07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-28 (Wed)
ご訪問ありがとうございます☆

魔道師の月魔道師の月
(2012/04/21)
乾石 智子

商品詳細を見る

 前作の「夜の写本師」の続編ということで。たまたま図書館にあったので即借り!以下BOOKデータベースより内容。

こんなにも禍々しく、これほど強烈な悪意を発散する怖ろしい太古の闇に、なぜ誰も気づかないのか…。
繁栄と平和を謳歌するコンスル帝国の皇帝のもとに、ある日献上された幸運のお守り「暗樹」。だが、それは次第に帝国の中枢を蝕みはじめる。コンスル帝国お抱えの大地の魔道師でありながら、自らのうちに闇をもたぬ稀有な存在レイサンダー。大切な少女の悲惨な死を防げず、おのれの無力さと喪失感にうちのめされている、書物の魔道師キアルス。若きふたりの魔道師の、そして四百年の昔、すべてを賭して闇と戦ったひとりの青年の運命が、時を超えて交錯する。人々の心に潜み棲み、破滅に導く太古の闇を退けることはかなうのか?『夜の写本師』で読書界を瞠目させた著者の第二作。


 遥か古代のコンスル帝国を舞台とした相変わらずの重厚なファンタジー。
 メインキャラは二人。ギデスディン魔法の創始者であるキアルスと心に闇をまったく持たない魔道士レイサンダー。この二人が、とある日コンスル帝国に持ち込まれた<幸運のお守り>と称するが実は破滅を招く闇の権化である「暗樹」をめぐって戦いを挑み勝利するというストーリー。

 あらすじにするととっても簡単なのだけれど、本書はものすごく濃密な内容で。
 途中からキアルスの前世ともいえるテイバドールが主役の、タペストリに描かれた人物達による神話世界が繰り広げられていくのが今作のメインストーリーのような気がする。このエピソードがかなり詳細で重要。自分的に思うのはやはり登場キャラが多すぎ&設定に凝り過ぎていて正直前作に続き今作も読み進めるのが辛かった。もっと簡略にスピーディーに展開しても良いんじゃ? と思ったりも。
 ただ、このエピソードにおいてキアルス=テイバドールが後の「暗樹」を倒すのに必要な「タージの歌謡集」を得ることができるのだから、やはり重要なパートなのだろうね。

 自分的には第2部が読みやすくて良かった。
 皇帝に取りついた「暗樹」を討つために戦うキアルス&レイサンダーのふたりの活躍が爽快。あの重厚な第1部のエピソードはこのラストに繋ぐためにはやはり大切だったのね、とここにきてようやく理解。特にレイサンダーの活躍には瞠目! 自らの体内に「暗樹」を取り込むという発想がなかなか。
 独立したストーリーなので前作の「夜の写本師」を読んでいなくても充分楽しめると思う。ただ、何度も言うようでしつこいけれど、登場キャラが多すぎてちょっと混乱してしまうこと。やはりこの本を読むにはメモが必要かなと再度痛感したのでした。←自分の読解力の問題だね、コレは 笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 乾石智子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。