05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-10-30 (Tue)
ご訪問ありがとうございます☆

 

 最新刊で、評判もなかなかと噂なので購入。ジャケ画も良いカンジ。以下BOOKデータベースより内容。

「輝くような人生の流れに乗るためのボートは、どこにあるんだろう」。
誕生日を間近に控えた大晦日の朝、3年間一緒に暮らした彼が出て行った。
その原因は……

 面白かったです。
 ただ面白いだけじゃなくて心に静かに沁みてくるというか、ラストに向かうにつれてじわじわとくるというか。
 ヒロイン紗登子の一人称語りで物語が展開してゆくのでストーリーとしてはシンプルな印象。登場キャラも少ないのでサクサク読めてしまう。
 29歳。彼と同棲しているけれど、ふとしたきっかけで喧嘩をし、彼が部屋を出て行ってしまう──結婚という言葉がチラつくけれど、イマイチふんぎりがつかない紗登子の心情がよくわかる。誰かにいてほしいけれど、反面独りでいたいという二律背反の複雑なヒロイン像が面白かった。

 読んでいて思ったのが、紗登子は男女の愛情よりも家族の愛情に飢えているということ。
 寂しいから、相手が自分に言いよってくるから。そんな刹那的な想いでその時々の恋人と付き合っているけれど、自分が真に欲している物は別にある──ということが、紗登子は気づいていないんじゃないのかな。もしくは漠然と気づいているけれど認めたくないとか。生きることに不器用で、他人に甘えることが下手なヒロイン像というのがとってもよく描かれているなと。

 物語は年末から年始にかけてのほんの数日間の出来事なのだけれど、実に濃い時間を感じさせてくれる。紗登子の家族に対する(特に母親)長年の確執と歪な心情が、ゆっくりと時間をかけてほぐされてゆく(ように思えた)過程が淡々と描かれていて、とてもいいなと。

 読んでいて自分的にお気に入りのキャラがいるのだけれど、それが紗登子の義理の父と克子おばさん。義理の父親は紗登子とまったく血縁関係がないけれど、物言わぬ優しさや気を遣いすぎて不器用だけれど、義理の娘に対する愛情がひしひしと感じられて良いなあと。
 で、この作品中でとても重要な人物だと個人的に思っている克子おばさんは、まさに紗登子の心の拠り所だと。 母親と自分との関係を改めて考えなおさせてくれるきっかけとなるキーパーソン的な人物なのだなと思った。克子おばさんとの何気ない会話て紗登子が癒されていくのがよくわかるし。

 クラウドクラスターって最初は一体なんだ? と不思議だったのだけれど後半でその正体がわかって納得。それは母親であり家族であるのだと。←あ、ネタバレか。失礼!
 一番近い人間関係を築く「家族」。だからこそやっかいで難しい。けれど一番愛しいものなのだと感じさせてくれる作品。で、気になったのが、紗登子の弟。読んでいて彼が一番可哀そうだったんじゃ…って思えて。彼のその後が知りたいな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 窪美澄
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
誰もが抱える、
小説「クラウドクラスターを愛する方法」を読みました。 著者は 窪 美澄 中編 2作による構成 やはり肝となるのは表題作 「ふがいない〜」を読んでいても思ったが 文学として しっか... …
2013/05/21 23:52  笑う社会人の生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。