04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-09-04 (Tue)
ご訪問ありがとうございます☆

帝国の娘 上 (角川文庫)帝国の娘 上 (角川文庫)
(2011/12/22)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る


帝国の娘 下 (角川文庫)帝国の娘 下 (角川文庫)
(2011/12/22)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

 最初須賀敦子サンと空目してました(スミマセンスミマセン)。こんな自分好みの作品をお書きになるのねー! ぜひ買って読まねばwww と思ってたら……。
 ホントお馬鹿です。自分の無知ゆえとんでもない勘違い。しかし、この作品、勤務図書館でコバルト文庫版があったのを思い出してさらに興味そして読了。以下BOOKデータベースより内容。

上巻
女神の僕たる神鳥リシク、その翼から生まれたテナリシカ大陸の西に位置する大帝国・ルトヴィア。辺鄙な山村で平凡に暮らしていた少女カリエは、ある日突然さらわれ、ある高貴な人の身代わりにされた。礼儀作法から武術まで、過酷な訓練の日々、冷徹な教育係エディアルド、宮廷をゆるがす謀略―カリエは持ち前の負けん気と行動力ですべてを乗り越えてゆく。ただひたすら、生きるために―魂ゆさぶる大河少女小説開幕。

下巻
カリエは病に臥せる皇子アルゼウスの身代わりとして宮殿に入り、教育を受け始める。それは事実上、皇位継承レースの始まりでもあった。優秀で冷静沈着なドミトリアス、優しく明晰なイレシオン、最も王に近い血筋だが、傲慢で感情的なミューカレウスの3人の皇子。秘密の匂いがする美貌の神官サルベーン、そして相変わらず冷徹な教育系エディアルド…役者は揃い、次なる陰謀の幕が開く。魂の少女大河ロマン急展開の下巻。


 面白かった! 
 ジャケ画も素敵で内容もサクッと読めるけれど決して軽くない。面白すぎて上下巻一気読みしてしまったし。
「大河少女小説」と銘打っているけれど、まさにそのとおり。一人の少女のビルドゥングスロマンでした。

 典型的な巻き込まれ型のストーリー展開。
 ひとりの田舎の少女カリエが、容貌がそっくりであるという理由だけで病弱な帝国の皇子の身代わりとなって皇位継承レースに参戦させられるという設定。彼女の教育係が沈着冷静でクールな騎士・エディアルド。彼に行儀から剣術話し方などなどすべてを叩き込まれて、いざ自分の他に3人の皇位継承者がいる城へと向かうが──。

 カリエとエディアルドの関係がちょっと「マイ・フェァ・レディ」を彷彿とさせるよなー。なんとも王道なストーリーでありながら飽きさせない展開。スピーディーでスリリング。何より魅力的なのが、ヒロイン・カリエのキャラクター。明るくて前向き。気が強く短気だけれど曲がったことが大嫌いな聡明な性格。このカリエがグイグイとストーリーを牽引していって、ホント面白かった。
 
 上巻は皇子の身代りとなるべく奮闘するカリエとエディアルドとの掛け合いと、ふとしたきっかけで友人となった男装の麗人の他国の王女との友情譚がメイン。下巻はいよいよクライマックス突入で、カリエを含めた4人の皇位継承者である皇子達との交流がメイン。この4人のキャラクターもね、また良くできてて…。
 第一候補は沈着冷静なドミトリアス。二番目は優しく穏やかなイレシオン。三番目はカリエことアルゼウス。そして四番目が最年少のミューカレウス。この四人の継承者達の日常エピソードもね息抜きできて楽しめた。特にカリエとミューカレウスのふたりが良すぎて! 気が強くて性格も似た者同士の二人はなにかと衝突していたのだけれど、ラスト近くミューカレウスの変貌ぶり&悲劇に思わず涙…。

 波乱万丈、ちょこっとミステリーも入って、個性的なキャラたちも楽しめる。特にカリエの周りに群がる多数の男子達は皆イケメン揃いで、これはすぐにでも乙ゲーになりそうだよ!
 ただ、ちょっとラストが物足りなかったかなー。もっとカリエを全面に出しても良かったのだと思うのだけど…エディアルドのカリエに対する気持ちもイマイチ不明だったしなあ…。
 しかし、とにかく楽しく読めた作品。コバルト文庫の時はちょっと躊躇していた自分だけど、うーん、もったいなかった! オトナが読んでも充分楽しめるしシリーズ化のようなので、今後のカリエがどう成長していくのかも楽しみ。(あ、でもカリエ登場するのかな?) ジャケ画も素敵でおススメです。
 

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 少女系ライトノベル * Genre : 本・雑誌 * Category : 須賀しのぶ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by はとこ
こんにちは!
流血女神伝、私はコバルト版で読んでいました!
面白いですよね~!

物語は終りまでカリエ中心なので、これからも出てきますよ(*´ω`*)
私の一推しミュカも!

続きも角川でちゃんと出してくれるといいな…って思っています。


Re: はとこ様☆ * by 惺
こんばんは!
よかった!
カリエは一応ヒロインだから登場するだろうなーとは思っていましたが、
ミュカもなのですね!
ラストのミュカにショックだったので、なにはともあれ良かった!
予想外の面白さに一気読みしてしまって。
ホント、角川サン、お願いしますよーってカンジです。

* by ひいち
あ!須賀しのぶさん♪
流血女神伝シリーズですねー(^^)
読みたいと思っていました!(未読~)

昔、「キル・ゾーン」シリーズをコバルト文庫で
ずっと読んでいて好きな作家さんデス☆

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
もうもう面白すぎ~(>_<)
ぜひぜひ読んでください!
「キル・ゾーン」シリーズというのもあるのね。
興味興味!チェックします!


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。