06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-09-29 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

不連続殺人事件 (角川文庫)不連続殺人事件 (角川文庫)
(2006/10)
坂口 安吾

商品詳細を見る

 坂口安吾…久しぶりです。タイトルがインパクト強すぎて超絶面白そうだったので挑戦してみました。以下BOOKデータベースより内容。

戦後間もないある夏、詩人・歌川一馬の招待で、山奥の豪邸に集まったさまざまな男女。
作家、詩人、画家、劇作家、女優など、いずれ劣らぬ変人・奇人ぞろい。邸内に異常な愛と憎しみが交錯するうちに、世にも恐るべき、八つの殺人が生まれた!
不連続殺人の裏に秘められた悪魔の意図は何か?鬼才安吾が読者に挑んだ不滅のトリック!多くのミステリ作家が絶賛する、日本推理小説史に輝く傑作。


 内容にもあるとおり、ミステリ作家絶賛の作品なのだとか。
 ある意味わかる気もしますね。総勢29人にも及ぶ登場人物。老若男女それぞれ皆個性的でひとクセもふたクセもある超特徴的な人物ばかり。一人も無駄なキャラがいなかったのは確かかも。
 語り手は矢川という作家。最初自分はこの人物が犯人なのかなーと疑ってみたり。違ってましたけどね。ミステリーにおいて重要な探偵役が若き童顔?の巨勢博士。いかにも探偵的な頭脳を有した洞察力優れた人物。その彼が挑むのは招かれた歌川邸で繰り広げられる、8人もの犠牲者を出した殺人事件。

 とにかく登場人物が多くて四苦八苦! 名前と特徴を覚えるだけでもかなり辛かった。探偵役のちょっとイケメン巨勢博士もあんまり特徴ないというか、ラストの謎解きまでほとんど活躍しないしー。
 残る人物達による人間模様・葛藤や確執の描写にほぼページ数をとられていたような気がする。ま、上質な人間ドラマと捉えればそれはそれで素晴らしい作品だと思うのだけれど、ミステリーとして読むと自分のキャパいっぱいいっぱいで楽しむ余裕がなかったというか。推理する醍醐味・探偵の活躍に胸躍らせるなどの高揚感があまりなくて残念だったなあ。

 でも、なんだろ、西洋的なテイストはかなり感じた。いわゆる江戸川乱歩や横溝正史のような純和風ミステリー的なおどろおどろしさは皆無で、人間ドラマに重点をおいて推理劇に仕立てているところはなかなかセンスが良いなと。
 自分的にはバークリー作品を連想してしまった。「第二の銃声」とか「ジャンピング・ジェニィ」とか。全然似ても似つかない内容なのだけど、大勢の人物が(しかも皆個性的)集まる邸で発生する殺人事件──という設定と雰囲気がなんとなく似ている気がして。
 次々と発生する殺人事件の手口も動機も判然としない。何の共通点も連続性もなく、まったくバラバラの状態のまま繰り返される殺人事件。これがタイトルである「不連続殺人事件」の意味なのだとか。

 一体この人物達の中から犯人は捕まるの? その動機は? と最初うんざり&心配していたけれど、さすが納得の犯人と動機とトリック(はイマイチ苦しかったかな…)でラストまで読み切れました…でもちょっと疲れたかもね、この作品…って、いやいやいや、きっと自分の理解力と読みこみが足らんせいだったのだな。きっとそうだ!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 坂口安吾
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

好みかも * by 矢神工房
初めて知る本です。でも自分好みの本のような気がします。是非読んでみたくなりました。

Re: 矢神工房様☆ * by 惺
こんばんは。
坂口作品の中ではマイナーっぽいですよね。
自分も最近知り興味津々で読了しました。
かなり人間関係入り組んでいて読むの苦労しました。
お好みとあらば是非是非!
読了後は感想をお聞きしたいです。
ご訪問ありがとうございます!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。