09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-09-06 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

ダ・ヴィンチ 2012年 10月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/09/06)
不明

商品詳細を見る


 ジャケットの綾野剛氏、自分まったく知らなくて…←コラコラ!
 ま、自分が知っていようと知らなかろうとイケ様であることに間違いはないです!
 で、今回はばばーんと 村上春樹特集 ということで。ファンの方にはきっと堪らん特集なのだろうなと。
 その特集の中でなんと!撮り下ろしグラビア企画で綾野氏は『1Q84』の天吾を演じていらっしゃるのです。うんうん、ビジュアル的にはいいのかも。こんななのかー天吾!と、違和感ないな。

 充実の村上春樹特集。クロニクルもアリ、又吉氏による 初心者のための村上春樹入門 なるページもアリ、ミュージシャンが語る村上春樹氏アリ、と詳細&贅沢な特集。ラスト近くにも再度特集が組まれていたりしてこの豪華さは一体何なんだー状態。春樹ファン完全保存版ですな。

 自分的に面白かったのが後半特集の キャラ読みムラカミハルキ!!!
 ラノベ「涼宮ハルヒ」をひっぱりだして、ハルヒ×ハルキでキャラ分類とか…!ちなみに涼宮ハルヒは「ダンス・ダンス・ダンス」のユキなんだそうだ…自分は知らないのだけどね、ユキが一体どんなキャラなのか。1Q84の青豆はハルヒ登場キャラの中では鶴屋さんなのですと…知らん、まったく知らんよ鶴屋さん。さらにラノベ読みの方々が村上作品をどう読んでいるのか? というテーマもね、笑わせていただきました!

 その他、今号は自分的にツボな記事があまりなくて(泣)、気になった本がいくつかあったくらいかな。
 大好きな「走れ!トロイカ学習帳」の中で紹介されていた ぼくらが惚れた時代小説 に俄然興味! 故・児玉清氏も語っているというこの本、欲しい!


Tokyo graffiti (トウキョウグラフィティ) 2012年 09月号 [雑誌]Tokyo graffiti (トウキョウグラフィティ) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/23)
不明

商品詳細を見る

 
 先日本屋に行って見つけてしまった自分的に掘り出しモノ雑誌!
 なんたってタイトルがもうスゴいでしょ? 
 エロスを感じる名作シネマ&ブック!!
 エロスですよ、エロス。エロスを感じる映画と本!ですよ。あ、でもエロスと言ってもちょっと視点が変わったエロスなので。変な想像した方たち、コラコラ!

シネマ編
 役者・学者&専門家・映画監督・外国人・DT(笑)・映画好き女子大生等々、様々なジャンルの方たちがセレクトしたエロスを感じるシネマは、実にさまざま! えー?こんなので? という作品も多々ありますが、セレクトした方たちの理由に納得。
「時代屋の女房」「張込み 松本清張」(文豪の作品で?)「エヴァンゲリオン劇場版」(エヴァで?)「風と共に去りぬ」(名画でエロス?)「座頭市物語」「エイリアン」(ブッ)「LEON」(あ、なんとなくわかるかも!)

ブック編
 アキバ系文学男子・腐女子・官能小説家・古典名作・書店員等々、こちらも様々なジャンルの方たちがセレクトしたエロス感じるブックは、いやもう笑えます!
「とある魔術の禁書目録」「薔薇のマリア」(エロスなの?)「黒い傷痕」(これは面白そう&エロそう!)「銀河鉄道の夜」「風が強く吹いている」(わかる気がする…)「恋人たちの森」(これはガチエロ)「痴人の愛」「源氏物語」(そーいえば)「古典落語」(???)「私の男」「七瀬ふたたび」(ほほう!)「DRAGONBALL」「らんま1/2」(どこにエロスを?)

 まだまだたくさんあって超絶面白いし、なるほどなーと感心するものばかりなのだけど。書ききれない!
 人が感じるエロスは人の数だけさまざまなのね~と妙な感動を覚えてしまいました。
 この雑誌大学生をターゲットにしているらしく、なかなかその世代が興味持ちそうなテーマ&記事ばかりで面白かった。もちろんそれ以外の世代(たとえば自分さ♫)も充分楽しめる。ちょっとオトボケな記事がもうねー、サイコー☆
 
タイムスリップ写真館─双子編─
 幼き日に撮った写真のアングルのまま、成長した双子サン達が再度スナップに収まるという…なんてバカバカしいテーマだ! と思いつつ、食い入るように見てしまった自分。
 幼い頃には可愛かったポーズも成人してからやってみてもただ妙ちきりんなだけ。それを大真面目にポーズ決めちゃってる双子の方々、あっぱれです!

ひとり暮らしギャラリー
 独り暮らす若き方々のお部屋紹介! 好きだなーこういうの。
 カフェ風・アメリカンカントリー風・アンティークでガーリー風・ショップ風・キャラ風等々、すごいよー、皆!! 撮影の為に綺麗にしてるとしても(笑)それぞれ個性的で素敵なお部屋。見習いたいわー←ム・リ。
 などなど、この雑誌意外にもものすごく楽しめてしまったのでした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 雑誌 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★雑誌
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

こんばんは * by ゆき
今月号のダ・ヴィンチは村上春樹ファンにはたまらない特集でしたね~。
個人的には又吉の新連載が嬉しすぎて・・・・・・。
下北行きたい!
あ、あとTokyo graffitiは書店で見たけどスルーしてました。
ちょっと内容に戸惑いまして・・・・・・。
でも面白そう!
ちなみにらんまのエロスですけど、健康的で気づかないだけで、結構えっちな画面ありますよ~。

Re: ゆき様☆ * by 惺
こんばんは!
充実の春樹特集で!!
2部構成?というのがまた贅沢!
又吉氏の新連載…タイトルが自分的にツボ(笑)
Tokyo graffiti は自分はなんのためらいもなくレジに駆け込んでました///
立ち読みしたらものすごく面白かったので。←もうここで恥じらいをなくしている…(泣)
らんまってそうなんだ…知らなかった。
マンガは未読なの~(>_<)
この間TVドラマでやってたのを観たきりで…
ふーん、そうなんだー。エロスなのね…(笑)

* by kkGT-R
「Tokyo-graffiti」は毎号買ってますよ。
サブカル好きにはたまらない雑誌です。


Re: kkGT-R様☆ * by 惺
こんばんは!
「Tokyo-graffiti」は今回初めて知りました。
若さ弾ける(ブッ)雑誌だなあ…と眩しい思いで読みました。
ホント、サブカル好きにはたまらないですね。
毎号気になってチェックしそうです 笑

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。