06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-10-08 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
(1998/12)
ポール ギャリコ、スザンヌ サース 他

商品詳細を見る

 優しい作風が好きなポール・ギャリコの作品であることと、ジャケットのタイプを打つ猫ちゃんのあまりの可愛さに即買いしてしまった1冊。以下BOOKデータベースより内容。

ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。“£YE SUK@NT MUWOQ”相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。原稿はなんと、猫の手になる、全国の猫のためのマニュアルだった。「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」ひょっとしてうちの猫も?描き下ろしマンガ(大島弓子)も収録。

第1章 人間の家をのっとる方法 / 第2章 人間ってどういう生き物? / 第3章 猫の持ち物、猫の居場所 / 第4章 獣医にかかるとき / 第5章 おいしいものを食べるには / 第6章 食卓でのおすそわけ / 第7章 魅惑の表情をつくる / 第8章 ドアをどうする? / 第9章 クリスマスのおたのしみ / 第10章 旅行におともするコツ / 第11章 母になるということ / 第12章 じょうずな話し方 / 第13章 猫にとっても正しいマナー / 第14章 愛について / 第15章 別宅を持ってしまったら / 第16章 これはしちゃダメ / 第17章 じゃまする楽しみ / 第18章 子猫のしつけと子猫の自立 / 第19章 終わりに

 可愛いー! 読了後の感想はコレしかありません。「猫語の教科書」っていうタイトルも洒落てていいよね。さらに各章のタイトルもなんて猫っぽくて可愛いの!と興奮しきり。
 ちょっと凝ったノンフィクションらしいイントロだけれど、もちろん全編ギャリコによるフィクション。創作なのですね。かわゆくて賢い雌猫の一人称語りがとってもキュートで素敵。その雌猫による「人間とその家庭の攻略法」というのが本書のメインテーマ。

 猫を飼いならしていると思いこんでいる人間が実はその逆で、賢い猫に人間が飼いならされている、支配されているんだよ。という作者のメッセージがじわじわと伝わってきます。その猫に対する作者の視線はとっても暖かくて愛情に溢れていて優しい。ペットと人間との共存とはいかなるものか? 人間の傲慢さやちょっとした愚かさなどが揶揄されていてハッとさせられたりして。
 さらに猫を暗に女性に例えていたりする描写もなるほどね、とニヤニヤ。男性心理・女性心理の機微のようなものがさらりと書かれていて、これはある意味大人のというか夫婦生活の指南書でもあるのかなと。

 猫を通して語られる人間社会。というか、家庭生活。
 猫視点で語る人間の傲慢さ愚かさ愛おしさ、さらに滑稽さも感じてくすりと笑ってしまったり。洞察力が素晴らしいなと感心したり。
 そしてそれ以上に感じる猫への愛情にとても心癒されました。モデルとなっている猫のツィツァの愛らしいこと! 自分は猫好きではないのだけれど、本書とところどころに散りばめられている、スザンヌ・サースによるツィツァの写真を見ると、一瞬でも一緒に暮らしてみたいなあと思ってしまったりして。猫って不思議な魅力を感じるな。その魅力に憑かれて作者はこの小説を書いたのだろうなとしみじみ。

 さらに美味しいおまけというか、素晴らしい特典が。巻末に、あの大島弓子さんの描き下ろしマンガが掲載されているというとても豪華な1冊。
 猫に、というか作者の猫に対する愛情に癒され笑い心がほっこりする。そんなとても素敵な小説でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ポール・ギャリコ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。