07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-19 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

窓の向こうのガーシュウィン窓の向こうのガーシュウィン
(2012/05/25)
宮下 奈都

商品詳細を見る

 蔵書がショボい勤務図書館で珍しく新刊があったので即借りてきました。以下BOOKデータベースより内容。

十九年間、黙ってきた。十九年間、どうでもよかった。「私にはちょうどいい出生だった」未熟児で生まれ、両親はばらばら。「あなたの目と耳を貸してほしいんだ」はじまりは、訪問介護先での横江先生との出会い。そして、あの人から頼まれた額装の手伝い。「ひとつひとつ揺り起こして、こじあけて、今まで見たこともなかった風景を見る」心をそっと包みこむ、はじまりの物語。

 うん、この手の作風が好きな方は好きな作品なのだと思う。
 メインキャラは未熟児で生まれた佐古(一応姓らしい)。そのことをずっと人生の負い目というほどではないけれど、引きずっていて曖昧な自分といつも葛藤している。物事の理解度が遅い、活発な会話ができない、両親は不和というわけではないけれど、ふらりとどこかにいったまま長期間帰ってこない父親──などなど、佐古をとりまく環境はなかなかシビア。
 読んでいて違和感抱いたのが、父親が長期間家出し、ふらりと帰ってきてなんの反発もないのだろうか? 年頃の十九歳なのに。普通嫌悪感とか抱いたりするんじゃないのかな? と自分的にこの小説の設定にかなり馴染めなくて読むのが辛かったのも確か。

 未熟児出生で遅れがちの自分の身体と精神。それに葛藤する日々。けれど、ヘルパーという職を通して出逢った介護先の「先生」と接するうちに佐古はようやく自分の居場所を発見する。さらに「先生」の息子である「犯人」から額装を教わり、それが将来につながる仕事となりそうな──。
 居場所を見つけた佐古はようやく今までの葛藤から解放されて、新しい自分を発見し生まれ変わる…的な内容で、じっくりゆっくりと佐古の内面描写が語られていくという、ある意味再生と癒しの物語。

 ひとりの少女の成長譚として読みましたが、どうにも自分には合わなかったようで。きっと好きな人にはたまらない内容だと思うのだけれど、うーん、個人的には残念な一冊でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 宮下奈都
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。