ぎるころからやっぱりね…とニヤリ。
かなり重いテーマなのだけど、それを感じさせない読みやすさ!
良いですよ~。読んでいるとお腹すいちゃいます。

* by ジュリ
『雪と珊瑚』読んでみたいなと思っているのですが、図書館で借りようと思ったら予約がいっぱい。まだまだ読めそうにありません。
おいしそうな料理が出てくるのが楽しみだな。内容もちょっと深そうですね。

Re: ジュリ様 * by 惺
はじめまして、こんばんは!
「雪と珊瑚と」は今まで自分が読んだ梨木さんの作品とは一味違って面白かったです。
シングルマザーが自活の道を模索してゆくのだけど、大部分を占めるカフェメニューがもうもう!
実際こんなカフェがあったら絶対常連になるよ!! って思ってしまったし。
図書館でも人気ですよね。
自分も何カ月か待ってやっと読めた本でして…。
順番がきたらじっくりお読みくださりませ♫
ご訪問とコメントありがとうございました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。