07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-05-01 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


 読み終えた直後の素直な感想……エヴァ(エヴァンゲリオン)みたい。

 BOOK1に続き、前半部は限りなくタルかったんですが、半ばを過ぎてから俄然面白くなってきたので一安心。
 でもあのあゆみちゃんの扱いって……ほとんど雑魚キャラじゃないですか。幼児期に身内から性的虐待を受けたというのも、なんか安易な設定だし。青豆サンといい、う~ん、村上春樹の描く女性キャラってあんまり共感できないなァ。「ふかえり」もなんだかわざとらしく見えてきて、イマイチになってしまいました。

 その「ふかえり」がどうもエヴァの綾波かはたまた聖母マリア様か? という印象がぬぐえない。そして小説の世界観もある意味では聖書的・キリスト教的(スイマセン、語彙力無いです)。
 そして天吾(このネーミングも何だか暗示的な気が)と青豆サンは、シンジとアスカか? はたまたアダム(イエス様)とイブか? んで、「リトル・ピープル」は使徒なのか? 的な印象。そしてこれまた暗示的な「空気さなぎ」はヨハネの黙示録といったトコロでしょうか。

 謎に満ちた展開はさすが巨匠、巧いな~と思いました。ただ、自分のまったく勝手な印象としては、先に挙げた「エヴァ」や「マトリックス」・「ニキータ」等々、古今東西の話題作のエッセンスを巧~く取り入れて、春樹ワールドを創りあげている気がしました。なんて、自分はこの作者サンの作品「ノルウェイの森」しか読んだコトないので、偉そうに言えないのですが。

 期待しすぎてたんでしょうか。そんなに騒がれるほどの作品かァ? の感強し。← ファンの方ゴメンなさい。
う~ん、ただのエンタメ作品としか読めませんでした……でもいいところで終わっていたので、是非「3」も読みたいですけどね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 売れてる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 村上春樹
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。