04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-04 (Tue)
ご訪問ありがとうございます☆

贖罪の奏鳴曲贖罪の奏鳴曲
(2011/12/22)
中山 七里

商品詳細を見る

 評判だったらしい本ということで借りてみました。予約した時点ではものすごく読みたい!と思っていたのだけど、いざ順番が回ってくるとちょっと熱が冷めてしまったかな。以下BOOKデータベースより内容。

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。

 この作者サンの本は3冊目。やはりデビュー作の印象がやたら強くて比較してしまうのは良くないなーと思いながらも、やっぱりどうしてもね。比べちゃう。でも、なかなか面白かったです。
 まず最初から「犯人ありき」の話なのかな? という掴みはOKでした。読み進めるうちにそれが実は違うんだぞ、というのが判明してゆくのもひとひねりあって面白かったし。

 うーん、印象としてはいろいろ詰め込みすぎたような。
 自分的には中盤のエピソード、メインキャラである御子柴の少年院時代のストーリーが秀逸だった。猟奇的殺人を犯し斜に構えた14歳の御子柴が、少年院内の個性的な受刑者と教官との関わりによって少しずつ変化してゆく。そしてと同じ受刑者である少女の弾くソナタによって完全に改心を果たすという、ちょっとステロタイプなストーリー展開なのだけど、なぜかとっても読ませてくれて感動。

 犯人は御子柴であると当りをつけて、その彼を追う刑事。完全犯罪を目論む御子柴のピカレスク小説かと思いきや、実はそうではなくクライマックスに法廷劇も用意するというサービスも嬉しい。
 2転3転するラスト。犯人もまあ予想外といえばそうなのだけど、ラストにきて、あ、もしかして…とわかってしまったところにちょっとワンパターン化してきているなあという印象も。

 バラエティに富んだエピソードに犯人、法廷劇に人間ドラマと盛りだくさんの展開でちょっと散漫な気がしないでもないけれど、それはそれで楽しめた1冊でした。しかし、この方の作品を読むたびに思うのは、やっぱりデビュー作を超えるのは難しいのね、ということ。まあ、それだけあの作品が素晴らしかったということなのだけどね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 中山七里
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
どんでん返しな展開で
小説「贖罪の奏鳴曲」を読みました。 著者は 中山 七里 これは、面白い ミステリとしても、最後まで二転三転と予想のつかない展開! 主人公の弁護士の秘密、ただの善人ではない・・・ キャラの魅力もあり 社会派なテーマ、裁判モノとしての良さもありつつ 読みやすく... …
2014/07/15 20:47  笑う社会人の生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。