09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-15 (Thu)
いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
 ご訪問本当にありがとうございます!


 …早いですね…もう11月とか(´;ω;`)
 あと1ケ月半で今年も終わってしまうんですよ! 信じられません。
 そろそろ年間ベストの本を考えなくては…などとくだらないことを考えている今日このごろ。
 あ、ウザくてスミマセン。さっさと行きます。11月前半に読んだ本です。

ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
(1974/12/13)
H・P・ラヴクラフト

商品詳細を見る

 いやーん(どうした…)、まさかまさかの初挑戦! 怖かったです。キモかったです。でも超絶面白かったです!
 度肝抜かされ、まさかのどんでん返し。できれば全集読破したいです~。


グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2012/09/01)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

 久しぶりの伊坂作品でしたが、これも大満足な一冊!でした。
 巧いよねえ…とひたすら褒め称えるばかりで。ラストのオチにビックリエェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?
な素敵な作品でした。


SF挿絵画家の時代SF挿絵画家の時代
(2012/09/25)
大橋 博之

商品詳細を見る

 これはなかなか評判高かった本のようです。新聞の書評で偶然知った本だったのだけど、SFファンの方にはたまらない本かもです。黎明期からの挿絵の歴史とともに、日本のSFの歴史もたどれるという貴重な一冊。


カンパニュラの銀翼カンパニュラの銀翼
(2012/10/24)
中里 友香

商品詳細を見る

 ジャケ画がウフフな感じですが 笑
 アガサクリスティ賞受賞作。実力派作家さんのお耽美小説。豊富な知識と独特の世界観で魅せられました!


音楽 (新潮文庫 (み-3-17))音楽 (新潮文庫 (み-3-17))
(1970/02)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

 これもなかなかというかかなり衝撃的な本でした。
 精神科医と美女との葛藤&戦いみたいな。美女麗子の心の暗黒面が徐々に癒されてゆく過程の描写が素晴らしい。面白かった。三島ゆっきー、やっぱ天才だわ!


廃墟建築士 (集英社文庫)廃墟建築士 (集英社文庫)
(2012/09/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る

 初・三崎亜紀。こ、これも独特の雰囲気の短篇集だった!
 はじめての体験というか…こんな話もあるんだ! と目からウロコ状態。
 ありえないだろー!というテーマをリアリティ迫る描写で…ものすごかった。衝撃!!


[第4巻 ゴシック] オトラント城 / 崇高と美の起源 (英国十八世紀文学叢書)[第4巻 ゴシック] オトラント城 / 崇高と美の起源 (英国十八世紀文学叢書)
(2012/02/21)
ホレス・ウォルポール(オトラント城)、エドマンド・バーク(崇高と美の起源) 他

商品詳細を見る

 ゴシック小説の元祖らしく…期待して読みました。
 なるほどなるほど! 話の展開は素朴ですが、ゴシックテイストてんこ盛りの面白さでした。


パノラマ島綺譚  江戸川乱歩ベストセレクション(6) (角川ホラー文庫)パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6) (角川ホラー文庫)
(2009/05/23)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る

 こ、これもなかなか凄かった…!! 前出の「音楽」とコレ、実は職場の同僚から借りたのだけど、こんなに濃いシュミ(どんなだ?)を持っていたとは!←どうでもいい。
 いやあ、江戸川乱歩大先生の独特な世界に堪能しました。ちなみにこのパノラマ島のモデルとなっているのが、あの真珠のミキモトの島だそうです。知らなかったー!


ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
(2010/09/09)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る

 初・チャンドラー。で、村上春樹訳の豪華共演。
 名作は何年経ても名作。面白かったです。巻末の解説にある、グレート・ギャツビーと重ね合わせて読むという見解に驚き!と目からウロコでした。言われてみれば似てるんだよーう。男と男の友情がね、良いかも(腐フィルター厳禁←コラコラ)。


 というわけで9冊。
 なんだか大当たりな作品ばっかりだった気がする。バラエティに富んだ読書でした。
 後半は評論系も読みたいなと。それにしても、図書館予約している本たち、早く来てー( ;∀;)
 …取り乱してスミマセンでした…ではでは11月後半もおヒマなおりにはこのブログ、覗いてやってくださりませ。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

初めまして * by 奏
こんなに小説を読まれているなんて、感嘆いたしました。私はじっくり読む派なので多くても月に4冊くらいしか読みません(^^ゞ

Re: 奏様☆ * by 惺
はじめまして、こんばんは!
唯一のシュミなので…さらに乱読なのですよね…笑
本当は奏さんのようにじっくり読書というのが一番良いと思います。
自分のペースで好きなように自由に読むと楽しいですよね~♫
ご訪問とコメントありがとうございました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。