05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-09-01 (Sat)

 いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
 ご訪問本当にありがとうございます!


 9月ですね。夏休みも終わりですね。←自分はほとんど関係ないけれど。
 学生の皆さまは宿題はどうだったのでしょう? もし未だに終わらず苦しんでいる方がいらっしゃれば、どうぞももクロの「ワニとシャンプー」を聴いて笑い飛ばしてください。←どうでもいい。
 ということで、潔く過ぎ去っていってしまった8月後半に読んだ本です。


【優美と幻想のイラストレーター ジョルジュ・バルビエ】海野弘
 バルビエの画集を本屋で見つけて即買いしてしまった。しかし、後悔なんぞはしていません。豪華&美麗画たくさんの大満足画集でした。
【MOMENT】本多孝好
 初めての作家さんでした。面白かったです。ひとりの大学生を通して見る人間模様がね、感動的。
【雪と珊瑚と】梨木香歩
 外さないですねー、梨木香歩。しかし、今までの幻想的?な作風とは一風違った「食」の大切さと人とのつながりを書いた話でした。登場するカフェメニューが美味しそうでたまらない!
【カシオペアのΨ】C・I・ドフォントネー
 ついったで知った作品。自分的にどストライクな本がラインナップされている、あの国書刊行会が出版されているということで食いつきました。SF以前のSF。壮大な宇宙の叙事詩といった印象。
【思い出を切りぬくとき】萩尾望都
 萩尾望都サンの20代の頃のエッセイ。とても20代とは思えないしっかりとした思考が垣間見られて貴重。ご家族のエピソードもあったりと、個人的にはかなり楽しめました。
【傷痕】桜庭一樹
 これは…もう別の意味で衝撃的すぎて度肝抜かした話でした。なので細かいことは絶賛スルー(笑)。
【勝手にふるえてろ】綿矢りさ
 久しぶりの綿矢りさ。大人女子になった彼女の作品を初めて読んだ。面白かったけど、なんだか綿矢りさじゃなくても書ける話なのでは…なんて今ふと思ったりして。
【とりかえばや、男と女】河合隼雄
 1作くらい小説以外のものを…と思って読んだ本。過去読了済みなのだけれど、年を経て自分の考え方も変わったろうと新たな気持ちで再読。今では普通に話題となっているジェンダー論なのだというね。かなり時代先取りな本だったのだなあ…と感慨深い。
【少女には向かない職業】桜庭一樹
 8月後半イチの面白さだったかも。桜庭一樹の初期作品はとても鋭い。閉塞感に満ちた少女達の描写はピカイチだと思う。
 
 以上後半9冊。前半12冊だったので、あわせると計21冊。
 その他、雑誌 KERA や ゴシック&ロリータバイブル コミックで マギ などなど。今後読みたい本としては、「夜毎に石の橋の下で」と「屍者の帝国」かな。どちらもものすごく面白そうなのだけど、図書館ではすぐに借りられないし、買うと高そうだし、悩みどころです…。

 そういえば、8月のアクセス解析の検索語で多かったのが「読書感想文」「あらすじ」「パクリ」などなど。
 うーん、なんか複雑です。読書の感想は自分が思ったことを書くのが一番だよね…とこれらの検索語を見ながら思ってしまったのでした。などとつまらんつぶやき失礼しました!
 まあ、なにはともあれ、9月もおヒマなおりにはこのブログ、どうぞ覗いてやってくださりませ。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 読んだ本。 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。