04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-03 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
(2012/09/28)
岡田 斗司夫 FREEex

商品詳細を見る

 ちょっと話題の本らしいので興味津々で読了。以下BOOKデータベースより内容。

父親が大嫌い、ツイッターで悪口を書かれた、女優と結婚したい…こうした悩みを打ち明けられた時、どんなアドバイスができるか。
朝日新聞土曜別刷りbeの人気連載「悩みのるつぼ」で、誰よりも相談者の気持ちに寄り添い、「役立つ回答」を編み出し、読者や相談者本人から絶大な信頼を得る著者が、「回答」に辿り着くまでの思考経路を一挙に公開。人生相談と本気で格闘することで、問題解決のための分析力、思考力が身につく、画期的な書。


ステージ1 誰よりも面白い答えを / ステージ2 相手と同じ温度の風呂に入る / ステージ3 難問を解いた先に見えた、マイナスの世界 / ステージ4 壮絶な悩みほど、解決の糸口はみつけやすい / ステージ5 愛がある答えとは / ステージ6 相談者に腹を立てた / ステージ7 なぜ悩みはるつぼ化するのか / ステージ8 思考ツールを使ってみよう(1) / ステージ9 思考ツールを使ってみよう(2) / ステージ10 思考ツールを使ってみよう(3) / ステージ11 思考ツール応用編 / ステージ12 悩みのるつぼ・メイキング

 最初は爆笑本かと思ったんです。タイトルからしてそんな感じがして。
 個性豊かなお悩みに対する著者の笑える名(迷)回答の数々─という内容なのかと思っていたら……実はかなり真面目でちょっと驚きでした。
 著者が朝日新聞で展開しているお悩み相談コーナー「悩みのるつぼ」に寄せられた珍・難相談の数々。その切実なお悩みに対して真摯かつユーモア溢れる回答で大人気とのことで。その回答に至るまでのプロセスを詳細に述べているのが本書。
 他人の悩みとその回答を読むのもなかなか興味そそられるけれど、逆に、もし自分がそういう「悩み」を抱えてしまった場合の処方箋にもなるなあと深く納得しながら読了しました。

 相談者から寄せられる数々の「お悩み」をものすごく真面目に捉え、相談者だけでなく、新聞読者にとっても役立つ回答を目指す著者の孤軍奮闘ぶりがとても好感持てた。文章の素人である相談者のお悩みの核を素早く発見し、理路整然とその対処方法を提示する。
 「俺が絶対悩みを解消してやるぜ」的な上から目線ではなくて、相談者に共感し、必ず「愛」ある回答を提供するように腐心する。感情的にならず、理論的にカウンセリングするその秘訣も披露されていて、これは自分にも役立つなあと。

分析 / 仕分け / 潜行 / アナロジー / メーター / ピラミッド / 四分類 / 三価値 / 思考フレームの拡大 / 共感と立場 / フォーカス

 この11のツールを駆使して相談者のお悩みを理論的に回答してゆくという展開にちょっと驚いた。お悩みの度合いを数値化して具体的に提示するとか、回答不能のお悩みにははっきりとそう伝えるとか。斬新な切り口の人生相談の数々に正直感心しましたね。そこに著者のプロとしての真剣な仕事への取り組みと相談者への「愛」を感じてしまったり。
 さらに巻末の付録「悩み全集」が圧巻。個性豊かなお悩みに負けず劣らずの名回答の数々。
 図書館で借りた本だったのだけれど、購入して手許に置いておきたいなあと。自分が同様の「お悩み」にぶち当たった時にとっても役立ちそうだとしみじみ感じたのでした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : オタクの息子に悩んでます
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。